CATEGORY Blog

タイムマネジメントタイムマネジメント

タイムマネジメント

「あー、今日もやろうと思っていたことができなかった!!」 「あの時やってれば今頃はこれができたのに!」 こんなこと、よくありますよね。 私も、あります。 特に今の世の中、色んなことがすごいスピードでデジタルで解決できてしまい、人間の脳がついていけないことがよくあります。 別に常にスピード感のある生活をする必要はありません。 でも、今から少しでも時間を効率的にできたら人生が変わると思いませんか? そして、有効に使うことで、のんびりする時間が生まれるのも事実です。   タイムマネジメントのコツとしてよく言われていることが、優先順位の高いものから手をつける、ということです。 私が卒業したホリスティック栄養学校でも、このことは言われました。 グラスに小さな石から入れてしまうと大きな石が入らないよね、でも、大きな石から入れると小さな石は隙間に入る、というデモンストレーションを見たのを覚えています。 もちろん、これは大いにあることです。 優先順位の高いことを後回しにしていたら、全然先に進めません。 優先順位の高いことに手をつけるのは大前提です。 しかし、実は小さいことも同時進行にしていかないと、いくら小さくてもそれがが積もり積もって、グラスの中に入らなくなってしまうのです。 そして、小さいことは忘れがちです。 もちろん、小さいことが全然大切じゃないことだったら忘れても問題ありません。 でも、その小さいことでも少しずつでもやっていけば大きいものになることってありますよね。   例えば、毎日の習慣。   極端な話ですが、歯磨きをしなければ虫歯になります。 歯磨きなんて、そんなのしない人の方がおかしいよ、という声が聞こえてきそうです。 歯磨きは、毎日みんながしている習慣だから、それを苦痛には思わないのです。 むしろ、しない方が気持ち悪いですよね。 そんな風に、小さなことを少しずつ、習慣化していけば、苦痛ではなくなり、しない時の方が気持ち悪くなります。   歯磨きに使う時間は何分ですか? 一生懸命10分くらい磨く人もいるかもしれませんが、通常3分で終わります。 1分でさっと済ませてしまう人もいるでしょう。 でも必ず、毎日しますよね。   歯磨きに使う時間と同じくらいの時間でできることってないですか? 英語の勉強を始めようって思っている人なら、一分間、短文でも単語でも覚えればいいのです。 英語に関しては、一日一回一分間やるだけでは覚えられないかもしれません。 でも、ある単語を一日一回一分間、それを一週間ずっと同じ単語を見続けたらどうでしょう? 一日一単語で一年間なら365の単語ですが、一週間に一単語でも、52単語ですよ。 さすがに一週間毎日同じ単語を見ていたら覚えるかもしれませんね。   1分から3分以内でできることをぜひ書き出して見てください。いっぱい出てくるはずです。   私は、大きなことも小さなことも、最近は思いついたらGoogle カレンダーに全部書き込んでます。 紙に書くのが良いという方は、それでも良いと思います。 私も以前は、紙派でした。 でも、常に持ち歩くのを忘れることがあるので、どこに行っても必ず忘れることのないiPhoneですぐにアクセスできるのはとても便利です。 カレンダーに書くのは、もはやもう誰かとのミーティングの予定とかだけじゃなくなりました。   予定表はもちろんですが、日々やることも全て、Google カレンダーです。   リマインダー設定しておけば30分前に次の行動を教えてくれますし、まるでアシスタントです。   デジタルの時代の今(という風にかっこよく言いたい。もの忘れが激しくなった今、ではなく 笑)、デジタルをアシスタントがわりにすればいいんです。 先にアシスタントに予定を伝えておき、時間前になったらリマインドしてもらう。 次の行動が分かっていなくて、次にどうしたらいいか悩む無駄な時間は生まれません。 もちろん、それでも突然電話がかかってきたり、メールの返信を急がないといけないこともあるかもしれません。   以前の私はそういう予期せぬことが突然入ってくると、あれ、今何やってたんだっけ?次に何するんだったっけ?と忘れてしまうことがしょっちゅうでした。 でも今は、次に何をするかを書いているので、そういうことは起こりません。   先ほどの英単語の話の例だと、英単語をGoogle カレンダーに書き込んでしまえばいいのです。 一週間、同じ時間にその単語をカレンダーに埋め込み、リマインダーが来た時に見るだけ。 なかなか覚えられないという人は、例えば、朝10時と午後2時にカレンダーに埋め込むとより確実です。 単語帳も要りません。Googleカレンダーをリストがわりと使えばいいのです。 リピート機能を活用し、月曜日に一単語、数日から一週間リマインドするように設定するのも良い方法ですよ。   Googleカレンダーを活用している人は多いとは思いますが、ぜひ、日々のDaily Goal(私は To do listではなく、Daily Goalと呼んでます。そっちの方が楽しいから!)や、小さなことも、Googleカレンダーに入れてみてください。   そしてコツは、一日中びっしりではなく、ある程度、余裕のあるスケジュール管理をすること。   なぜなら人間、やっぱりソファにゴロン、の時間も欲しいからです。   私は猫と戯れの時間が非常に大切です。   その時間は歯磨きと一緒で毎日の習慣なのでカレンダーに入れてませんが、余裕を持ったスケジュール管理だと、気持ちにも余裕が出て来ますし、やるべきことが早く終わったらあとは自由時間です。   猫との戯れは、タスク中にもやってしまうことがあるので、その点は自分でコントロールすべきことなのですが。   慣れてくると、他の色んなタスク管理系、勉強系のアプリは不要なくらい、Googleカレンダー一つでタイムマネジメントできてしまうくらいです。   ぜひ、皆さんもGoogle カレンダー、活用してみてくださいね。   さて、そろそろお昼ご飯の時間なので、今から私はゆっくりご飯を食べたいと思います!   ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************  

食品添加物

高フルクトース・コーンシロップが体に悪いわけ

高フルクトース・コーンシロップという名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 市販の食品や飲み物にも多く含まれています。 そして、高フルクトース・コーンシロップは体に悪いというのも聞いたことがあるかと思いますが、なぜ、体に悪いのでしょうか? ではまず、高フルクトース・コーンシロップとは何かというのを簡単に説明します。   フルクトースとは、果糖のことです。 高フルクトース・コーンシロップは、別名を異性化糖と言い、とうもろこしのデンプンを科学的に分解して、ブドウ糖の液にし、そのブドウ糖液を酵素またはアルカリと反応させてブドウ糖よりも甘味の強い果糖(フルクトース)に変化(異性化と言います)させて作られたものです。   この高フルクトース・コーンシロップ(異性化糖)は、果糖の含有率に応じ、ブドウ糖果糖液糖(果糖含有率50%未満のもの)、果糖ブドウ糖液糖(果糖含有率50%以上90%未満のもの)、高果糖液糖(果糖含有率90%以上のもの)、砂糖混合異性化糖(上記の液糖に、10%以上の砂糖を加えたもの。液糖がブドウ糖果糖液糖なら、砂糖混合ブドウ糖果糖液糖)と、色々な呼び方があります。 ちなみに、単純にコーンシロップと呼ばれるものはとうもろこしのデンプンを酵素・酸で分解して糖に変えた糖液ですが、ブドウ糖100%で果糖(フルクトース)は含まれていません。 ブドウ糖は粘性が強く、このコーンシロップは、切手の糊としても使われています。 切手を舐めると少し甘いですよね。あの甘さがコーンシロップの甘さです。   高フルクトース・コーンシロップは、上記に示している通り、ブドウ糖と果糖が含まれています。 ブドウ糖よりも甘い果糖が含まれているため、コーンシロップよりも甘さがかなり強いです。 ではなぜ、この高フルクトース・コーンシロップは特に体に悪いと取り上げられているのでしょうか。   実は、大きく分けて下記の理由があります。   1.糖尿病・脂肪肝・肥満などの生活習慣病を招きやすい 2.遺伝子組み換えの危険性   理由を詳しくみていきましょう。   1.糖尿病・脂肪肝・肥満、その他様々な生活習慣病を招きやすい 通常、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を食べると、体内でブドウ糖というものに分解されます。そのブドウ糖は小腸から吸収され、全身の細胞に行き渡り、エネルギーとなります。 一方、高フルクトース・コーンシロップは、最初からブドウ糖に分解されているため、小腸を経由した、自然なエネルギー変換が起きず、いきなり血液中に入ってしまいます。 そして、消費されない糖の全ては肝臓で代謝されるのですが、高フルクトース・コーンシロップは代謝されにくく、そのほとんどが脂肪となり、肝臓に貯蔵されてしまうため、脂肪肝や肥満、糖尿病の原因になってしまいます。 さらに、通常の自然なエネルギー変換が起きないため、高フルクトース・コーンシロップを摂取しても、体は本質的に騙されてしまった状態になり、満腹感を得られにくくなるため、食欲をさらに増進させてしまいます。 高フルクトース・コーンシロップの含まれているコーラや清涼飲料水を飲むと、どんどんまた飲みたくなるのもこのせいです。 また、コーンシロップの中の果糖は炭酸塩と相互作用し、カルボニルという物質を形成するのですが、このカルボニルという物質は有毒で、さらに細胞にダメージを与える物質なのです。   2.遺伝子組み換えの危険性 高フルクトース・コーンシロップの原料であるとうもろこしはほとんどがアメリカから輸入されています。 そしてアメリカのとうもろこしの88%が遺伝子組み換えのため、かなり高い確率で、高フルクトース・コーンシロップに使われているとうもろこしは遺伝子組み換えの可能性があります。 遺伝子組み換えは、主に作物を害虫から守ることと、作物に除草耐性生を持たせることを目的として、生物に別の生物の細胞とDNAを挿入し、遺伝子を操作することで、その生物にはない特徴を持たせたものです。 厚生労働省のホームページを見ると、遺伝子組み換えは安全と解説されていますが、実際にはまだ多くの疑問が残っています。 遺伝子組み換えの表示については、日本では、製造の過程で組み込まれた遺伝子やその遺伝子が作る新たなタンパク質が技術的に検出できない場合は表示は義務付けられていません。 また、加工食品については、その主な原材料(全原材料に占める重量の割合が上位3までのもので、かつ原材料に占める重量の割合が5%以上のもの)にあたらない場合は、表示が省略できることになっています。 甘味料については、遺伝子組み換え食品の国が定めた表示義務は、成分が分解されていれば表示義務はないとしています。 そのため、高フルクトース・コーンシロップは原材料を分解して作られているため、遺伝子組み換えのとうもろこしが使われていても表示義務がないのです。   高フルクトース・コーンシロップが問題になっているのはこのような理由です。 もちろん、単純にコーンシロップと呼ばれているものでも、高フルクトース・コーンシロップより甘さは低いものの、やはり危険性は高いです。 このように危険な食品なのに、どうして多くの食品に含まれているのでしょうか? 理由は簡単です。 それは、砂糖よりも甘くて安価だから、食品製造業者はコストを抑えることができるからです。 食品のラベルに関してのブログでも書きましたが、残念ながら多くの食品製造業者は国民の健康よりも自分たちの利益を考えていることが多いのです。   食品を選ぶ時は、やはり自分自身で必ず原材料を確かめることが大切ですね。   参考:農林水産省 異性化液糖及び砂糖混合異性化液糖の日本農林規格JAS(Japanese Agricultural Standard=日本農林規格) 厚生労働省 遺伝子組み換え食品       ********************************************************************************* 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************  

生物学的個性・バイオ個性

みんなちがって、みんないい

今日のテーマは、なんだか金子みすゞの詩みたいになってしまいましたが。 ホリスティック栄養学の話です。 ホリスティック栄養学を元にしたホリスティックヘルスコーチングについては、こちらに詳しくまとめていますが、今日はこの中で、Bio-Individuality™️(生物学的個性、バイオ個性)について取り上げたいと思います。 人は一人一人違うため、全ての人に合う食べ物はないという考え方がこの、バイオ個性です。 体型、性別、生活習慣、年齢、身体能力、家族構成、文化、人種、性格、血液型、育った環境や今いる環境など、隣に住んでいる人でも、同じ家族の一員であっても、人は一人一人、個性があります。 食べ物に関して言えば、もちろん健康的とされている食事法は色々と存在しますが、それらが全て、自分に合うか、というわけではありません。 そしてそれは、食べ物に関して以外のことでも当てはまります。 10年前はその方法が当たり前だったけど、今はそうじゃないことってたくさんあります。 私たちもどんどん、年を重ねていきます。   こんな経験はありませんか?   小さい頃、逆上がりをするのは簡単でした。 でも、大学生になって、久々に実家に帰り、中学校の校庭の鉄棒で逆上がりをしたら、いくら頑張ってもできない。 これは、体が重くなったせいか、バランスが悪くなったせいか、やり方を忘れてしまったせいか。 この逆上がりの例は、私自身の体験ですが、特に身体的な分野では、あれ、子供の時は簡単にできてたよね?ということが、大人になってできないことはたくさんあります。   中学生の時はご飯を2杯も3杯もおかわりしていた部活熱心の男の子も、大人になって同じ食生活をしていたらみるみるうちに太ってしまった、という経験や、もっと年を重ねていくと、そもそもそんなに食べられなくなった、という経験があるかもしれません。   全てのものが、日々、変化していくのです。   体質や体型だけではないですよ。 周りの環境、流行りのものも、毎日変化していきます。   職業についてもそうです。 10年前になかった職業や働き方が、今はたくさんあります。 インターネット上で瞬時に世界中の友達とやりとりができるようになるなんて、30年前に誰が考えていたでしょうか。 私が卒業した日本の大学で学んだことも、アメリカで卒業した統合栄養学校で学んだことも、数年経った今、だいぶ変化しています。 仕事の例をあげると、世の中にはたくさん有名になってたくさんお金を稼いで、”成功者”と言われている人が多く存在します。 ”成功”についてのイメージも、人によって色々と違うと思いますが、私の中では、他の人と比べて何かすごいことを成し遂げた、とか、地位や名声を手に入れたというものではなく、自分自身の中で自分が幸せだと感じることに一生懸命取り組み、さらに幸せになることだと思っています。 そのため、上記に書いた、有名になってたくさんお金を稼いだ人の多くはおそらく、自分が幸せだと感じることに一生懸命取り組み、さらに幸せと感じている人かもしれません。 そうであれば、それらの人ほとんどは、成功者と言えるでしょう。 しかし、その人たちだけが成功者とも限らないですし、そもそもその人たちが本当に成功者と言えるかは、本人に聞いてみないと分かりません。 インターネットが発達しているからとはいえ、昔ながらの方法が好きという人もいれば、インターネットをうまく利用し、活用する人もいます。 アートを極める人もいます。 全部色々とやる人もいます。 あの人もやってるから、自分もやらなきゃ!という思いは多くの人が経験したことがあると思いますが、もしそれが、自分に合う方法でなければ、結局疲れるだけで終わってしまった、ということもあるでしょう。 これだ!と自分で信じられるものがあれば、挑戦した方がいいと思います。 ダメだったらもう少し長くやってみるか、もしくは別の方法を試してみるか、方法は他にもたくさんあります。諦めないことも重要ですし、諦めることも重要です。 しかし、諦めるときは、必ずもう一度自分に問いかけてみて、少しでも本当は自分はできると思っているけど自信がないというだけの理由で諦めようとしているのならば、諦めてはいけませんよ。 本当はできるのにと少しでも思っている気持ちがある時は、諦めてはいけないのです。 要は、自分が本当に信じる方をやるべきではないかと思うのです。   そう、みんなちがってみんないいんです!   どうせまた、世界はどんどん変化していくのですから。     ************************************************************************************************ 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 ************************************************************************************************

自己改善

モノと心の関係

  実は私は今、ちょっと興奮しています。 いやいや、だいぶ、興奮しています! その理由を今から説明しましょう。 実は最近、ここ数年間で一番感動した本に出会いました。 図書館で、ミニマリストの佐々木典士さんの、 『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -』 という本を見つけて読んだのですが、始めから終わりまで、一文一文が非常に意味のある文章で心をうたれました。 普段私は本を読み返すことはないのですが、また読み返し、さらに英語版の「goodby, things」まで借りて読みました。 あまりに感動したため、著者の佐々木さんにお礼のメールを送ったところ、すぐにとても丁寧にお返事をいただき、それで今私はさらに感動しているのです。 そう、これが私の興奮の理由です。 日本だとミニマリストという言葉は有名なのでしょうか。 因みにニューヨークでは、ニューヨ―カーの会話の中では今まで聞いたことはありませんでした。 知らない方のために念のため、ミニマリストとは最小限主義者、つまりモノを必要な最小限に減らす生き方をしている人のことです。 私の今住んでいるニューヨークのアパートは、比較的モノが少ないほうではありますが、それでももっとモノを減らしたいと思っていました。 本を読んだ直後から、またさらに、モノを少なくしたところ、最近抱えていた心のモヤモヤが一気になくなったのです。 信じられないことですが、物質的なモノと心のモヤモヤは、どうも因果関係があるような気がします。 物質的なスッキリ感が心のスッキリ感を生み出しているのでしょうね。 私は3年半ほど前に、前のアパートから今のアパートに引っ越しをした際に、多くのものを処分しました。 そのため、引っ越し後はあっという間に片付きましたし、引っ越し疲れはありましたが、なんだか気持ちは軽くなったのを今も覚えています。 そこから、自然とモノを増やさなくなっていましたが、本を読んでさらにこの気持ちが強くなりました。 モノもそうですが、なにかをするときも、できるだけ先延ばしにせず、今すぐ処理をすることも大切ですね。 そしてストレスをためない。 モノだけじゃなくて人に対する執着心も捨てる。 自分にとって余計だと思うことはする必要もないし、最近は情報が溢れすぎているから、その中でどの情報を選ぶかではなく、最近はもう、どの情報を捨てるか、ということになってきているのかもしれません。 SNSも楽しいですが、たまにいっぱいいっぱいになってしまうこともありますよね。 そんな時は、それに使っていた時間をしばらく捨ててみることも必要かと思います。 ミニマルに生きることで、自分にとって本当に大切なものというのが見えてくるはずです。 がんがん捨てるのは環境を無駄にしているのではという考えもあるかもしれませんが、モノを最小限にすることで、本当に必要なものが分かってくるので、その後消費することもかなり少なくなります。 その結果、それ以降はものを大切にするし、余計なものを買わなくなるので結果的には環境にも優しいことに繋がります。 さて、ニューヨークも今週から急に暖かくなったので(なんと木曜日は34℃という予報が出ています!)、衣替えをしつつ、また服を処分しようと思っています。 幸いにもうちのアパートには、服の寄付を受け付ける大きなリサイクルボックスがあるので、ゴミに捨てることなく、そこに寄付できます。 少しずつモノを減らし、心にも無駄を省いてすっきり生きていこうと思います。   ************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **************************************************************  

食品添加物

食品を選ぶ時、ラベルのどこを見れば良い?

食品を買う時、ラベルを見て買いますか? ラベルを見る方は、どこを見ていますか? 食品のラベルには、色んな情報が書かれています。 「砂糖不使用」 「グルテンフリー」 「自然原料のみ使用」 「カロリー50%カット」 など、大きな文字で書かれているとヘルシーそう、と思ってついつい買ってしまいたくなりますよね。 でも、ちょっと待ってください。大きく書かれているものは、ほとんどがただの宣伝文句だと疑ってください。 食品のラベルには栄養成分や原材料も書かれているのですが、実は一番大切な情報は、原材料です。 結論を簡単に説明するとすれば、小さな子供でも分かるような、自然からくる食べ物そのもの(加工していないもの。たとえば、りんごとか米とかは食べ物そのものの名前です)の名前以外のものはほとんどが食品添加物、化学調味料や保存料などのことが多いため、注意が必要です。 もちろん、細かいことを言えば、小さな子供でも分かるような食べ物の名前でも、遺伝子組み換え食品であったりするので、完全に安全とは言えないこともあるのですが、ひとつの判断例として、覚えておいておきましょう。   分かりやすい例として、ひとつ、ピーナツバターの例をあげます。 私が近所で購入した、アメリカのピーナツバターの例ですが、写真の二つのピーナツバターの原料を見ると、明らかに違いが分かります。 まず一つ目は、近所のオーガニックスーパーで購入したもの。 原材料はオーガニックピーナッツのみ。因みに、このオーガニックのピーナツバターはニューヨーク州郊外で、家族経営で作っている小さな会社の商品です。 二つ目は、近所の普通のスーパーにあったもの。アメリカではどこにでもある、かなり有名な会社のピーナツバターです。 二つ目のピーナツバターの原材料、たくさんのものが入っていますね。なんだか知らない名前のものばかりです。 ご存知の方も多いと思いますが、原材料は、含有量の多い食品の順に書かれています。 一番に書かれているのはピーナッツ。その次に多く入っているのがCorn Syrup Solids。 おっと早速出てきました、幼稚園生には分かりそうもない、むしろ大人でもちょっとよくわからない名前の原材料。 この、コーンシロップについては、こちらのブログもご参考に。 次に書かれているのは砂糖ですね。 砂糖は幼稚園生でも分かる名前ですが、砂糖は決して積極的に摂りたい食品ではありません。 その後に続くものはすべて、ちんぷんかんぷんな名前です。 そう、これらは、保存料、甘味料、着色料、香料などとして加えられている食品添加物です。 食品添加物には、化学合成によるものと、化学合成でないものがありますが、どちらも加工により作られています。 もちろん、すべての食品添加物が体に悪いと断定できるわけではないのですが、食品添加物は発がん性や催奇形性、毒性などの懸念もされており、さらに、以前は禁止されていなかった食品添加物が禁止されるようになるなども過去に何件もあるため、現在使用が許可されている食品添加物に関しても、決して安全とは言えません。 幸い、インターネットのおかげで検索すれば知らない食品添加物の名前を聞いてもそれがどういうものか調べられるようになりましたが、それも、現在分かっている範囲内での情報ですので、今後、体内での悪影響が発見される可能性もあります。 当たり前の話ではなりますが、本物の食べ物の名前(ピーナツ)のみで作られているピーナツバターと、食品添加物がたくさん入ったピーナツバターの値段は、後者のほうが安価なのです。   非常に残念なことですが、すべての食品製造業者が私たちの健康を考えてくれているわけではありません。 多くの食品製造業者は国民の健康よりも自分たちの利益を考えていることが多いのです。 オーガニックのピーナツのみの原料よりも、安価でしかも、味も調えられ、保存性も高い食品添加物を加えることで、利益も上げられるので、特に大きな食品製造業者ほど、食品添加物を多く使っている場合が多いのです。 そしてそれらの食品製造業者ほど、商品には費用をかけず、有名人を使った広告やCMに膨大な額を使っていることに、騙されてはいけません。   大きな会社だから信頼できる、というのは食品製造業者にはもしかしたら当てはまらないのかもしれません。 高価でも本物の食べ物を購入するか、それとも食品添加物がたくさんの安価なほうを選ぶかは、今の世の中は私たち消費者が結局は決めることですが、自分自身と家族の健康を考えたら、どちらを選ぶべきかは明らかですよね。 子供をお持ちの方は、子供と買い物をするときに、子供と一緒に原材料を見ながら買い物をするのも楽しい食育の一つになりますよ。 案外、子供のほうが食品を選ぶのが上手かもしれませんね。     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************  

イベント、活動報告

Functional Forumに行って来ました

5月10日水曜日、Kima Center for Physiotherapy & Wellness で行われた、Functional Forum に行って来ました。 このFunctional Forumは、統合医療(Integrative Medicine)のカンファレンスです。 従来の多くの医療機関などで実践されてきた疾病の治療には、「対症療法」を中心とした近代西洋医学が根本にありましたが、現在は、単に疾病だけではなく、心身全体を診る「原因療法」を中心とした伝統医学や相補・代替医療も必要であるという考え方が広がっています。 統合医療は、これらの二つの療法を統合することによって両者の特性を最大限に活かし、一人ひとりの患者に最も適切な「オーダーメイド医療」を提供しようとするものです。 最近はニューヨークでも統合医療(Integrative Medicine)や、機能性医療(Functional Medicine: 人体の機能・生理に基づき、病態の根本原因を探して行う治療のこと)という言葉をよく聞くようになりました。 因みに私が行っている、ヘルスコーチングは統合栄養学(Integrative Nutrition)、ホリスティック栄養学が根本にあります。 今回、私が行ったフォーラムでは、小児科医のLawrence B. Palevsky, MDのお話を聞くことができました。 Dr. Palevskyはニューヨーク大学(NYU)で医学学士を取得後、ニューヨーク市の数々の病院で小児科医として活躍され、現在ではホリスティック医療について小児から思春期の子供を持つ保護者への指導もされています。   Dr. Palevskyのお話の中で私が特に興味深いと思ったことを一つ、今日は取り上げたいと思います。 お話の後の質問コーナーでのある女性からの質問がありました。 彼女は、子供を持つお母さんで、発熱は体が身を守るための生体防御機能のひとつなので、よほどの高い熱でない限りは逆に解熱剤を飲ませないほうが良いというのは理解しているけど、子供にはできるだけ苦しい思いをさせたくないのが親としての彼女の本音で、どうしても発熱で苦しんでいる子供を見ると解熱剤を与えずにいるのが辛い、そういう場合はどうしたらよいかという質問をされました。 Dr. Palevskyはそれに対し、とても良い質問です、と答えた後にこのように回答されました。 ”確かに発熱をしたときは体がとてもしんどい状況になります。親として、子供にはできるだけ苦しい思いをさせたくないというのは分かります。ただ、苦しい思いをできるだけさせないというのが本当にその子のためにとっていいのでしょうか。痛みや苦しみは、永遠には続きません。今後、そういう痛みや苦しみを経験することは子供にとって数多くあります。その時に親ができることは、解熱剤を飲ませることではありません。そばにいて、”大丈夫、ママがここにいるからね。今は辛いかもしれないけど、それはずっと続くものではないからね。ママがここにいるから大丈夫だよ。”と言ってあげることです。そして、ちゃんと子供のそばにいてあげることです。” 私はこれを聞いて、とても感動しました。 身体的な痛みや苦しみについてもそうですが、精神的な痛みや苦しみの時にも同じことが言えると感じました。 親はやはり、子供にとって一番身近な存在です。 もちろん、思春期になるとそうは思われなくなってしまうでしょうけれど、それでも実際には一番身近で助けてあげられるのが親ではないかと思います。 私も今まで、身体的にも精神的にも数々の痛みを親から助けてもらいました。 父や母がいるから、という安心感というものは私の中では今でもとても大きいものです。 病気になった時、手術や身体的な治療などを施すだけでは十分ではないかもしれません。 もっと根本的に大切なこと、それはやはり、精神面での支えなのではないでしょうか。 今回のFunctional Forumで改めてそれを感じました。     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************  

栄養士・管理栄養士の方へ

栄養士・管理栄養士の方へ

第31回管理栄養士の国家試験の合格発表が5月9日にありました。 私も12年前、ニューヨークに来て間もない頃に合格発表があったのを思い出しました。 確か電話かメールで父親か母親、もしくは大学の友人から合格の知らせを聞いたと思いますが、はっきりと覚えていません。 私が受けた時の合格率の全国平均は25.3%で、今年の合格率54.6%に比べても結構厳しい合格率でした。 合格できたのはとても嬉しかったはずです。 それなのに、合格の知らせを誰からどのようにしてもらったのか覚えていないその理由はおそらく、合格発表の日、私はニューヨークに来て間もない頃で、仕事を覚えるのにも生活に慣れるのも精一杯だったからだろうと思います。 それからあっという間に12年が経ち、その間のニューヨーク生活の中で、私はホリスティック栄養学を学び、健康を形成する要因は日本の大学で学んだ栄養学以外からも多くの要因があるということに改めて意識するようになりました。 日本の栄養士・管理栄養士さんにも、ぜひ、ホリスティック栄養学について知って欲しいと思い、新たにページを作りましたので、こちらをぜひ読んでいただけたらと思います。     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************  

イベント

<4.23.17>Happy Healthy Pregnancy (妊婦さんのための日本語ワークショップ)

4月23日日曜日、New York Open Centerで、妊娠中から出産後の栄養と健康についてのワークショップを開催しました。 妊娠されている方を対象に、子供の一生の健康に大きく影響する妊娠中から出産後のママと子供のための栄養、健康的なライフスタイルについて、ホリスティック栄養学の視点でお話させていただきました。 人が初めて栄養を摂取するのは、お母さんのお腹の中です。 お腹の中の赤ちゃんは栄養を選ぶことはできず、お母さんの食べ物の選択にかかっています。 この時期の栄養は子供の一生の健康に左右すると言っても過言ではありません。 人の体は一人一人違うため、全ての人に合う食事法というものはありませんが、体に良い食べ物を妊娠中から意識して食べることは、子供への最初の食育です。 食べ物以外でも、妊娠中のお母さんがいつも楽しく過ごせることは健康を保つ上でとても大切です。 また、出産後も、子供がいるからと言って諦めることのないよう、お母さんの夢やキャリアについても参加者と一緒に楽しくお話することができました。 今日ご参加された方が元気な赤ちゃんをご出産されますこと、心からお祈りしています!

イベント

<5.28.17>Happy Healthy Children 子供も大人も参加型の食育ワークショップ

ー五感で感じる食育(刺激) ーゲーム感覚でできる食育(楽しみ) ー子供でも簡単にできる体に優しい食べ物の選択(習慣)   子供の頃からの食育は、大人になってからの健康にも大きく影響します。 このワークショップでは、難しい栄養学の話はしません。 食べ物に対する感謝の気持ち、記憶に残る楽しい食育体験で栄養知識も自然に身につけられます。 参加ご希望の方は、こちらから、もしくはメールで misaki@misakiharada.com までご連絡ください。   日時:5月28日日曜日 午後2時から4時 場所:Balance Arts Center 34 W 28th Street (Between 6 Ave & Broadway), 3rd Floor, New York, NY 10001 費用:無料(ドネーション歓迎) 持ち物:目隠しができるくらいの長さのタオルや手ぬぐい 講師:原田美咲  管理栄養士、ホリスティックヘルスコーチ。9歳の娘を持つシングルマザー。自身の娘にも小さい時から食育をしている。  

自己改善

受け入れてもらえなかったこと

”受け入れてもらえなかったことはありますか?” いつもありがとうございます。 ホリスティックヘルスコーチの原田美咲です。 今までに、自分の考えや目標を他の人に話してそれを受け入れてもらえなかったことはありますか? そんな時、あなたはどうしていますか?     内容にもよりますが、例えば勇気を出して自分がやりたいと思っていることを、周囲に認めてもらえずに反対されることはよくある話だと思います。 それは、周りの人があなたのことを心配しているからこそのことかもしれませんし、単にばかにされているだけかもしれませんし、または羨ましがられているからこそ反対されることもあるかもしれませんね。   因みに私は受け入れてもらえないこともしょっちゅうありますし、受け入れないこともあります。 私が相手のことを受け入れない時は、単に自分にはそのあたりの知識が分からず、理解できないだけの時もありますし、相手を思うとリスクが高そうだと思うことや自分が助けられる分野ではない時です。 逆に受け入れてもらえないこと、その理由のほとんどは、私が周囲を納得できるレベルにまで到達していないからと感じることが多いです。 新しいアイデアがあり、それを人に話し、話は聞いてくれたものの、流されてしまうことはよくあります。 きっと、自信なさげに聞こえるのでしょうし、実際にそんな時は自分でもまだまだなんだと感じます。 相手に受け入れてもらえるには、その努力と、自信も必要です。   しかし、日頃から努力をしていて自分の考えに自信を持っていても、相手は受け入れてくれないことはあります。   それでもあなたがどうしても、誰かに受け入れてもらいたい時は、良い方法があります。 それは、受け入れてもらえそうな相手に話すこと。 いつも話す相手ではないかもしれません。 家族や友達だったら受け入れてもらえなそうだなと思ったら、別の人に話してみると受け入れてもらえるかもしれません。 その別の人とは、あなたのやりたいことを応援してくれそうな人です。 つまり、すでにあなたの意見と似たような意見を持っている人や、あなたの目指しているようなことをすでにやったことのある人です。 例えば、タバコを辞めたいと思ってる人が、ヘビースモーカーの友達に相談したところで、タバコを辞められるとは思えません。 すでにタバコを辞めることに成功し、今は健康な体を手に入れている人に相談すれば、きっとその人はあなたの目標を受け入れて応援してくれ、良いアドバイスをもらえるでしょう。 そうなると、あなたの目標もかなり達成しやすくなります。 いつも相談している相手に受け入れてもらえなかったら、別にその人に受け入れてもらえるまでしがみ付く必要はないのです。 さっさと他の人にあたってみましょう。 どちらにしても、その人に受け入れてもらえるだけの、しっかりとした自分の意見や意思を持つことは大事です。   あなたが今、誰かに受け入れてもらいたいと思っていることは何ですか? 誰に相談したら、受け入れてもらえると思いますか?     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************