プロフィール

ハー美咲(管理栄養士・ホリスティックヘルスコーチ)

資格、経歴、実績、クライアント様の成果

・管理栄養士、フードスペシャリスト、米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチ

・NYのレストラン業界でマネジメント、会計コンプライアンス合計12年勤務。

・摂食障害、未婚のシングルマザーを経験。

・フルタイム勤務、育児の傍ら、世界最大の栄養学校でホリスティック栄養学を学ぶ。

・ホリスティック栄養学、ビジネスを学んだことで健康・幸せ・生産性アップ、給与も3倍アップ。

・2017年、ホリスティックヘルスコーチングを開始。クライアント様の健康・幸せ・生産性面全てのパフォーマンスがアップ。

・2017年、管理栄養士向けのホリスティック栄養学、ビジネスコース開講

・特定非営利活動法人TABLE FOR TWO USAのプロジェクト、Wa-shokuikuプロジェクトでNYの子供達に英語で食育プログラムを提供

・ガン患者様専用レシピサイト「カマエイド」でのレシピ提供。提供レシピが週間ランキングで1位に。

・世界最大の栄養学校のビジネスコースでクラスメイト313人中、10位以内のビジネス実績を収め、奨学金として授業料全額返金される

・2017年起業。2018年にはコーチングで四半期のみ400万売上達成。

・2018年、未婚シングルマザー歴11年の後、結婚。

・International Parenting & Health Institute (IPHI)での産前産後栄養コーチ、日本人初のインストラクター講座準備中

 

<ホリスティックヘルスコーチング・栄養指導のクライアント様実績>

・外食のみ、自炊せずに6ヶ月で健康的に5kg減

・子供の好き嫌い減、家族の食生活改善

・神戸ダイエットジムリベルテクスでの栄養指導 https://libertex.training/

・アメリカ生活で乱れた食生活を簡単3つのバランスで改善

・会社員から草木染めアーティストとして起業

・夫婦関係、親子関係が改善

・食べたいものを食べられるようになった

・栄養を細かく考えなくてもバランス良い食事ができるようになった

・挑戦したいことをすぐに行動できるように

不調の時も原因が突き止められれ、自分のことがよくわかるようになった

 

<管理栄養士・ヘルスコーチのビジネスコンサルのクライアント様実績>

・クライアント0→1ヶ月で15万単発ご契約

・開始2ヶ月→15万ご契約

・オンラインダイエット企業からレシピ作成10万ご契約

・栄養指導15万ご契約

・栄養指導10万ご契約

・新カフェのメニュー依頼

・雑誌記事執筆依頼ご契約多数

・レシピ提供依頼ご契約多数

・その他継続コース多数ご契約

・マインドが変わり、セールスに自信がついた

・仕事を楽しめるようになった

 

ホリスティックヘルスコーチングサービスについて

毎日の生活や自分自身に不満のある方へ。

食べ物の栄養学、心の栄養を

それぞれ3つの簡単メソッドを習慣化することで、

体も心も喜び、健康・幸せ・生産性全てのパフォーマンスを

上げられるようになります。

管理栄養士・ヘルスコーチ、料理教室講師のビジネスコンサルについて

クライアント様の健康や幸せを願う管理栄養士、ヘルスコーチ、料理教室講師が

・パッションを生かしながら

・クライアント様の先の幸せまで考え

・サービスの質、売上アップし、

・自身もクライアント様も幸せになれる波及効果を提供します

 

今の活動に繋がったきっかけ

今の活動を始めるに当たり、

「食事面」「精神面」

それぞれ2つずつ、きっかけがあります。

 

「食事面」のきっかけ

①妹の死と母の手料理

私の妹は、生まれてから4日で亡くなっています。

脾臓がなく、心臓にも穴が空いていたためだそう。

 

母は、妹を妊娠中、手軽に食べられる加工食品ばかりを食べていたそう。

母はそれが影響したのではと話していました。

 

妹の死後、父の反対で解剖はしなかったそうで、死因は分かりません。

 

もしかしたら食べ物は関係ないかもしれません。

 

ただ、小さい頃に聞いたその母の言葉と、

私と兄のために母が健康をとても気遣い、

毎日良いものを食べさせてくれたこと。

 

高校の時も母の愛情と栄養たっぷりの手作り弁当を

3年間1日も欠かさず食べたこと。

そのおかげで私は今も毎日元気に健康で過ごせています。

これが今の活動に繋がっている1つ目のきっかけです。

 

②14歳の時の摂食障害

心身ともにセンシティブだった14歳の頃、私は摂食障害を経験しました。

十分細いのに、まだまだ太っていると思い込み、

炒め物も洗って食べたり、

ご飯も20gほどしか食べなかったり。

 

さらに痩せているのにも関わらず、

朝3kmのランニングを毎日したり。

 

もともと150cm、42kgで痩せ型だった私は、

中学3年の夏休みで

一気に6kg減。

 

徐脈となり、

脈拍が1分間30回台だったことも。

 

生理も止まり、

高校3年間はホルモン注射を受けました。

 

幸いにも、

両親の愛に支えられ、

このままでは健康に良くないと気づき、

そこからしっかりと栄養を摂ることの

大切さに気づきました。

 

中学、高校の時に

独学で栄養学を勉強し、

さらに管理栄養士専攻の大学へ進むために、

必死に勉強しました。

このことも、食事面で今の活動に繋がったきっかけです。

「精神面」でのきっかけ

①摂食障害の時の精神状態

上記した通り、14歳で摂食障害を経験した時、

そのきっかけとなるものは

精神面の不安定から来るものでした。

 

思春期に入って少しふっくらしてきたことで

母に言われた

「ぽっちゃりしたね」

という今思えば特に気にすることのない一言。

 

思春期で気持ちが不安定だった私には

当時は大きなことでした。

 

それだけでなく、

人間関係からくるプレッシャーも

当時の私には大きかったです。

摂食障害は、精神面での不安定さから来るものでした。

②未婚のシングルマザー

大学卒業後、NYに就職して3年目に、

私は未婚のシングルマザーで娘を出産しました。

 

自分で選んだ道ではありましたが、

やはり家族がそばにいない異国の地で

フルタイムで仕事をしながらの子育ては、

大きな不安がありました。

 

仕事でも低収入、ビザの縛りがあり、

転職にも限りがある。

 

そんな中で、私はこのままではいけない、

何かに頼らずに、自分自身で収入を得られる力と

ワクワクする人生を歩みたいと思ったのでした。

 

幸いにも、その時に、

娘がいることは、

本当に私の大きな大きな幸せでした。

 

それが私の

「チャレンジしよう」

という躍動に繋がったのです。

 

こうして、食事面、精神面、

それぞれのきっかけがあり、

なんとかしようと模索していたところに、

ホリスティック栄養学に出会いました。

 

 

健康や幸せは食事だけではなく、

環境や人間関係、ストレスや創造力、

運動、マインドなど、

全てのことが繋がっているという

ホリスティック栄養学。

 

「私が求めていたのはこれだ!」

と思い、すぐに勉強を開始。

 

フルタイムで育児をする傍、

朝は4時に起きて、

夜も娘が寝てから勉強。

 

ホリスティック栄養学の中では、

100種類ものユニークな食事理論、

人間関係、環境、ストレス、マインド、

さらにビジネスまで。

 

人生で必要なことを

全て学ぶことができました。

 

その勉強を通じて、

視野が広がり、可能性も広がり、

人種の様々なNYやホリスティック栄養学校で出会った人にも影響を受け、

私自身の生き方も自信を持って

選べるようになりました。

 

そしてその結果、

毎日ワクワク、精神的に安定し、

周りの人との関係も良くなりました。

 

これを他の人にもぜひ広めたい、

そう思ったのが、

この活動を始めるきっかけとなりました。

 

今とこれからの活動のミッションと思い

私はたくさんの経験、人を通じて、自分のパッションや幸せを見つけました。

決して私1人の力ではありません。

 

一人一人が自分の生きたい生き方を大事にし、

毎日ワクワク、愛情に満ちて

元気で常に挑戦できる毎日を送れる、

そんな幸せな波及効果を作りたいと思っています。