栄養指導、コーチングをしてもクライアント様が変わらない、そんな時は?

こんにちは! ハー美咲です!

今日のお話は、こちらの動画でも解説しています。

私のクライアント様で、管理栄養士、ヘルスコーチの方で、その方のクライアント様がなかなか変わらない、というお悩みを聞くことがあります。

色々と的確な栄養指導やアドバイスをしているつもりなんだけども、どうも、クライアント様がなかなかアドバイス通りに動けない、行動できないので、なかなか変化が見られなくて困っています、というお悩みです。

こういうお悩みは結構あるので、先日、起業したい栄養士・管理栄養士、ヘルスコーチの方のためのメルマガの中で、読者の皆様にこれについて考えてみてくださいという課題を出しました。

答えてくださった方もいらっしゃて、素晴らしい回答もあり、ケースバイケースなので、正解、不正解はありません。

これをお読みの皆さんも、自分だったらどうするかな?というのをまずは自分の力で考えてみてくださいね。

クライアント様が変われない主な3つの理由

まずは、クライアント様が変われないのは主な3つの理由があります。

もちろん、このパターンに当てはまらない場合もありますし、そのほかにもたくさんの理由があるのですが、今日は特に多い理由3つを取り上げます。

その3つの理由とは、

1.クライアント様に対して共感が十分にできていない

2.クライアント様にとって、ハードルが高すぎる指導やコーチングをしている

3.内面では変わっているのに数字的な変化がないから変わっていないと思い込んでしまっている

一つずつ解説します。

1.クライアント様に対して共感が十分にできていない

私達管理栄養士、ヘルスコーチは、栄養の知識が一般の方に比べてあるので、知識がある分、残念なことに、知識がない方の立場になって考えるということをちょっとだけ忘れてしまうことがあります。

共感を示す前に、こうした方がいいですよ、ああした方がいい、というアドバイスを先にをしてしまうと、なぜそのクライアント様がそれをできないのか、この、なかなかできない根本になる原因ってなんだろう?というところまで深掘りができないんですよね。

なので、クライアント様の立場に立った場合、なかなかできない理由の根本は何か、というところにフォーカスする必要がある。

クライアント様にとっては、アドバイスされることは、「そんなこと分かってるよ、でもそれができないんじゃん。」と思うところ。なぜできないのか、その原因を探ることが必要。原因を探るためには、クライアント様に共感して、クライアント様の立場になることで、深く一緒にその原因を見つけることができる。

いきなりアドバイスだと、この深掘りをすっ飛ばしてしまうことになります。

 

<共感して、その方の立場になって、つまづいている原因を深掘りする。>

2.クライアント様にとって、ハードルが高すぎる指導をしている

共感をして、その方の立場になって、つまづいている原因を深掘りすることでも、だいぶハードルを下げることができるんですけども。

深掘りをしてから、じゃあ、その今のクライアント様でもできるような簡単なステップを、Willpower(意思の力)なしでできる(モチベーションをあげないとできないようなこと)なしでもできるくらいまで、行動を小さくステップで分けてあげること。

ダイエット指導。多くの人が、自炊したら栄養バランスを整えやすいというのは、常識だと思っているんです。

自分でバランスを考えられるから、健康にいい、ダイエットにもいい食事を作ることができる、常識では考えますよね。

でもこれって、自炊を日頃からしている人には簡単で効率的。献立を作成してあげてもいいと思いますし、栄養バランスのとれた食事メニューの提案をするだけでもOK

ただ、例えば、単身赴任の男性とか、家で料理をしたことのない人とか、そんな人に、いきなり、今日から明日から、自炊しましょうといっても、ハードルが高すぎる。

毎日外食の人であれば、外食で選べるメニューの中から、しかも自分が好きなものを中心に食べられるもので、今までよりも少しだけ栄養価が高いものをまずは試してみましょう、その理由、そして、それを継続していくことの理由、というところから入ると、イメージがかなりわきやすいですよね。

そこからそれができるよになったら、第二ステップとして、じゃあ今度はコンビニで買えるような食品の中でもバランスのとれたお弁当のチョイスを提案してみるとか。それに慣れてきたら、第3ステップはこう、

最初から完璧に、一汁三菜とかは、ハードル高いので、こうしてできるだけ細分化して、クライアント様の立場をまずよく聞いて、いろんな言い訳があっても、できるようなプランでいい。そっちの方がイメージわきやすいので、これだったら自分でもできるなと行動できるんですよね。

なので、「これくらいは分かるだろう」みたいな管理栄養士、ヘルスコーチのあなたの中での常識というのが、先に来てしまって、ついつい、一人一人のレベルに合わせての指導やコーチングではなく、あなたの基準になってしまっていたりとか、あとは、AさんやBさんにはできたから、と過去にできたクライアント様と同じ指導になってしまったり、あとは、科学的根拠(信頼性はとてもあるんですけども、信頼性があると思わらているからこそ)ほとんどの人に当てはまる、という考えになってしまい、たまたま当てはまらない人が出てきた時になんでだろうと思ってしまう。

さっきのお話とも繋がるのですが、これまで知識がないものとか、はじめて取り組む事柄に関しては特に、自分が悩みを解決できるとか、ゴールに近づくイメージが湧かないんですよね。

クライアント様が本当にいきたいゴールをまずは明確にするのは基本中の基本。

それによって、一つ一つ、じゃあそのクライアント様はどういうステップを踏んでいったらいいのか、という具体的な方法をクライアント様が簡単にできるというイメージが湧く方法で示してあげる必要があるんですね。

・クライアント様の悩みの解決やゴールを細かく聞いて、今の状況を共感すること。

そして、その悩みの解決やゴールに向かう時のイメージをできるだけ、今のままのクライアント様でも簡単にできるように、ステップ化して行動をできるだけ簡単に細分化してクリアにイメージができるようにする。

2.クライアント様は内面では変化があるのに、数字的な変化が見られないので、変わっていないと思っている

数字は後から絶対ついてくるもの。なので、数字の変化だけではなくて、クライアント様の内面の変化(前は、なかなか食生活を意識することすらしていなかったのに、今では、食べるタイミングを考えるようになった、食品ラベルを見るようになったとか)、前は全然できていなかったことが少しでもできるようになったという変化は、必ず将来の大きな変化に繋がっていきます。その変化こそが大きな変化なんです。

そこをしっかりと伝えてあげる。

その今の大きな変化と将来起こり得る変化をクライアント様にクリアに伝えること。

成長曲線の話。管理栄養士やヘルスコーチはその成長曲線を知っておかないといけない。そしてそれをクライアント様にも伝えておくといい。

これ以外にも、ケースバイケースで見ていけば、他にもたくさんの理由が出てくるんですけど、とても多い理由が今あげたこの5つです。

一つずつ、詳しく解説していきつつ、それぞれの解決策もお伝えしていきますね。

クライアント様は絶対変われると信じること。

★Youtube動画、チャンネル登録★

↓↓↓

こちらをクリック

★自分も楽しく幸せに、周りからも感謝されながら活躍したい栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチのための完全無料1日1分メール講座★

↓↓↓

こちらをクリック

-------------------------------------- 
質問、お困りごと、感想など、
LINEで友だち追加してお送りください^^

お友達登録特典もあります!
友だち追加

検索の場合は、 
LINE ID:@misakiharada
(@をお忘れなく!) 
-------------------------------------- 
 
 
英語でホリスティック栄養学を学び、ホリスティックヘルスコーチの資格を取得しませんか?

私が卒業した、世界最大のオンライン栄養学校、The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️) への入学に興味がある方へ。ホリスティック栄養学を世界中いつでもどこでも学べます。学校の情報はこちらから。私からの紹介で卒業生大幅割引になります。下記ウェブサイトよりアクセスいただくか、私に直接ご連絡ください^^私のご紹介で入学いただいた方は、入学後も必要があればご相談も受け付けますので、その場合は私に直接ご連絡ください^^

入学お申込みはこちら。

 
こちらからカリキュラムをダウンロードできます。