食育で円周率はなぜ3.14なのかも分かる!食育は家庭から。NY在住管理栄養士・ヘルスコーチが教えるユニークな食育。

こんにちは! ハー美咲です!

小さい頃からの食育は、子供たちにとってとても大切です。

日本では、平成17年に食育基本法、翌年には食育基本推進計画が制定されて学校でも積極的に食育が進んでいるようですが、実際は学校では主に算数や理科、社会や国語などといった教科の方に多くの時間が費やされています。

子供達のために、栄養のことを学べる特別な学校があるわけではありませんが、子供たちは親や家族、学校などで無意識のうちに”食育”を受け、習慣化され、それは子供達の人生における健康を左右するほどのものになっています。

別に子供達を机に座らせ、栄養科学について話す必要はありません。

むしろ、そんなことはしないでください。

子供たちにとってはつまらなくて、逆効果です。

しかし、料理を一緒にしたり、食事の材料の買い出しに行ったり、ゲーム感覚でできる食育を子供と楽しく一緒にしてあげることはできます。

今回は、私が実際にやったことのあるアクティビティや、ゲーム感覚でできる食育についていくつかまとめてみました。

1.色んな種類の野菜を食べる。

オリジナルのカレンダーを作って、子供達が野菜を食べるごとにシールを貼るか、スマイリーフェイスを描きます。私が以前作ったカレンダーはこちらからダウンロードできますので、お使いください。子供達はシールをご褒美にもらうのが大好きなので、きっと野菜も喜んで食べるでしょう。

2.ファーマーズマーケットに月に一度一緒に行き、季節の野菜や果物を探す。

写真を撮って、その材料を使ったオリジナルの簡単レシピなどを入れたカレンダーを作ってみるのもいいですよ。

3.一緒に料理をする。

小さな子供でも、ママの料理のお手伝いはできます。包丁は使えないかもしれませんが、玉ねぎの皮をむいたり、ゆで卵の殻をむいたり、材料の重さを計ったり、野菜を洗ったりなどはすることができます。

私の娘は、2歳の時から料理を作るのを手伝ってくれています。

小さい子供たちはキッチンを汚します。

でも叱ったらダメですよ。

彼らは楽しんでいるんです。そして楽しんでいる時が子供達は一番、多くのことを学びます。

キッチンを綺麗にすることなんて、やっていくうちにそのうちできるようになりますよ。

4.“MyPlate Game”を活用する

このゲームは、Amazonで見つけたのですが、とても教育的なゲームで、子供達に食べ物の種類を覚えたり、USDAの認可したMyPlateという基本の食事プランに基づき、食べ物の栄養学的グループ分けができ、健康的な食事プランをゲームを通して学べます。

ルーレットを回して、止まったところの食べ物のグループを、食べ物のカードから選び、プレートに載せて行き、一番始めにプレートが完成した人が勝ち、というシンプルなゲームです。

MyPlateはすべての人に当てはまるわけではありませんが、小さい子供達が基本の食事プランを学ぶのには効果的なゲームだと思います。

私の娘もこのゲームは気に入っています。

*ただし、乳製品に関しては、あまり摂りすぎないように注意です。

乳製品に関しては、こちらの動画も参考に。

5. 野菜パイを使って円周率(π)の求め方を学ぶ。

サイズがすべて同じの野菜のパイを3つ、子供と一緒に作り、円周率(π)について、パイを使って説明します。

もし、子供に食育とともに算数も一緒に教えたい方は、これはなかなか面白い方法です。

まだ子供は円周率は知らないかもしれません。

あなたは円周率が大体3.14であることはご存知ですよね。

円周率の公式を、(円周率=円周の長さ/直径)とまでは覚えているかもしれません。円周率とは、直径を何倍したら円周になるかを表す数字です。

でも、もしかしたらその公式がどこから出てきたか、なぜ3.14なのかは忘れてしまっているかもしれませんね。というか、私は学校でそれを習った記憶はありません。

すでに分数を習っている子供であれば、円周率の公式はすぐに理解することができます。

なので、円周率を学校で教わるまで待つ必要はないんです。

さて、野菜のパイを3つ(すべて同じ大きさにしてください)作った後は、そのパイを隙間なく3つ、横に綺麗に並べます。

そして、一枚の紙を使って、パイと同じサイズの円を一つ、作ります。

その円に、直径を描く直線を16本ひき、全部で32個の同じサイズのパーツができるようにします。

参考のため、下に写真付きで分かりやすく説明しますね。

1. 一枚の紙を使って、パイと同じサイズの円を一つ作り、その円に、直径を描く直線を16本ひき、全部で32個の同じサイズのパーツができるようにします。

2.円を切ります。

3.円を半分に切ります。

4.切ったら半径の線を内側から外側に向かって切り込みを入れて行きます。パーツが離れてしまわないように注意しながら、ギリギリまで切ります。

5.パーツを切っているところ。パーツが離れてしまわないように注意しながら、一つ一つのパーツをギリギリまで切ります。焦らずゆっくり。

6.すべての半径の線を切り終わったら、この円周のラインをパイの端から端まで直径のラインに沿って並べて行きます。今回はわかりやすいように紙を使いましたが、実際の野菜パイの上でする時は、爪楊枝などで抑えながら並べていくと良いです。 並べ終わったら、円周の長さがパイ3つ分の直径の長さよりも少しだけ長い(そう、それが3.14)ということに気づきますよね。


野菜パイは半分に切り、子供には
切った部分が直径(円の中心を通る円の端から端までの線)に当たるということを教えます。

そしてパイのクラストの部分(周りの部分)が円周の長さですね。一つのパイの円周の長さは、パイの直径の長さ3.14個分に相当するということがこれで説明できます。

どうでしたでしょうか?

ぜひ子供と一緒にやってみてくださいね。

いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。

感想や感じたことなどありましたら、
お気軽に、

misaki@misakiharada.com

までメールください。

こんなテーマをもっと知りたいなどの
ご要望も嬉しいです!

一通一通、しっかりと読ませていただきます^^

★Youtube動画、チャンネル登録★

↓↓↓

こちらをクリック

★自分も楽しく幸せに、周りからも感謝されながら活躍したい栄養士・管理栄養士・ヘルスコーチのための完全無料1日1分メール講座★

↓↓↓

こちらをクリック

-------------------------------------- 
質問、お困りごと、感想など、
LINEで友だち追加してお送りください^^

お友達登録特典もあります!
友だち追加

検索の場合は、 
LINE ID:@misakiharada
(@をお忘れなく!) 
-------------------------------------- 
 
 
英語でホリスティック栄養学を学び、ホリスティックヘルスコーチの資格を取得しませんか?

私が卒業した、世界最大のオンライン栄養学校、The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️) への入学に興味がある方へ。ホリスティック栄養学を世界中いつでもどこでも学べます。学校の情報はこちらから。私からの紹介で卒業生大幅割引になります。下記ウェブサイトよりアクセスいただくか、私に直接ご連絡ください^^私のご紹介で入学いただいた方は、入学後も必要があればご相談も受け付けますので、その場合は私に直接ご連絡ください^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です