CATEGORY 食品添加物

Blog

アメリカの牛乳〜どの牛乳を選ぶべき?

昨日開催した食育ワークショップで、アメリカの牛乳に関しての質問も出ましたので、こちらでもシェアしたいと思います。 牛乳に関しては、アメリカでも日本でも近年では賛否両論、様々な意見がありますね。 牛乳にはカルシウムが豊富というのは誰もが聞いたことがあると思いますが、私が子供のころは、牛乳をたくさん飲んだら背が高くなると言われていました。 それで私は背が高くなりたくて、牛乳をせっせと飲んでいたのにも関わらず、背は高くなりませんでした。 私の身長は、150cmで止まったままです。 しかも、牛乳を何杯も飲んだ後にお腹を壊すこともありました。 因みに私の兄も、小学生の頃、その話を信じて、牛乳1リットルを一度に飲むという実験をしていました。 その結果、得られたものはただお腹を壊したということだけです(笑)。     牛乳を飲んでどうもないという人もいますが、乳糖不耐症といい、牛乳に含まれる糖分である乳糖(ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)の欠乏により、乳糖を消化できない人が世界中にたくさん存在します。 また、牛乳に含まれるタンパク質、カゼインは人間の体の中ではスムーズに消化できず、体内に溜まって癌の原因にもなるとも言われています。 ハーバード公衆衛生大学院の研究によると、アメリカで推奨されている、一日3杯の牛乳を飲むと(明らかに多くないかな?と思うのですが・・・)、乳がん、卵巣癌や前立腺癌のリスクを高める可能性があることも分かっています。 上記を読んで、牛乳は絶対ダメだなと感じる人もいるでしょう。   私は、牛乳は嫌いではないのですが、上記のような情報を知ってからは昔ほどはあまり積極的には摂らないようになりました。 飲むときも、必ずオーガニックのものを選んでいます。 アメリカには実に多くの種類の牛乳があります。 今回は、大きく分けて3つの種類、①オーガニックではない牛乳、②オーガニックの牛乳、③オーガニックのグラスフェッド100%の牛乳について、取り上げたいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ①オーガニックではない牛乳 できるだけ避けることをおすすめします。 一般的に牛は出産後、300日間ほど牛乳を出しますが、この間に牛乳がどんどん出るように、牛にウシ成長ホルモン(BST)を与えるのです。 製造者は、この成長ホルモンは動物にも人体にも影響はないと主張しますが、これに対しては多くの専門家の反対意見があります。 アメリカ以外の多くの国ではすでにこのホルモン投与は禁止されています。 また、ホルモン以外にも抗生物質を与えられていたり、飼料にも遺伝子組み換えの作物が使用されていたりと、オーガニックでない牛乳には様々な懸念があります。   ②オーガニックの牛乳 オーガニックの牛乳は、オーガニック認定された牛から搾乳されています。 オーガニックの牛はホルモン剤や抗生物質を与えてはいけないと規定されています。 また、飼料も100%オーガニックでなければいけない、遺伝子組み換えや電離放射、下水汚泥も禁止されていますが、ビタミンやミネラルなどの栄養補助食品は与えても良いことになっています。 ちなみに、オーガニック飼料は、収穫前の少なくとも3年間、禁止物質(合成肥料及び合成農薬)で処理されていない土壌からのもののみです。 また、土壌の肥沃度や作物の栄養素の管理には、耕うん・耕作、輪作、被覆作物の栽培、動植物性老廃物や認可された合成物質による補填といった方法を活用し、禁止物質がオーガニックの土壌に接触しないようにしなければならないとしています。 また、放牧シーズンを通して(120日以上)牧草地に放たなければならず、飼料の30%以上は牧草でなければなりません。 オーガニックの家畜は全て、年間を通して自由に戸外に出入りできなければならず、環境や健康上の問題がある場合にそれが文書化されている場合のみ、一時的に収容しても良いとされています。 万一、オーガニックの乳牛が病気になって抗生物質や薬剤での治療を受けた場合はその後オーガニックとして販売することは出来なくなります。 このように、オーガニックで販売されている牛乳は様々な条件をクリアした牛乳です。   ③オーガニックグラスフェッド100%の牛乳 同じオーガニックの牛乳でも、100% Grass-fed の牛乳に関しては、乳牛が穀物などの飼料ではなく、100%新鮮な牧草または干し草で育ったものです。 ビタミンやミネラルなどの栄養補助食品は必要に応じて与えられることはありますが、トウモロコシなどの穀物類は一切与えられないため、牛にとって本来の一番良い栄養である新鮮な牧草や干し草で育てられている、とても質の高い牛乳です。 季節によっても牧草も変わるため、まさに自然の中で育った健康な乳牛からの牛乳です。 風味もよく、栄養に関しても、血液中の脂質濃度を下げる働きや脳の活性化、美肌効果にも良い不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸や共役リノール酸を多く含んでいます。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さて、この3つのうち、一番質の高い牛乳はもちろん100%Grass-fedの牛乳なのですが、とても高価なのでなかなか実際は日常的には飲めるものではありませんね。   おそらく、牛乳の摂取に関しては、実際は日常的に飲めないくらいの頻度で飲むくらいが良いのかもしれません。   多くの牛乳を生産するために、乳牛はオーガニックか否かに関わらず、人生の大半を妊娠の状態で過ごさせられます。 妊娠中の乳牛は、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの量が非常に高い状態になり、それらのホルモンは牛乳の中にも出てしまいます。 エストロゲンやプロゲステロンは、安定した生理に欠かせない女性ホルモンではあるのですが、摂りすぎるとホルモンバランスを崩し、さらには乳癌のリスクを高めてしまいます。 アメリカの女性で乳癌が多いのは、乳製品と関係があるのではないかとも懸念されています。   乳製品にも含まれているカルシウムを多く取ることが、骨粗鬆症や骨折を防ぐと多くの人が信じていますが、実際には、アメリカやスウェーデン、オランダなどの乳製品を多く摂取する国では骨粗鬆症や骨折の発症率が最も高く、一方で日本や南アフリカなど、乳製品の摂取量が低い国ではこれらの発症率が低いことも分かっています。 ハーバード大学が78,000人の女性に12年間に渡って行った研究によると、乳製品を多く摂取した女性の方がたまにしか摂取しなかった女性に比べて骨折の率が多かったという結果もあります。 骨の健康を維持するにはカルシウムのみでなく、マグネシウム、カリウム、ホウ素、銅、マンガン、亜鉛などのミネラルや他のビタミンなどのバランスも重要です。 緑黄色野菜や全粒穀物、海藻などからもこれらの栄養素は取れるので、それらの食べ物をバランスよく摂ることが望ましいです。   さて、なんだかあまり牛乳を飲みたくなくなった方も多いかもしれません。 絶対飲んではいけないというものではないと思いますが、やはり飲むのであれば、オーガニックでないものはできるだけ避けた方が良いでしょう。   さらに調べていくと、搾りたての牛乳(殺菌なども一切なし)を提供しているところの情報も見つけました。 ご興味のある方はこちらから(英語のサイトです)。 搾りたてを飲める機会があったらまたブログ記事に書きたいと思います。   参考:米国農務省 Organic 101: The Lifecycle of Organic Food Production         米国農務省 Can GMOs Be Used in Organic Products?          Integrative Nutrition Feed Your Hunger for Health & Happiness: Joshua Rosenthal        ******************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。…

食品添加物

高フルクトース・コーンシロップが体に悪いわけ

高フルクトース・コーンシロップという名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 市販の食品や飲み物にも多く含まれています。 そして、高フルクトース・コーンシロップは体に悪いというのも聞いたことがあるかと思いますが、なぜ、体に悪いのでしょうか? ではまず、高フルクトース・コーンシロップとは何かというのを簡単に説明します。   フルクトースとは、果糖のことです。 高フルクトース・コーンシロップは、別名を異性化糖と言い、とうもろこしのデンプンを科学的に分解して、ブドウ糖の液にし、そのブドウ糖液を酵素またはアルカリと反応させてブドウ糖よりも甘味の強い果糖(フルクトース)に変化(異性化と言います)させて作られたものです。   この高フルクトース・コーンシロップ(異性化糖)は、果糖の含有率に応じ、ブドウ糖果糖液糖(果糖含有率50%未満のもの)、果糖ブドウ糖液糖(果糖含有率50%以上90%未満のもの)、高果糖液糖(果糖含有率90%以上のもの)、砂糖混合異性化糖(上記の液糖に、10%以上の砂糖を加えたもの。液糖がブドウ糖果糖液糖なら、砂糖混合ブドウ糖果糖液糖)と、色々な呼び方があります。 ちなみに、単純にコーンシロップと呼ばれるものはとうもろこしのデンプンを酵素・酸で分解して糖に変えた糖液ですが、ブドウ糖100%で果糖(フルクトース)は含まれていません。 ブドウ糖は粘性が強く、このコーンシロップは、切手の糊としても使われています。 切手を舐めると少し甘いですよね。あの甘さがコーンシロップの甘さです。   高フルクトース・コーンシロップは、上記に示している通り、ブドウ糖と果糖が含まれています。 ブドウ糖よりも甘い果糖が含まれているため、コーンシロップよりも甘さがかなり強いです。 ではなぜ、この高フルクトース・コーンシロップは特に体に悪いと取り上げられているのでしょうか。   実は、大きく分けて下記の理由があります。   1.糖尿病・脂肪肝・肥満などの生活習慣病を招きやすい 2.遺伝子組み換えの危険性   理由を詳しくみていきましょう。   1.糖尿病・脂肪肝・肥満、その他様々な生活習慣病を招きやすい 通常、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を食べると、体内でブドウ糖というものに分解されます。そのブドウ糖は小腸から吸収され、全身の細胞に行き渡り、エネルギーとなります。 一方、高フルクトース・コーンシロップは、最初からブドウ糖に分解されているため、小腸を経由した、自然なエネルギー変換が起きず、いきなり血液中に入ってしまいます。 そして、消費されない糖の全ては肝臓で代謝されるのですが、高フルクトース・コーンシロップは代謝されにくく、そのほとんどが脂肪となり、肝臓に貯蔵されてしまうため、脂肪肝や肥満、糖尿病の原因になってしまいます。 さらに、通常の自然なエネルギー変換が起きないため、高フルクトース・コーンシロップを摂取しても、体は本質的に騙されてしまった状態になり、満腹感を得られにくくなるため、食欲をさらに増進させてしまいます。 高フルクトース・コーンシロップの含まれているコーラや清涼飲料水を飲むと、どんどんまた飲みたくなるのもこのせいです。 また、コーンシロップの中の果糖は炭酸塩と相互作用し、カルボニルという物質を形成するのですが、このカルボニルという物質は有毒で、さらに細胞にダメージを与える物質なのです。   2.遺伝子組み換えの危険性 高フルクトース・コーンシロップの原料であるとうもろこしはほとんどがアメリカから輸入されています。 そしてアメリカのとうもろこしの88%が遺伝子組み換えのため、かなり高い確率で、高フルクトース・コーンシロップに使われているとうもろこしは遺伝子組み換えの可能性があります。 遺伝子組み換えは、主に作物を害虫から守ることと、作物に除草耐性生を持たせることを目的として、生物に別の生物の細胞とDNAを挿入し、遺伝子を操作することで、その生物にはない特徴を持たせたものです。 厚生労働省のホームページを見ると、遺伝子組み換えは安全と解説されていますが、実際にはまだ多くの疑問が残っています。 遺伝子組み換えの表示については、日本では、製造の過程で組み込まれた遺伝子やその遺伝子が作る新たなタンパク質が技術的に検出できない場合は表示は義務付けられていません。 また、加工食品については、その主な原材料(全原材料に占める重量の割合が上位3までのもので、かつ原材料に占める重量の割合が5%以上のもの)にあたらない場合は、表示が省略できることになっています。 甘味料については、遺伝子組み換え食品の国が定めた表示義務は、成分が分解されていれば表示義務はないとしています。 そのため、高フルクトース・コーンシロップは原材料を分解して作られているため、遺伝子組み換えのとうもろこしが使われていても表示義務がないのです。   高フルクトース・コーンシロップが問題になっているのはこのような理由です。 もちろん、単純にコーンシロップと呼ばれているものでも、高フルクトース・コーンシロップより甘さは低いものの、やはり危険性は高いです。 このように危険な食品なのに、どうして多くの食品に含まれているのでしょうか? 理由は簡単です。 それは、砂糖よりも甘くて安価だから、食品製造業者はコストを抑えることができるからです。 食品のラベルに関してのブログでも書きましたが、残念ながら多くの食品製造業者は国民の健康よりも自分たちの利益を考えていることが多いのです。   食品を選ぶ時は、やはり自分自身で必ず原材料を確かめることが大切ですね。   参考:農林水産省 異性化液糖及び砂糖混合異性化液糖の日本農林規格JAS(Japanese Agricultural Standard=日本農林規格) 厚生労働省 遺伝子組み換え食品       ********************************************************************************* 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************  

食品添加物

食品を選ぶ時、ラベルのどこを見れば良い?

食品を買う時、ラベルを見て買いますか? ラベルを見る方は、どこを見ていますか? 食品のラベルには、色んな情報が書かれています。 「砂糖不使用」 「グルテンフリー」 「自然原料のみ使用」 「カロリー50%カット」 など、大きな文字で書かれているとヘルシーそう、と思ってついつい買ってしまいたくなりますよね。 でも、ちょっと待ってください。大きく書かれているものは、ほとんどがただの宣伝文句だと疑ってください。 食品のラベルには栄養成分や原材料も書かれているのですが、実は一番大切な情報は、原材料です。 結論を簡単に説明するとすれば、小さな子供でも分かるような、自然からくる食べ物そのもの(加工していないもの。たとえば、りんごとか米とかは食べ物そのものの名前です)の名前以外のものはほとんどが食品添加物、化学調味料や保存料などのことが多いため、注意が必要です。 もちろん、細かいことを言えば、小さな子供でも分かるような食べ物の名前でも、遺伝子組み換え食品であったりするので、完全に安全とは言えないこともあるのですが、ひとつの判断例として、覚えておいておきましょう。   分かりやすい例として、ひとつ、ピーナツバターの例をあげます。 私が近所で購入した、アメリカのピーナツバターの例ですが、写真の二つのピーナツバターの原料を見ると、明らかに違いが分かります。 まず一つ目は、近所のオーガニックスーパーで購入したもの。 原材料はオーガニックピーナッツのみ。因みに、このオーガニックのピーナツバターはニューヨーク州郊外で、家族経営で作っている小さな会社の商品です。 二つ目は、近所の普通のスーパーにあったもの。アメリカではどこにでもある、かなり有名な会社のピーナツバターです。 二つ目のピーナツバターの原材料、たくさんのものが入っていますね。なんだか知らない名前のものばかりです。 ご存知の方も多いと思いますが、原材料は、含有量の多い食品の順に書かれています。 一番に書かれているのはピーナッツ。その次に多く入っているのがCorn Syrup Solids。 おっと早速出てきました、幼稚園生には分かりそうもない、むしろ大人でもちょっとよくわからない名前の原材料。 この、コーンシロップについては、こちらのブログもご参考に。 次に書かれているのは砂糖ですね。 砂糖は幼稚園生でも分かる名前ですが、砂糖は決して積極的に摂りたい食品ではありません。 その後に続くものはすべて、ちんぷんかんぷんな名前です。 そう、これらは、保存料、甘味料、着色料、香料などとして加えられている食品添加物です。 食品添加物には、化学合成によるものと、化学合成でないものがありますが、どちらも加工により作られています。 もちろん、すべての食品添加物が体に悪いと断定できるわけではないのですが、食品添加物は発がん性や催奇形性、毒性などの懸念もされており、さらに、以前は禁止されていなかった食品添加物が禁止されるようになるなども過去に何件もあるため、現在使用が許可されている食品添加物に関しても、決して安全とは言えません。 幸い、インターネットのおかげで検索すれば知らない食品添加物の名前を聞いてもそれがどういうものか調べられるようになりましたが、それも、現在分かっている範囲内での情報ですので、今後、体内での悪影響が発見される可能性もあります。 当たり前の話ではなりますが、本物の食べ物の名前(ピーナツ)のみで作られているピーナツバターと、食品添加物がたくさん入ったピーナツバターの値段は、後者のほうが安価なのです。   非常に残念なことですが、すべての食品製造業者が私たちの健康を考えてくれているわけではありません。 多くの食品製造業者は国民の健康よりも自分たちの利益を考えていることが多いのです。 オーガニックのピーナツのみの原料よりも、安価でしかも、味も調えられ、保存性も高い食品添加物を加えることで、利益も上げられるので、特に大きな食品製造業者ほど、食品添加物を多く使っている場合が多いのです。 そしてそれらの食品製造業者ほど、商品には費用をかけず、有名人を使った広告やCMに膨大な額を使っていることに、騙されてはいけません。   大きな会社だから信頼できる、というのは食品製造業者にはもしかしたら当てはまらないのかもしれません。 高価でも本物の食べ物を購入するか、それとも食品添加物がたくさんの安価なほうを選ぶかは、今の世の中は私たち消費者が結局は決めることですが、自分自身と家族の健康を考えたら、どちらを選ぶべきかは明らかですよね。 子供をお持ちの方は、子供と買い物をするときに、子供と一緒に原材料を見ながら買い物をするのも楽しい食育の一つになりますよ。 案外、子供のほうが食品を選ぶのが上手かもしれませんね。     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************