フリーランスで活動開始したい栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチが急速に成長できるコツ

今回の内容は、こちらの動画でも解説しています。

資格をすでに取得して、フリーランスの栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチを目指している、もしくは活動を始めたけど、なかなか自信が得られないあなたへ。

今回は、フリーランスを目指したい栄養士、管理栄養士、ヘルスコーチの方が、これから実績を早く積んで早く成長できるためのコツをお伝えします。

まずは有料でお仕事をもらうこと

資格をすでに取得した栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチのあなたが、フリーランスとして活躍したい時には、まず「無料」ではなく「安い金額でもいいので有料」のお仕事を貰うというところからスタートしましょう。

そして、その数をとにかくどんどんこなしていくことが大事です。

私も最初は、ゼロスタートで始まって、自信がありませんでした。

最初はものすごく自信がない状態から始まりましたが、急速に自分のセルフイメージをあげることができるようになり始めた時が、有料のお客様を得られたことでした。

補足:実績をつけるための無料期間や初回無料カウンセリングはOK

誤解のないように先に補足としてお伝えしますが、栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチとしてフリーランス始めたての頃ににトレーニングのため、実績をつけるために無料提供や無料モニターをつける期間はあってOKです。

その場合は、ある程度の期間を設定し、その間に出来るだけたくさんの方に単発でも継続セッションでも無料でサービスを提供してお客様をしっかりサポートすること。

この期間に実績もつけていくことができます。

また、継続のセッションに繋げる前に、お客様のお悩みやゴールを把握するための無料カウンセリングも行ってOKです。無料カウンセリングは、あなたのキャパやお客様の需要にも応じて、有料に変えていくタイミングも考えると良いです。

有料でお仕事をもらう前の私

有料のお客様を得られたことが私の一番大きな成長の第一歩でしたが、それまではどうしてたかというと・・・?

実は、無料で色々アドバイスをしていたんです。

実績をつけるためには良いですが、それを長くやりすぎていると、なかなか成長できない傾向にもなります。

無料期間が長すぎると、自分のセルフイメージも下がってしまい、自信がもてなくなります。

なぜなら『自分は無料の価値しかない』と無意識に自分の中で考えてしまうからです。


フリーランスとして活動するのであれば、安い価格でもよいので有料のお客様を先につけることです。

お金を頂くということ

お金を頂けるということは、プロとしてデビューしたという証拠です。

あなたは、お金を出して勉強していましたよね。

それを、無料で提供し続けるのは、あなた自信の価値も下げてしまいます。

「無料」を自分のスタンダードにしないこと

最初は、トレーニングとして無料提供というのも悪くはないですが、それをあまりにも長い間つづけていると、それが自分のスタンダードになってしまいます。

無料期間をできるだけ短くして、いち早く有料のお客様をつけて、早い段階で実践に移していく。
それこそが自分のセルフイメージを上げて、さらにはプロ意識も上げるので、そこから速く成長できます。

資格を持っているあなたは「プロ意識」を持って良い

すでに資格を持っている方は、その時点でプロです。

もちろん、ある程度の経験を積む必要もありますが、資格を持っている時点でプロなので、お金を頂けることは”プロとしてのデビュー”です。

私も無料でしていた時は、『セルフイメージが低い状態』で『無料はまだ勉強中』という意識があるので、成長が少し滞ってしまっていました。

皆さんもそうならないようにしっかりと「プロ意識」を持ちましょう。

「無料」は、お客様のためにならない!?

無料の期間も勉強にはなるのですが、お客様も無料という意識で受けられるので、その状態だと【価値がなかなか伝わらない】というジレンマが起こります。

つまり、お客様の成果も、無料と有料では全然違います。

この境界がものすごく大きいことを知っておいてください。

有料で提供するということは、お客様のためにもなるんです。

しっかりお金をいただいた方が、あなたもお客様も成長はずーっと早いですよ。

栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチ、その他健康や幸せを広げるお仕事をしたい方のために6つのステップが分かる無料のメール講座も配信しています。6ステップ最後まで読んでくださった方にはプレゼントもあります^^ご登録はこちらから。

↓↓↓

http://eepurl.com/dkrJxv