CATEGORY 産前産後栄養コーチ

産前産後栄養コーチ

産前産後栄養コーチ。妹の死と私の使命。

これを配信している日本時間の今日、 3月12日は、 私の1つ違いの妹の 誕生日であります。 しかし妹は、 生まれてから4日後の、 3月16日に亡くなりました。 両親からは、 心臓に穴が空いていたことと、 脾臓がなかったことが 大きな原因だと聞いています。 今から30年以上前のことですから、 もしかしたら今の技術であれば 助かっていたかもしれないですね。 母は、妹の死に関して 「当時、加工食品が流行っていて、  妊娠中も加工食品を多く食べていた。  それが原因だったかもしれない。」 と言ったことがあります。 もちろんそれは、 母のただの思い込みかもしれません。 でも、決して無視はできないことだとも思います。 加工食品に関しては、 今後また動画などでも食品の選び方を 分かりやすく解説していきたいと思います。 私は11年前に娘を出産しましたが、母のあの時の一言は心に残っており、妊娠中もできるだけ加工食品を避けていました。その結果もあってか、無事に元気な娘を出産することができました。 もちろん、元気な赤ちゃんを産む時に気をつけなければならないことは、食べ物だけではありませんが、食べ物が大きな影響を受けることは明らかです。 去年、私が尊敬している友人が、 International Maternity and Parenting Institute (インターナショナルマタニティ・子育て研究所) の創設者であるMar De Carlo を 紹介してくれました。 そこで、私は日本で管理栄養士の資格を持っていること、 そしてアメリカでホリスティック栄養学を学んだことを 評価していただき、ご光栄にも、 私が日本人代表として、その研究所の 産前産後栄養コーチとして 一緒にお仕事させていただくことになったのです。 普段も私は健康、幸せのサポートをしていますが、 このお仕事は、私にとって使命ではないかと 感じました。 冒頭のスクリーンショットは、 国際女性デーの日であった先週の金曜日、 Marが自身のインスタグラムに 私をタグ付けして投稿してくれたものです。 投稿内容は、 下記インスタをみてくださいね。 (私の方は日本語です) *彼女のインスタ:@mar_de_carlo  私のインスタ:@misakiholistichealth このプロジェクトは、 まだまだ始まったばかりで、 今私は必死に講座の翻訳をしている段階ですが、 これをお読みの皆さんにも またこれから詳細をアップデートしていきますね。 たくさんの女性のサポートをしていけること、 これからもとても楽しみです。 実はもう1つ、 これは後から気づいたことなのですが、 3月12日は私が去年、 夫と初めて会った日でした。 今思うと、亡くなった妹からの ささやかなプレゼントだったかもしれませんね。