CATEGORY 英語勉強法

海外生活

私がどうやって勉強したのか?(パート2)

メルマガ読者様からいただいた リクエスト、 「美咲さんがどうやって英語を勉強したのか、  ニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、  是非聞いてみたいです。」 ということについて、昨日からシリーズで書いています。 ちなみに今日、 わざわざリクエストいただいたご本人より、 お礼のメールをいただき、 とても嬉しかったです!! すぐに感謝の言葉を素直にくださる 心の素晴らしい方から 心のこもったメッセージをいただくと、 本当に幸せな気持ちになりますね^^ さて、今日は英語勉強についてのパート2。 昨日は具体的な勉強法というより、 考え方やあり方、マインドなど、 英語勉強はもちろん、 その他のことにも繋がる肝になる部分を お伝えしました。 まだ読んでない方はパート1からぜひ読んでくださいね。 今日は実践編。 私が実際に英語勉強で何をしたかというと。 とにかく、 人に話しかける、 人に聞きまくる、 とにかく英語を使う! これです。 つまり、 「勉強する」より 「使う」です。 日本人が英語を使うにあたり、 一番ヤバいなと感じるのは、 シャイになること。 そして、完璧を求めすぎ、 失敗を求めすぎて、 せっかく使える英語なのに 使うのを躊躇してしまうこと。 私の英語力、 まだまだネイティブには 程遠いですが、 英語を使うことに対して、 シャイな気分はありません。 ずっと使ってるから。 それは美咲さんがニューヨークに住んでるからでしょ?? 日本に住んでる私たちはできないじゃん。 と思う人もいるでしょう。 確かにそれはあるかもしれません。 でも私は、日本にいる時から できるだけ英語を話す人と 関わっていましたし、 そういう環境に身を置いてました。 道に迷っている外国人に、 自分から声をかけて教えてあげてましたし、 (つたない英語でしたよ 笑) 月謝一律、無制限で通える英語塾に 毎日のように行ってました。 貧乏学生の私は、 当時一ヶ月一律8000円、 予約したら行きたい放題の 個人経営のその塾に 自転車を1時間飛ばして 通ってましたね^^ (もう15年ほど前の話です) 頑張る人には必死でサポートしてくださった、 その英語の先生にも 本当に感謝しています。 そうそう、 実はその無制限サポートは、 今の私のプレミアムビジネスコースの中にも 臨時セッション無制限として 取り入れています。 あの英語の先生のように、 私の都合と合えば 臨時セッションいつでもOK。 もちろんメール相談無制限。 だから本気で頑張ってる人は 本当にガンガン、 私を利用してくれてます。 もちろん単に なんでもかんでも聞けばいい、 というものではなく、 しっかり自分で先に思考してから、 ということは皆さんよく 守ってくれてますので、 私のクライアント様は 思考力が高い方がとても多い。 英語はアウトプットできる相手がいることで、 ものすごく上達します。 英語だけに限らないですね。 こうして、普段から 自分でどんどんアウトプットし、 実践できるように、 不明点があったら 自分で先に考えて、 分からなければ人に聞く。 そうすることで 分かるようになり、 ハードルを下げることができるので、 実践がしやすくなるんです。 英語の会話の中で 私は分からない単語や意味が出てきて、 自分で考えてもどうしても分からない時は、 それってどう言う意味? とすぐ聞きます。 翻訳アプリなどで調べるより、 記憶に残りますね。 もちろんこれは、 シチュエーションにもよりますが。 すぐに聞けるような相手…

海外生活

私がどうやって英語を勉強したのか?(パート1)

  先日、メルマガで 今一番気になっていること、 今後メルマガで取り上げて欲しいことの アンケートをさせていただきました。 ご協力いただいた皆さま、 本当にありがとうございます! ブログ内でも今週いっぱい、 アンケートを募集したいと 思いますので、この機会に 取り上げて欲しいこと、 たくさん書いてくださいね^^ 30秒で終わります!    ↓↓↓ https://goo.gl/forms/stq60m6u0TDzWXWQ2 ちなみに、メルマガ登録は、このブログの下の方にリンク載せてます。   アンケートより、 「美咲さんがどうやって英語を勉強したのか、  ニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、  是非聞いてみたいです。」 というリクエストをいただきました。 これ、めちゃくちゃいい質問です! ありがとうございます^^ お伝えしたいことたっくさんあるので、 数回に分けて書きますね。 今日はまず、 「私がどうやって英語を勉強したのか」 の肝になる部分、パート1 をお伝えしたいと思います。 パート2以降と、 私がニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、 についてはまた次回以降のメルマガとこちらのブログで 数回に分けてご紹介しますので、 楽しみにしていてください^^ 多分このシリーズ、 結構続きます。。。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「私がどうやって勉強したのか」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 中学、高校では 英語の成績は別に普通。 それほど興味がある、という訳でも ありませんでした。 というより、 高校の時は、 英語の授業でいつも居眠り、 授業中に立たされる、 ということもありました(笑)。 ただ、私は小学生の時に、 中学生だった私の兄が 母のすすめで 毎朝6時半からNHKラジオで 「基礎英語」を聞いてたので、 寝ぼけながらも それが耳に入ってました。 だからその時のフレーズとか、 残っているものもほんの少しだけは、 あるかもしれません。 でも一番はっきり覚えてるのは、 神保尚武(じんぼひさたけ)先生と、 ハリエット・セイコンさん、 そして、デイビット・シルモラーさんという 基礎英語の講師の名前(笑) だからあまりたいして 英語学習と基礎英語は 関係ないかもしれません(笑) そして、本格的に英語を学びたい! と感じるようになったのが、 大学2年の夏。 姉妹校だった オーストラリアの メルボルン大学に 三週間の語学留学に行った時です。 その時のオージーホストファミリーが もうとってもよい人達で^^ 本当に使える英語を、 文化的なことも含め、 色々教えてくれたんです。 一番最初に衝撃だったのが、 ホストマザーが 迎えに来てくれた時に、 スーツケースを持ってもらった時。 日本人の「すみません」、 という感覚で、 私は「I’m sorry.」 と言ってしまったんですね。 そうすると、 ホストマザーが優しく、 「Not sorry, ”Thank you” (すみませんじゃなくて、「ありがとう」よ)」 と教えてくれたんです。 これで私の英語勉強に対する考えが ガラッと大きく変わりました。 ただ単語を覚えたり、 ひたすら練習する、 というのも大事だけど、 それよりも大事なことがあった、と。 それは、 日本人の考え方の感覚ではなく、 その国の人の感覚でいることが大事なんだって 思ったんです^^ 「すみません」という 控えめな日本人感覚ではなく、 「ありがとう!」という パッと明るい感覚。…