CATEGORY The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

牛乳って体に悪いの?健康も幸せも手に入る、ホリスティック栄養学の食事ガイドライン

乳製品に関して、色んな議論があるけど、日本の食事摂取基準や食事バランスガイド、アメリカ農務省(USDA)の食事ガイドラインには乳製品が入っていますね。  でも、The Harvard School of Public Healthや私が卒業した世界最大の栄養学校のホリスティック栄養学食事ガイドラインには色んな理由から、乳製品は含まれていないのです。  今日はその理由も交えながら、ホリスティック栄養学の食事ガイドラインについて短い動画でまとめてみました。 その動画はこちらです。 乳製品がなぜホリスティック栄養学のガイドラインからは外されているか。それは、次のような理由からです。 1. 乳糖不耐症(牛乳に含まれる糖分である乳糖(ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)の欠乏により、乳糖を消化できない人)が世界にたくさん存在する。 2.  牛乳に含まれるタンパク質、カゼインは人間の体の中ではスムーズに消化できず、体内に溜まって癌の原因にもなるとの研究もあり 3.  The Harvard School of Public Health の研究によると、アメリカ政府が推奨する一日3カップの牛乳を摂取している人は、卵巣癌と前立腺癌のリスクが高まる可能性がありとしている。さらに乳製品は、月経痛、喘息、ブレイン・フォグ(思考が明瞭でなくなり、頭にもやがかかったような状態)、粘液および皮膚状態、気分の変動などの症状を伴う広範囲のアレルギーの重大な原因として挙げられている。 4.  牛乳を生産するために飼育されている乳牛は、人生の大半を妊娠している状態にさせられており、妊娠中の乳牛は、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの量が非常に高く、それらは牛乳にも含まれてしまう。通常、これらのホルモンは女性にとって安定した生理に欠かせないホルモンなのだが、多すぎるとホルモンバランスを崩し、乳がんのリスクも高めてしまう。 これらの理由から、牛乳、乳製品に関しては、ホリスティック栄養学の食事ガイドライン、およびThe Harvard School of Public Healthの食事ガイドラインからも外されています。 ただ、飲み過ぎず、たまに飲むのであれば問題ないと考えています。 因みに私は、積極的には牛乳や乳製品は摂りませんが、たまに美味しくいただいていますよ。食べてはいけないものもありません。 本日ご紹介した内容は、私が卒業した世界最大のホリスティック栄養学校の創設者が書かれた本からも参考にしました。 参考図書:Integrative Nutrition Feed Your Hunger for Health & Happiness Joshua Rosenthal 著https://amzn.to/2SKQ4dj  参考Website:The Harvard School of Public Health http://bit.ly/2IS9Rb3  牛乳に関して、以前、ブログでも詳細書いていますのでご参照ください。http://misakiharada.com/2017/05/29/post-717/

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

子供の食育、英語教育に役立つ情報も動画で公開!世界最大の栄養学校の食事ガイドライン

以前、ブログで、 「食育で円周率の求め方まで学べる!食育は家庭から」 という記事を書き、結構反響をいただきました。 その時の記事はこちら。http://bit.ly/2I9w2Jc 今日は、先ほど公開しました動画でも、子供の食育、英語教育にも役立つ情報をお伝えしています。 世界最大の栄養学校で学んだ食事ガイドラインについても6分で簡単に説明しています。 私は日本でも大学で栄養学を学び、管理栄養士の資格を持っていますが、日本の栄養学では、健康を保つための食事として、厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準というもの、それから農林水産省が出している食事バランスガイドというのがあります。 厚生労働省の日本人の食事摂取基準に関しては、厚生労働省のウェブサイトから見られますが、(http://bit.ly/2E4x3wV)正直、とても分かりにくいです。。。 もちろんたくさんの研究結果やデータより作られたものですが、非常に細かくて伝わりにくい部分があります。 農林水産省の食事バランスガイド(http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/)は若干シンプルになっていますので、分かりやすいかとは思いますが、パッと見てすぐに頭に入る、という感じではないので、栄養学を学んだことのない方にとってはまだ少し難しいと思われるかもしれません。 一方で、アメリカの農務省、USDAが出していて、オバマ大統領夫人、ミシェルオバマが発表したMy Plate(https://www.choosemyplate.gov/)は食品群がたった5つで1つのプレートでシンプルに一食分の推奨バランスが示されているため、パッと見ても分かりやすいです。 ただし、牛乳、乳製品に関しては、現在色々な研究で様々な論議もあるため、注意が必要です。牛乳に関しては、こちらの記事で詳しく説明していますので、ご参照ください。http://misakiharada.com/2017/05/29/post-717/ そして、私が世界最大の栄養学校(http://misakiharada.com/page-1195/)で学んだ食事ガイドラインは、My Plateとよく似ていますが、食事の部分だけでなく、食事以外の健康や幸せに関する背景も含まれております。 また、乳製品に関しては、上記、乳製品の論議も考慮され、除かれており、代わりに乳製品の部分が水と脂質に変わっています。詳しくは動画をご覧くださいね。 ちなみに動画の中でご紹介した、アメリカ農務省の食事バランスガイド、My Plateを使った子供用のゲームはこちらから。https://amzn.to/2TMVsO8  私の娘は今11歳ですが、3歳くらいの頃からこのゲームで遊んでいました。食事バランスを選ぶ力がつきますし、家族みんなで楽しめるゲームです。 今後、こういうのを動画で聞きたい!というリクエストもあればお問い合わせフォームまたはLINEでメッセージくださいね^^

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

大きな努力なくても簡単に目標達成できる、Low-hanging fruitで自分の枠も超えられる!

  あなたには今、”ハードルが高くて手が届かなそうだな” と思っていることはありますか? 今日は、ニューヨークのミッドタウンにある、ブライアントパークで動画を撮りました。 今日の動画は、世界最大のホリスティック栄養学校でも学んだ、 自分が今持っている枠を超えることができるような、 楽しく生き生きできる考え方の部分、心の栄養について、 大きな努力をしなくても 簡単に達成できる目標、簡単に解決できる問題(Low- hangng fruits)、 についてお話しています。 6分で終わるので、(2倍速なら3分) 下記クリックしてぜひご覧くださいね。 字幕つきで見れるので、音声なしでも内容掴めます。     文字で読みたい、という方は下記より。 今日は、ニューヨーク、マンハッタンのミッドタウンにあるブライアント・パークに来ています。 実はここは、夏は芝生のある公園なのですが、冬はこんな風に芝生がアイススケートリンクに変わります。 スケート靴持ってる人は無料でこのスケートリンクを使えます。 実は私は会社員時代(2年くらい前まで)このすぐ近くのオフィスで働いていました。 いつも出勤するときにこの公園を通ってたのですが、冬に、出勤前にスーツを着たニューヨーカーがこのスケートリンクでスケートをしているのを見て、わー、かっこいいな、私も出勤前にスケートして会社に行ったら、どんなに朝気持ちよく一日をスタートできるだろうなって思ってたんです。 でも、私は小さい頃に家族と一緒にスケートを数えるくらいしかしたことがなくて、大人になってから、一応NYに来てすぐの頃、友達と一緒にこのリンクで一回だけ滑ったことあったのですが、もう滑り方も忘れていて、私の中では当時、恐怖しかなく、全く滑れなくなっていたんです。 自己流でやるのは無理だと思っていたので、滑れるようになるには、習うしかないと思ったんです。 私の家から近いところにスケートリンクがあって、そこでスケートのクラスもあったので、娘もちょうどその頃、スケート習いたいと言っていたので、一番身近にいる娘がやりたいと言ってるなら、ついでに私も習っちゃおうと思いました。 そこで、3年くらい前に、スケートのクラスを取りました。 そしたらなんと、普通に滑ることは、めちゃくちゃ簡単だったんです!でも、スケートのコーチから習ってなかったら絶対できなかったと思います。 コツもあるし、やっぱりコーチに手取り足取り教えてもらえたので、本当に滑れるようになったのは、クラスをとった一日目からできるようになりました。 〔大きな努力をしなくても〕簡単に達成できる目標、簡単に解決できる問題(Low- hangng fruits)ということをお伝えしましたが、自分ができないことって、何もしなければできないのは当たり前なんですが、ハードルが高いと思う必要もないと思います。 Low hanging fruitsって、 [低い位置にぶら下がっている果実)ということなのですが、低い位置にぶら下がっている果実って、もぎ取りやすいですよね。 スケートできるようになりたいな、と思っていることって、私の中ではその頃、大人になってから友達と一回滑って全く滑れなかっていう経験があったからこそ、ハードルが高いと思ってたんです。 でも、低いところに、「できないなら教えてあげますよ」という、スケートのレッスンがあったんです。すごい身近に。そのクラスに申し込むこと自体は、全くハードルの高いことではないではないですよね。それこそ、低い位置、しかも、ビギナークラス、というのがあったので、ものすごくもぎ取りやすい、手が届きやすいところにあったんです。まさにLow hanging fruitsだったわけです。 しかも、コツを教えてもらって、私が目標にしていた、滑れるようになる、というのは努力しなくても、簡単にできたんです。 そのあと、実はちょっとハマってしまって、ビギナーからアドバンスまで行ってレベルも上がり、しかも娘がすごく上手になってしまったので、負けちゃいられんと思って、本当は大人のクラスはアドバンスで終了だったのですが、それも終わっちゃったので、コーチに頼んで、娘と同じクラスも取りました。自分が思った以上にできるようになって、しかもその枠も超えたいなと思うくらいになったんです。 私はしかも、そのスケートのクラスでたくさんの面白いニューヨーカーとの出会いもあって、そこからいろんなつながりがあったり、というのもあって、私が最初に思っていたのはただ滑りたい、ということでビギナークラスで学ぶ、という低い果実(Law hanging fruits)をとっただけのことだったんですが、そこからもっと良い収穫ができてすごいよかったなと思っています。 皆さんも、ちょっとでも興味のあることとか、気になることとかあったら、できない理由を先に考えるよりも、チャンスってすごい低いところにあったりするので、そこをとりあえずもぎ取ってみる、というところから始めてみるといいと思います。 今日は、私がホリスティック栄養学校でも学んだ、自分がいま持っている枠を超えることができるような、楽しく生き生きできる考え方の部分、心の栄養〔大きな努力をしなくても〕簡単に達成できる目標[目的・仕事]、容易に解決できる問題(Low- hangng fruits)についてお話しました。 もし今日の動画で気づきなどあればぜひ、Youtubeでいいね!ボタンを押していただけると嬉しいです。 まだ私のメルマガ、LINE@に登録されていない方は下から登録してください。 いつもありがとうございます^^

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

私の人生が大きく変わった世界最大のホリスティック栄養学校の無料説明会

  今年は何か新しいことにチャレンジを! と思っている方も多いと思います。 あなたの新年の抱負、ぜひ私にも教えてくださいね。LINE@でメッセージいただけましたら100%お返事させていただきます。   さて、今日はお知らせです。 私の人生が大きく変わった、 世界最大の栄養学校の、オンライン無料説明会を 日本時間1月9日水曜日22時より行います。 お申し込みはこちらから。 http://misakiharada.com/page-1195/ *ちなみにすでにこの学校に入学された方、 卒業された方は説明会には参加できませんので ご了承ください。 学校の講義は全て英語ですが、 オンラインでいつでもどこでも 受講でき、さらに受講生は 世界中から集まっているので、 ネイティブほどの英語力は 必要ありません。 チャレンジしたい! ついでに英語も頑張りたい! という人にはとても良いチャンス。 今日の写真は、 私が学校の受講生と、 学校の創設者のJoshuaと一緒に撮った、 あるイベント後での一枚です。 2012年のなので、随分昔ですね(笑)。 本当にこの学校で学んで 大きく私の人生変わりました! 起業したこと、 自分のユニークなビジネスを作れたこと、 結婚できたこと、 心から幸せだと思えるようになったこと、 心身ともに健康を手に入れられたこと、 全てのことに繋がっていったのは、 この学校を卒業してからです。   そんな世界最大のホリスティック栄養学校で 学ぶことのメリットと卒業後のキャリアを ご紹介しますね。   男女問わず、講座内容が在学中、卒業後もライフタイムで使えるセルフケアにとても役立つこと。 健康は一生のうちで大切にしなければならないとても重要なこと。食べ物はもちろんのこと、その他環境やストレス、運動、人間関係やキャリアの面など、健康を取り巻く様々な背景を総合的に学べることは人生を大きく変えることにもなります。 ご自身の健康を整えることで、ご家族の健康もサポートすることができます。 卒業後、ヘルスコーチとして活躍することができます。ヘルスコーチとして名乗れるのは、資格を有する人だけです。 卒業生の中には、ヘルスコーチ以外にもヨガのインストラクターをしながらコーチングをしている人や健康に寄与する商品やスキンケア用品の開発、販売を行っている人、料理教室を開催している人、本の出版をされている人など、様々な活躍の場があります。 世界中に在校生、卒業生がいるので、この学校を通して様々な国の人との交流もできます。 在学中、卒業後も、世界各地でイベントや交流会などが開かれており、活躍している人とのネットワークも広げることができます。 さらに詳しくは、こちらから。 http://misakiharada.com/page-1195/ もしどうしても、1月9日ご都合が悪い! という方はこのメールに返信する形で ご相談ください。 今年はじめの入学時期は迫っていますので、 ご連絡は来週いっぱいまでにくださいね。   それではまた!

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

いつでもどこでも!あなたも世界最大のホリスティック栄養学校で学べるチャンス!

まだ娘が小さいとき、 シングルマザーで私の将来は このままでいいのかなぁ、 私がやりたいことってそもそも 何だろう? と悩んでいた時がありました。 縁あって、大学卒業後すぐに ニューヨークに就職したけれど、 自分から掴みに行った仕事では ありませんでした。 もちろん今思えば、 そこで仕事をしたことは 大きく今にも繋がっているとは 思いますが、 当時はこのままでいいのかなと 悩んでいましたね。 日本で管理栄養士専攻の大学で、 栄養学を学んだけれども 何だか日本の栄養学には 疑問というか物足りなさというか、 なんか違う・・・という考えが 常にありました。 しかも、日本の管理栄養士の資格は、アメリカでは活かせない。 私はアメリカで また一から栄養学を学びたいと 思いました。 でも私はシングルマザーで就労ビザ保持者。 フルタイムの学生になる覚悟はなく、 色々とリサーチしていたら、 世界最大の栄養学校を見つけたのです。 それが、 The Institue for Integrative Nutrition というホリスティック栄養学を 学べる学校です。 授業は全てオンライン。 だから世界中どこにいても、 好きな時間に学べるんです。 自分のペースで学べて、 しかも食べ物の栄養学だけでなく、 環境や人間関係、 マーケティングも学べる! 健康や幸せは 食べ物だけじゃないんだよという その学校の教育方針に とても心を惹かれ、 「私が探してたのはまさにこれ!」 と思って 申し込みました。 かれこれ、 6年も前のことであります。 講義はオンラインですが、 任意で参加できる カンファレンスもあり、 実際に学生や講師、 創設者とお会いして話を機会も ありました。 創設者の方とは 実際にお会いしても とてもオーラのある優しい方で、 たまに個人メッセージも いただいたりしています。 私はこの学校で学び、 大きく人生が変わりました。 食べ物の栄養はもちろんのことですが、 健康、幸せ、生産性、 全てに繋がる運を掴む方法を この学校で学びました。 シングルマザーから 婚約者との出会いを掴めたのも、 まさにこの学校での 教えがあったからなんです。 授業は全て英語なので、 英語がある程度理解できる人には 本当に全ての人におすすめです。 栄養学の知識はゼロでも全くOK。 むしろ栄養学の知識ゼロの方が 面白いかも! この学校の次の授業開始日は11月12日です。 だから今が申し込みに最適な時期です! 授業は英語とはいえ、 英語のレベルはそれほど 高くなくても大丈夫。 英語で栄養学を学びたい方で、 興味のある方はぜひ、 本場アメリカの世界最大の栄養学校から 最高の栄養学を学んでいただきたいと思います。 本当に、私が世界で一番の オススメの学校です! 大幅な卒業生ご紹介割引もあるので、 興味のある方はこちらのリンクより、 カリキュラムをダウンロードしてくださいね。 http://bit.ly/2AdFNA0 また、学校について 詳しいことを聞きたいという方は 私が学校案内と入学に関する 無料コンサルテーションを させていただいております。 こちらからお問い合わせください。 http://misakiharada.com/page-736/page-1195/ ホリスティック栄養学校の料金に関してですが、以前は私もウェブサイト上に学校の授業料を載せていたのですが、学校に問い合わせをしましたところ、学校以外のウェブサイトに料金を掲載することは禁じていますと言われたので、それ以降、掲載はしておりません。 ただ、一番気になる部分かなと思いますので、ウェブサイト上では全体公開はできませんが、お問い合わせをいただいた方には無料コンサルテーションでお話しています。 ただ、ここで1つお断りしたいのですが、基本、メール上で、授業料いくらですかというご質問に関してメール上で料金のみをお答えすることはできません。 なぜなら、中身をしっかり確認せずに授業料だけで判断されるのは非常に勿体無いことだからです。 これは全てのことに繋がると思いますが、例えばあなたがパソコンを買うとき、値段だけで購入を判断しないですよね?必ず機能なども確認するはずです。 それと同じでサービスや学校に関しても、内容を確認しないまま料金だけで判断することは本当の価値が伝わりません。 ホリスティック栄養学では、バイオ個性という考え方があります。人それぞれ違い、生き方や考え方も違い、また食べ物も合うものと合わないものがあります。なので、しっかりとその方に合うかどうか無料コンサルテーションの中で詳しくお聞きしながらお伝えしていきます。…

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

ミランダ・カーも卒業した栄養学校の無料説明会のお知らせ

またけっこう直前のご連絡となってしまいましたが、1月20日土曜日、日本時間午後9時(ニューヨーク時間午前7時)より、私が卒業した世界最大の栄養学校、The Institute for Integrative Nutrition の学校案内のオンライン無料説明会を行います。 *ニューヨーク在住の方のために、ニューヨーク時間の1月24日水曜日午前10時にも開催することにしました。 実は、The Institute for Integrative Nutritionはモデルのミランダ・カーも卒業生なんです。 彼女の美容と健康は、この学校で学んだ、ホリスティック栄養学から来ているものかもしれませんね。 こちらのリンクに、学校案内の概要は載せているのですが、もっと詳しく色々聞きたい!という方のために、今回卒業生である私が皆さんからのご質問などにもお答えしながら、お話したいと思います。 ウェブサイトには掲載していない、特別カンファレンスやイベントの情報、さらに世界各地で活躍する卒業生の活動についてもお話したいと思っています。 この栄養学校は、オンラインで受講できるので、インターネット環境さえあれば、世界中どこからでも受講できます。 さらに、世界中のクラスメイトとも繋がれます。 英語力は必要ですが、ネイティブほどの英語力までなくても大丈夫です。 英語はできないけどちょっと気になるなあ、きっと入学はできないかもしれないけど、とりあえず話は聞いてみたいな、という方でもご参加OKです。   説明会と言っても、かしこまる必要はなく、オンラインでパソコンやスマホから、ご自宅で参加できますので、リラックスしてご参加いただければと思います。 お顔を出したくない、という方は音声だけの参加もOKです。 また、お子様がいて雑音が気になる、という場合も、私や他の参加者の方の声を聞きながらもご自身の声はミュートにする、ということもできますので、全く気にしなくて大丈夫です。 ご興味ある方は、こちらのお申込みフォームより、お早めにお申込みください!   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます。 私のプロフィールはこちら。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー New!【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! _____________________________ 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

人のため、自分のためにやりたいことをやり続けること

基本的にやりたいことがあったらすぐやる原田美咲です。 昨夜は、私が卒業したホリスティック栄養学校(The Institute for Integrative Nutrition、IIN™️) の卒業生と在校生が参加できる、ニューヨークエリアでのカジュアルなMeet Upがあり、参加してきました。 Meet Upはマンハッタンのミッドタウンにある、Tournesol Wellnessという会場であり、30−40名くらい集まりました。 トップの写真は、そこの帰り道。 クライスラービル、グランドセントラル駅からも近い場所でした。   IIN™️の卒業生で、IIN™️の講師でもありメディアでも有名な、私の大好きなAndrea Beaman もご主人と一緒に参加されていました。 参加者とそれぞれ話をしたり、途中、みんなで輪になって一人一人、自己紹介もしました。   年齢も出身地も様々なニューヨーカー。 在校生も卒業生も一緒だったので、すでにホリスティックヘルスコーチとして活動をしている人、まだ活動をしていない人、それぞれでした。 でもやっぱりすごいなと思ったのが、みんなそれぞれ、 やりたいことをやり続けていること。 参加していたメンバーは皆、同じ学校でホリスティック栄養学を学んでいる人たち。 それぞれのパッションを持って、人のため、自分のために、健康や幸せに貢献したいと思って進んでいる人たちです。   フルタイムでホリスティックヘルスコーチとして活動をしている人や、私のように、ホリスティックヘルスコーチとして活動する傍ら、他の活動もいくつかしている人もいました。 でもそれぞれ、やりたいことを全部やっている。 きっといずれ、一つに絞るときも来るのかもしれないけど、特にニューヨーカーは、いくつものことを同時にやっている人、とても多いです。   参加者の中にも、 アーティストを続けながらホリスティックヘルスコーチをしている人。 ファイナンシャル分野で勤務しながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 大学に通いながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 ファッション分野で働きながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 などなど。 でもみんな、色んなことをしている理由が、お金のためではなく、ただやりたいからやっている。   ホリスティックという意味は、全体的な、とか、心身一体的な、という意味を持つので、どんなジャンルでも、結局は全てホリスティック栄養学に繋がっていくのが、面白いところです。 私自身も、ホリスティックヘルスコーチとして活動をする傍ら、レストランのコンサルティング、子供国語クラスの教師、などなどしています。 それも全部、やりたいからやっているだけです。 楽しいからやっているだけ。 基本、なんでも楽しいと思う性格なので、頼まれたらやることも多いです。   会社勤めをしていた時、仕事内容や給与に不満があるわけではありませんでしたが、一つだけ不足していたものが、パッションでした。 仕事が嫌いだったわけでもありませんし、職場での人間関係も最高に良く、とても恵まれた環境で、安定していました。 ただ、私にはその”安定”が、不安だったのです。 このままやりたいことを全力でやらずに、ぬるま湯に浸かって生きていくの? そう疑問を持ち続けていました。 安定から抜け出し、パッションのあることを全力でやるために、私は何の不満もなく恵まれていた会社を退職しました。 決断するには1年以上、時間がかかりました。 せっかく安定していたのにもったいない、と思う人もいるでしょう。 でも私には、やりたいことをやらない時間の方がずっと、もったいない。 そして今、一瞬たりとも後悔はしていません。   今回のMeet Upに参加して、改めてそう思いました。 なんだ、みんなやりたいことやってるじゃん。 お金や学歴、家族構成なんか関係ないじゃん。 やりたいことを全力でやってる方が生き生きしてていいじゃん! 別に周りを見る必要なんて何にもないじゃん! って思いました。     また、参加者の中で一人、ステージ4の癌を宣告され、ホリスティック栄養学で学んだことを実践し、癌を治したという人もいました。 その人は、癌にかかる前も、食事はとてもヘルシーなものを食べていたとのこと。 でも、精神的にとてもストレスになる生活をしていたのが、癌の原因だったのかもと話していました。 ストレスになるような原因を全て排除し、ゆったりと気持ちにも余裕が持てるような生活をした結果、癌が消え、それには医者もとても驚いていたとのこと。 やっぱり、食事だけでは健康と幸せを手に入れるのは不十分です。 食事の他に、精神面も健全な状態でないと、真の健康と幸せを手に入れることはできないですね。   さらに、やりたいことをやり続けるそのパッション。 これって実は、一番生命をみなぎらせるポイントなんじゃないかなと思います。   みんなで輪になって簡単な自己紹介が終わった後、何人か私のところに来てくれて、色々質問をしてきてくれました。 日本の文化にも興味を持ってくれている人もいて、とても嬉しかったです。 この日、日本人は私一人、アジア系の人もあと一人しか参加していなかったので、肩身が狭いかなとも思ったのですが、全然そんなことはなく、みんな良く話しかけてくれてさすが人種のるつぼで生活しているニューヨーカー、人種は全然関係なく受け入れてくれるんだなあと思って嬉しかったです。   改めて、この日出会った人たちのように、私もこれからも、人のため、自分のためにやりたいことをやり続けようと心に誓いました。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

栄養士・管理栄養士の皆様へ。ホリスティック栄養学、ビジネスコースの第2回オンライン無料説明会のお知らせ

米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチ、公認インターナショナルヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 先週、4週間の日本滞在からニューヨークに戻りました。 日本では仕事とバケーション、両方をめいっぱい楽しむことができ、とっても幸せな気分でした! 時差ボケもだんだん治ってきたところで、本格的にまた元気いっぱい活動中です。 さて、今回は、前回の6月に引き続き、栄養士・管理栄養士の皆様に向けたオンラインホリスティック栄養学コースとビジネスコースの無料オンライン説明会のご案内です。 今回は、日本時間で8月26日土曜日(9PM-10PM)と9月2日土曜日(9PM-10PM)に開催しますので、どちらかご希望の日にご参加できます。   「今までに、健康的な食生活や生活習慣など、一生懸命栄養指導してるのに、思ったほど理解されない」 「管理栄養士の国家試験、すごく勉強してやっと取得したのに、ちゃんと活かせていない」 「結婚、子育て中に仕事から離れて、管理栄養士としてブランクがあるけど大丈夫かな?」 「もっと自由に、自分の得意分野を活かして、ワクワクできる栄養士・管理栄養士として独立したい」 「栄養士・管理栄養士として、もっとキャリアアップしたい」 こんな思いのある方、必見です!   私が提供する栄養士・管理栄養士の方のためのオンラインホリスティック栄養学コースは、私がニューヨークで学んだホリスティック栄養学を、日本の栄養士・管理栄養士の皆様にも日本語で学べるように考えたプログラムです。 一般的な食べ物や運動のみの栄養指導だけでなく、心の状態、環境や人間関係、キャリアや経済状況なども包括的に考慮したホリスティック栄養学を学ぶことで、ワンランク上の効果的な栄養指導が可能になります。 そして、栄養士・管理栄養士の皆様自身の生活も、今までよりさらに健康で、幸せだと感じられるようになります。 また、栄養士・管理栄養士の方のためのオンラインビジネスコースでは、今までブランクがある方、現在もバリバリ働いている方でも、もっとワクワクできる将来へ向けて、ご自身の得意分野を活かしてのキャリアアップ、独立の一歩を踏み出すことができます。 今回の無料オンライン説明会では、これら二つのコースに関するご案内に加え、おまけ情報として、私が卒業した、世界最大の栄養学校、The Institute for Integrative Nutritionについてもご案内したいと思っています。 この学校の講義は全て英語なので、ある程度の英語での会話能力、読解能力が必要ですが、オンラインのため、世界中どこからも受講可能です。 オンラインですが、世界中の学生と繋がることもできますので、友達もたくさんできます。 説明会で詳しくまたお話しますので楽しみにしていてくださいね。   前回6月にオンライン説明会を開催した時も、全国各地から栄養士・管理栄養士の皆様にお申し込みをいただきました。 今回は、二回に分けて説明会を実施しますので、お申込みの際はどちらかご希望の日を選択していただき、メールアドレスを添えて下記のフォームにご記入後、”Submit”をクリックしていただくか、misaki@misakiharada.com まで、お早めにご連絡ください。 また、お申し込みをされて2日経ってもこちらからの返答がない場合は念のため、ジャンクメールフォルダも確認後、misaki@misakiharada.comまでお問い合わせください。       皆様のご参加、お待ちしています! 私のプロフィールはこちら。   こちらのサイトはどのページも、シェア大歓迎です!

Blog

栄養士・管理栄養士の皆様へ、ホリスティック栄養学に関してのウェビナーを開催します

米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチ、公認インターナショナルヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 最近、日本の栄養士・管理栄養士の皆様から、ホリスティック栄養学についてのお問い合わせをよくいただくようになりました。 私が取得した米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチは世界中どこからでも取得できる資格です。 ただし、資格取得のための講義は今のところ全て英語ですので、英語が苦手と感じていらっしゃる方には興味があってもなかなか踏み出せないのが現状です。 栄養士・管理栄養士の皆様はすでに日本で栄養士・管理栄養士としての資格をお持ちですので、ハードルの高い英語での資格取得までは必要ないけれど、今のお仕事のために、またはさらなるキャリアアップや独立を目指して日本語でホリスティック栄養学について勉強してみたい、という方も多いです。   以前のブログでもご案内いたしましたが、来月あたりから栄養士・管理栄養士さんへ向けて、日本語でホリスティック栄養学のオンライン講座を開催する予定です。 そこで、今月6月24日土曜日の日本時間午後9時(米国東部夏時間午前8時)より、栄養士・管理栄養士の方に向けた日本語でのホリスティック栄養学講座と、米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチの資格取得についての無料説明会をウェビナーで開催したいと思います。 なお、今回の説明会は栄養士・管理栄養士の方に限らせていただきます。 お申し込みは、下記よりお願いします。   また、お申し込みをされて2日経ってもこちらからの返答がない場合は念のため、misaki@misakiharada.comまでメールでお問い合わせください。   なお、栄養士・管理栄養士の方以外の一般の方を対象にした説明会に関しては今後、改めて開催予定ですので、ご興味がある方はお問い合わせください。  

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

ミランダ・カーもホリスティックヘルスコーチ

私が卒業した、ホリスティック栄養学の学校は、ミランダ・カーも卒業した学校ですが、Vogueに彼女が掲載されていました。 彼女のブランドでオーガニックスキンケア商品があるんですって! アジア人の肌に合うかどうかわかりませんが、これを使ってる彼女の肌はやっぱりとっても綺麗ですねー。 Vogueの記事はこちら。 私の卒業した、ホリスティック栄養学校についてはこちら 。   ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************