CATEGORY 海外生活

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

大きな努力なくても簡単に目標達成できる、Low-hanging fruitで自分の枠も超えられる!

  あなたには今、”ハードルが高くて手が届かなそうだな” と思っていることはありますか? 今日は、ニューヨークのミッドタウンにある、ブライアントパークで動画を撮りました。 今日の動画は、世界最大のホリスティック栄養学校でも学んだ、 自分が今持っている枠を超えることができるような、 楽しく生き生きできる考え方の部分、心の栄養について、 大きな努力をしなくても 簡単に達成できる目標、簡単に解決できる問題(Low- hangng fruits)、 についてお話しています。 6分で終わるので、(2倍速なら3分) 下記クリックしてぜひご覧くださいね。 字幕つきで見れるので、音声なしでも内容掴めます。     文字で読みたい、という方は下記より。 今日は、ニューヨーク、マンハッタンのミッドタウンにあるブライアント・パークに来ています。 実はここは、夏は芝生のある公園なのですが、冬はこんな風に芝生がアイススケートリンクに変わります。 スケート靴持ってる人は無料でこのスケートリンクを使えます。 実は私は会社員時代(2年くらい前まで)このすぐ近くのオフィスで働いていました。 いつも出勤するときにこの公園を通ってたのですが、冬に、出勤前にスーツを着たニューヨーカーがこのスケートリンクでスケートをしているのを見て、わー、かっこいいな、私も出勤前にスケートして会社に行ったら、どんなに朝気持ちよく一日をスタートできるだろうなって思ってたんです。 でも、私は小さい頃に家族と一緒にスケートを数えるくらいしかしたことがなくて、大人になってから、一応NYに来てすぐの頃、友達と一緒にこのリンクで一回だけ滑ったことあったのですが、もう滑り方も忘れていて、私の中では当時、恐怖しかなく、全く滑れなくなっていたんです。 自己流でやるのは無理だと思っていたので、滑れるようになるには、習うしかないと思ったんです。 私の家から近いところにスケートリンクがあって、そこでスケートのクラスもあったので、娘もちょうどその頃、スケート習いたいと言っていたので、一番身近にいる娘がやりたいと言ってるなら、ついでに私も習っちゃおうと思いました。 そこで、3年くらい前に、スケートのクラスを取りました。 そしたらなんと、普通に滑ることは、めちゃくちゃ簡単だったんです!でも、スケートのコーチから習ってなかったら絶対できなかったと思います。 コツもあるし、やっぱりコーチに手取り足取り教えてもらえたので、本当に滑れるようになったのは、クラスをとった一日目からできるようになりました。 〔大きな努力をしなくても〕簡単に達成できる目標、簡単に解決できる問題(Low- hangng fruits)ということをお伝えしましたが、自分ができないことって、何もしなければできないのは当たり前なんですが、ハードルが高いと思う必要もないと思います。 Low hanging fruitsって、 [低い位置にぶら下がっている果実)ということなのですが、低い位置にぶら下がっている果実って、もぎ取りやすいですよね。 スケートできるようになりたいな、と思っていることって、私の中ではその頃、大人になってから友達と一回滑って全く滑れなかっていう経験があったからこそ、ハードルが高いと思ってたんです。 でも、低いところに、「できないなら教えてあげますよ」という、スケートのレッスンがあったんです。すごい身近に。そのクラスに申し込むこと自体は、全くハードルの高いことではないではないですよね。それこそ、低い位置、しかも、ビギナークラス、というのがあったので、ものすごくもぎ取りやすい、手が届きやすいところにあったんです。まさにLow hanging fruitsだったわけです。 しかも、コツを教えてもらって、私が目標にしていた、滑れるようになる、というのは努力しなくても、簡単にできたんです。 そのあと、実はちょっとハマってしまって、ビギナーからアドバンスまで行ってレベルも上がり、しかも娘がすごく上手になってしまったので、負けちゃいられんと思って、本当は大人のクラスはアドバンスで終了だったのですが、それも終わっちゃったので、コーチに頼んで、娘と同じクラスも取りました。自分が思った以上にできるようになって、しかもその枠も超えたいなと思うくらいになったんです。 私はしかも、そのスケートのクラスでたくさんの面白いニューヨーカーとの出会いもあって、そこからいろんなつながりがあったり、というのもあって、私が最初に思っていたのはただ滑りたい、ということでビギナークラスで学ぶ、という低い果実(Law hanging fruits)をとっただけのことだったんですが、そこからもっと良い収穫ができてすごいよかったなと思っています。 皆さんも、ちょっとでも興味のあることとか、気になることとかあったら、できない理由を先に考えるよりも、チャンスってすごい低いところにあったりするので、そこをとりあえずもぎ取ってみる、というところから始めてみるといいと思います。 今日は、私がホリスティック栄養学校でも学んだ、自分がいま持っている枠を超えることができるような、楽しく生き生きできる考え方の部分、心の栄養〔大きな努力をしなくても〕簡単に達成できる目標[目的・仕事]、容易に解決できる問題(Low- hangng fruits)についてお話しました。 もし今日の動画で気づきなどあればぜひ、Youtubeでいいね!ボタンを押していただけると嬉しいです。 まだ私のメルマガ、LINE@に登録されていない方は下から登録してください。 いつもありがとうございます^^

シングルマザーから結婚への話

どんどん良くなる私達の夫婦仲の秘訣

  あなたの夫婦仲、 恋人の仲は良好ですか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 私は未婚のシングルマザー11年歴の後、 去年の春に今の夫と出会い、 11月に結婚しました。 私が夫ととても良い関係を築けているのには たくさんの秘密があります。 まずは私がホリスティック栄養学を学んでいたこと。 そこでただの食べ物の栄養学だけでなく、 人間関係や環境、ストレスに関しても 学んだことはとても大きかったです。 さらに、私は管理栄養士で アメリカではホリスティック栄養学を 学んだので、料理も好き。 夫はシェフなので、 お互いの料理を美味しく楽しく 食べられる、 そしてたまに一緒に料理をしたり、 美味しいものを食べに行ったりするという 共通の趣味があったのも私達の仲の秘訣の1つ。 動物が好き、 旅が好き、 自然が好き、 ということも共通。 でももう1つ、 秘密があります。 それは、私が 「こんな夫婦になりたい!」 と思っていた憧れ夫婦から、 しっかりと幸せ夫婦の法則を 学んだこと。 その夫婦とは、 ゆるふわ幸せ夫婦の リュウさんとよしこさん。 去年私が受けていた 塾で出会った夫婦です。 本当にいつも二人とも 仲良くて幸せで、 ああ、私達もこんな風になりたい! と思い、体験セッションを受けてみたのがきっかけ。 体験セッションでも素晴らしいセッションをしてくださり、 即、本セッションに申し込みました。 体験セッションに申し込んだ時も、 夫との関係が悪かったわけでもなく、 むしろ良い方でした。 だけど私にとって、 初めての結婚、 これからも夫とずーっと 今よりももっともっと幸せでいたい! そう思うからこそ、 より良い関係を築くために ゆるふわ夫婦のセッションを 受けています。 毎回のセッションで、 私が夫の妻としてだけではなく、 人間としてとても大きく成長しているのを 感じています。 自分との関係をしっかり良くすることを リュウさん、よしこさんは 夫婦関係を通しても教えてくれます。 これだけでも、 恋愛も夫婦関係も、仕事も全てが うまくいくんですよね。 私のセッションでも大事にしている、 健康・幸せ・生産性。 恋愛や夫婦関係って、 それを全て左右すると思います。 自分との関係をしっかりすることで、 相手に振り回されなくなるし、 相手を思いやることもできるようになる。 リュウさんよしこさんの無料メール講座は こちらから登録できます。 https://yfstp1.ryutoyoshiko.com/7step/?mh ————————————–  本当にいつも どんな人にも幸せを与える夫婦、 リュウさんよしこさん、 私は大好きです! この夫婦から学ぶことは 人生の大きな転機になります^^     私が人をサポートする仕事をしていていつも思うのが、自分のサービスを向上させるためには良いサービスを提供している人の講座も実際受けてみること。そうすることで自分をまず高められる。そして自分を高めることができたら、他の人のサポートの質も高めることができる。 自分を高めたいと思う人は、ぜひ気になる講座はどんどん受けていくといいと思います。掛け持ちでもね。 私もいくつかの講座やセッションを掛け持ちで受けてるんですよ。学びがとても多いです。   私のホリスティック栄養学講座、ビジネスコースのお問い合わせはLINE@で友達申請後、メッセージくださいね。

海外生活

アメリカで陪審員の召喚状が来た!何が起きても焦らないために

  急に断れない予定が入った時に 焦らなくても良い準備はできていますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 昨日、私に アメリカ合衆国連邦地方裁判所から 陪審員の召喚状が届きました。 アメリカでは 陪審員はアメリカ市民権保持者の義務です。 私は実は、 アメリカ永住権保持者ではなく、 アメリカ市民権保持者、 いわゆるアメリカ国民。 陪審員に選ばれるかどうかは 陪審員の召喚状に書かれている 裁判の日の前日の午後5時以降に 裁判所に電話をして、 当日陪審員に選ばれるかどうか 確認し、選ばれた場合は 必ず出頭しなければなりません。 しかも、裁判は最低2日。 裁判が終わるまで続くので、 長い時は3週間もかかるとか。 さらに裁判所が家から2時間ほども 離れた遠い場所。。。 *因みに、アメリカ国民ではない、 永住権保持者やビザでアメリカ滞在中の人でも なぜか召喚状が送られてくることはあるようですが、 アメリカ国民でなければ陪審員になれないので ご安心を。書類は出さなければいけないようですが。 陪審員になると、 一日50ドル(5400円程度)支給されるそう。。。 プラス交通費の支給があるのですが、 一日たった50ドルとは・・・・!!! もし3週間も続いたら。。。 たった750ドル・・・(ー。ー) 3週間も行って81000円。。。 これはキツイ。 どうかどうか、 選ばれませんように。。。 しかし、 選ばれてしまった場合は 国民の義務なので 行かなければなりません。 こういう、 予期してないことが 起こることは人生の中で よくあります。 もちろん状況にも よりますが、 できるだけどんな状況になっても 焦らない準備をすることは大事。 でもこの3つを頭に入れておくと 焦らないで過ごせるようになります。 <1つ目:完璧主義にならない> 日頃から小さなことにも 完璧主義になる習慣のある人は、 とにかく全てが完璧じゃないと イライラしてしまう傾向に。 急に断れない予定が入った時には 優先順位の低いもの、 それほど重要ではないことは 後回し、もしくは 少し力を抜くくらいの 柔軟性が大事です。 そうすることで、 時間にも気持ちにも余裕が持てます。 <2つ目:予定を入れすぎず、 1つ1つの予定は多めに時間配分を取る> 完璧主義にならないことで 時間の余裕はかなり できますが、 最初から予定を 入れすぎないことも大事。 いつも予定を入れすぎる人は、 断れない予定が入った時、 全ての予定をずらす必要があり、 それが焦る原因になることも。 そして、1つ1つの予定に 余裕を作るようにします。 例えば1つの作業が 少なくても30分で終わるのであれば 1時間の枠を取ったり。 でもこれね、 逆を言えばどうしても終わらせたいものがある時は、 逆に自分が焦るくらいの 短い時間枠にすると 予定よりも早く終わります^^ ちょっと話はそれましたが、 こういう柔軟性も心の余裕としても 必要ですね。 <3つ目:責任感を感じすぎず、 周りの人にも責任を期待しすぎないこと> 重要な仕事や家事など 普段自分に割り当てられたことって あると思います。 でも、それをどんな時にでも やんなきゃいけないって思ってしまうと、 それだけで心に余裕がなくなります。 そして、自分が選ぶことのできない 絶対に断れない予定が入った時に どうしようと困ってしまうわけです。 だから私は普段から、 責任感を感じすぎず、 周りの人にも責任感を 期待しすぎないように 柔軟に対応できるようにしています。 自分に緊急のことや 他に優先すべきことが ある場合もあることを…

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

私の人生が大きく変わった世界最大のホリスティック栄養学校の無料説明会

  今年は何か新しいことにチャレンジを! と思っている方も多いと思います。 あなたの新年の抱負、ぜひ私にも教えてくださいね。LINE@でメッセージいただけましたら100%お返事させていただきます。   さて、今日はお知らせです。 私の人生が大きく変わった、 世界最大の栄養学校の、オンライン無料説明会を 日本時間1月9日水曜日22時より行います。 お申し込みはこちらから。 http://misakiharada.com/page-1195/ *ちなみにすでにこの学校に入学された方、 卒業された方は説明会には参加できませんので ご了承ください。 学校の講義は全て英語ですが、 オンラインでいつでもどこでも 受講でき、さらに受講生は 世界中から集まっているので、 ネイティブほどの英語力は 必要ありません。 チャレンジしたい! ついでに英語も頑張りたい! という人にはとても良いチャンス。 今日の写真は、 私が学校の受講生と、 学校の創設者のJoshuaと一緒に撮った、 あるイベント後での一枚です。 2012年のなので、随分昔ですね(笑)。 本当にこの学校で学んで 大きく私の人生変わりました! 起業したこと、 自分のユニークなビジネスを作れたこと、 結婚できたこと、 心から幸せだと思えるようになったこと、 心身ともに健康を手に入れられたこと、 全てのことに繋がっていったのは、 この学校を卒業してからです。   そんな世界最大のホリスティック栄養学校で 学ぶことのメリットと卒業後のキャリアを ご紹介しますね。   男女問わず、講座内容が在学中、卒業後もライフタイムで使えるセルフケアにとても役立つこと。 健康は一生のうちで大切にしなければならないとても重要なこと。食べ物はもちろんのこと、その他環境やストレス、運動、人間関係やキャリアの面など、健康を取り巻く様々な背景を総合的に学べることは人生を大きく変えることにもなります。 ご自身の健康を整えることで、ご家族の健康もサポートすることができます。 卒業後、ヘルスコーチとして活躍することができます。ヘルスコーチとして名乗れるのは、資格を有する人だけです。 卒業生の中には、ヘルスコーチ以外にもヨガのインストラクターをしながらコーチングをしている人や健康に寄与する商品やスキンケア用品の開発、販売を行っている人、料理教室を開催している人、本の出版をされている人など、様々な活躍の場があります。 世界中に在校生、卒業生がいるので、この学校を通して様々な国の人との交流もできます。 在学中、卒業後も、世界各地でイベントや交流会などが開かれており、活躍している人とのネットワークも広げることができます。 さらに詳しくは、こちらから。 http://misakiharada.com/page-1195/ もしどうしても、1月9日ご都合が悪い! という方はこのメールに返信する形で ご相談ください。 今年はじめの入学時期は迫っていますので、 ご連絡は来週いっぱいまでにくださいね。   それではまた!

シングルマザーから結婚への話

お年玉企画!新年の抱負を叶えるための無料アドバイス

    <新年の抱負はなんですか?> 皆さん、明けましておめでとうございます^^ お正月はどのようにお過ごしですか? 私は家族と一緒に、年末年始は ニューヨークの ロングアイランドにある、 Sag Harborという港町で 過ごしました。 ニューヨーク市内からは 電車で3時間ほど。 実はこのSag Harbor、 NY市内に住む富裕層とは 桁違いの超富裕層が多く住む場所。   夏は港はヨットで埋め尽くされるそうですが、 冬は比較的静かでのんびり。 ここでまた、 すごく素敵な人達との出会いが ありました。 大晦日は 滞在していたところで、 私が年越蕎麦を作り、 素敵なレストランオーナーの方と 一緒に美味しくいただきました。 滞在先の目の前のお店で、 鴨肉が売ってたので、 鴨南蛮風そばにしたところ、 出汁がとてもよく出て 美味しいお蕎麦になりました。 元旦には、 80代でまだまだ現役の アーティストのアトリエにも ご招待していただき、 素晴らしいアートの数々を 見させていただきました。 お節もいただく機会もあり、 久々に日本ぽいお正月。 そして元旦には自宅に戻り、 1月2日は書き初め。 実は私、5歳から習字をしており、 楷書と行書は準師範なんです。 いまだに気が向いた時だけ(笑)、 日本の書道会に出品しています。 多分習字は一番長く続けていることかな。 長く続けてはいますが、あまり頑張っていない(笑)。 ただ、たまに習字で仕事の依頼が来たり、手書きで字を書いたことで得をしたりしたことが人生の中で何度もあるのでやっぱり続けて良かったなと思いますね。 今日のメルマガの写真は 私が今年の書き初めで書いたもの。 言葉の意味はこちら。 1枚目(一番左): 過則勿憚改(過ちを犯したら、躊躇しないですぐさま改めよ)。 2枚目(右上):今年の私の言葉。許すこと。 3枚目(右側真ん中):今も後も楽しく生きようという願いを込めて。 さてさて、皆さんの 新年の抱負は何ですか? お年玉企画として、 新年の抱負を LINE@に送ってくださった方限定で、 無料で新年の抱負を叶えるための アドバイスをご返信させていただきます。 また、先着5名様まで、 Zoom無料相談の特典もありますので、 ぜひお早めに^^ それでは皆さん、 今年も楽しい一年にしましょう! 今年もどうぞよろしくお願いします^^ いつもありがとうございます!

海外生活

3月日本公開の映画、「Mortal Engine」見ました。思い込みって怖い!

  なんかおかしいと思ったんだけど、 そのままスルーしたことはありますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 昨夜、家族で映画を 見に行きました。 「Mortal Engine」 日本では来年3月に公開。 個人的にも11歳の娘にも 面白かったので、 オススメです。 あらすじ書くのはめんどくさいので、 気になる人は ここから見てください(笑)。 https://www.cinra.net/news/20171219-mortalengines 実はこの映画、 私たちはIMAX 3Dで見たんです。 そう、3D専用のメガネかけてね。 最初から夢中で見てたんですが、 ちょうど盛り上がってきた いいところで、 なんと突然画面が真っ暗に。 一瞬会場は静まり返り、 何が起こったの? という感じでした。 数秒後、係の人が出てきて、 「ごめんなさい。これから3Dで上映します。」 と。 「え?!!!これまでの3Dじゃなかったの?!」 始まって10分は経っていたはずなのに、 3Dじゃないことに誰も気づかず、 夢中になっていた。 3Dメガネまでかけてたのに 誰も気づいていない(笑)。 私は3D映画、 久々だったので、 メガネを外して画面比較も していたんですよ(笑)。 それなのに、 なんか臨場感ないなぁと 思ったような思わなかったような、 そんな感じで特に気にせずに そのまま夢中になっていた。 会場も、 「なんかおかしいと思ったんだよ」 という声もちらほら。 おかしいと思ったような気はしたけど、 多分はっきり気づいていた人はいない。 言われてやっと気づいたんです。 結局また初めから、 3Dで上映が始まりました。 本物の3Dは明らかに違う(笑)。 ほんと、思い込みって怖いですね。 実は日常から、 誰もがこういう思い込みって とてもたくさん経験しているんです。 3D映画を2Dで見せられていたくらいのは 別にどうでもいいですが、 あなたの中にも とても怖い思い込みって 実はたくさんあるんです。 「本当はチャレンジしたいのに、  今のままが安心のような気がする」 「自分にはきっとできないような気がする」 「まあ毎日きついけど、  人生こんなもん」 これってぜーんぶ、思い込み。 思い込みって、 誰かに言われないと 気づかないこともあるんです。 2Dを3Dだと思っていたように(笑)。 しかも思い込みのまま夢中になっていたなんて。 早く気づいた方が 得だと思いませんか? 思い込みを取っ払うことで、 もっともっと楽しめる スクリーンが 待ってるんですよ。 ちょっとおかしいと思ったら、 そのままスルーしないで、 自分の変な思い込みを 取っ払い、 自分の本当に楽しめる スクリーンを見れるようにしましょう。 私はあなたの 本当に楽しめるゴールに 一緒に導くことで、 あなたの未来を大きく変えることができます。 気になる人は、 ご連絡くださいね。

海外生活

彼のせいではない!あなたのせい!

  身近にいる家族に 困ったことはありますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 私は9ヶ月の芝犬の男の子を飼っています。 名前はMax。 この子、とってもいい子なんです。 というのも、とてもフレンドリー。 ドッグランで 他の犬が荒く遊び始めたり、 吠え出したりすると すぐに駆け寄り、 仲介しようとします。 生後3ヶ月でうちに来た時から、 猫2匹と暮らしているせいか、 猫にもとても優しい。 でもですねぇ。 あまりにフレンドリー、 あまりに元気いっぱいで、 いまだに人にジャンプして 喜びを表現する。 ジャンプはダメよと 何とか訓練するのだけれども、 やっぱり私が彼を十分に訓練できてない。 夫はまだMaxは子犬なんだから、 と言うし、 犬好きの人はジャンプされると もっと可愛がってくれる。。。 そしてMaxはもっとジャンプする。。。 私の、Maxに対する訓練の 本気度が足りないのですわな。 今朝、犬の散歩に行くときに、 エレベーターで同じビルに住む、 犬を2匹飼っている人に遭遇。 この方がいつも、 Maxの躾について、 色々とアドバイスをくださる方でして。 今日もジャンプしようとした Maxを見て、 犬の躾をもっと厳しくしなきゃと アドバイスを受けました。 そしてその方が一言。 「君の犬はとてもいい子なんだよ。  彼(Max)のせいではない。  あなたのせい!」 と笑って言ってくださいました(笑)。 もちろんその方、 悪気があった訳でもなく、 意地悪でも何もありません。 ただ、 「彼のせいではない、 あなたのせい」 は結構ずしっときましたね(汗)。 図星ですから(笑)。 人と猫に対する 接し方は私は慣れている方なのですが、 犬は20年ぶりに飼ったし、 前の犬はすでに躾けられていたので 躾は慣れていないんですね。 でも、人も猫もそうですが、 本当に、自分が相手に どう接するかで 相手は確実に変わります。 厳しすぎるのもよくないし、 甘やかすのもよくない、 相手に知識がなければ 教えてあげる必要がある。 クライアント様もそうですし、 家族(人間の)もそうです。 知らないと、できない。 それは当たり前。 きちんと行動ができるまで、 変われるまでサポートするのが 私の仕事。 夫に対しても、 出会ってから今までで、 お互いがお互いを随分大きく良い方向に 変えることができました。 犬に関しては、 甘やかしてしまうあまり、 そこまでサポートできてなかったので、 「彼のせいではない、あなたのせい」 と言われてもおかしくないですね。 あなたの身近にいる家族で、 困ったことはありますか? 身近な人は特に、 あなた次第で変えられることって たくさんあるんですよ。 「彼のせいではない、 あなたのせい!」 て、言われたくないですね(笑)。。。 今後、どうやったら 身近にいる人を変えていけるのかも お伝えしていきたいと思います。 さぁ私は今から、 ドッグトレーニングを 本格的にやろうと思います(笑)!

チャレンジするためのマインドセット

私がニューヨークで仕事を始めたわけは?

  メルマガ読者様からいただいたリクエスト、 「美咲さんがどうやって英語を勉強したのか、ニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、是非聞いてみたいです。」 ということについて、前々回より、シリーズで書いています。 今日は、私がニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、についてお伝えしますね。 英語の勉強については、前回、前々回のを読んでくださいね。 実は私は、 ニューヨークで仕事をしようなんて、 これっぽっちも思ってもいなかったんですよ。 大学卒業後、就職課から呼び出され、ニューヨークでの求人を聞くまでは。 大学時代、 初めてオーストラリアに 短期語学留学をしてから、 海外に行きたいという気持ちが強く、 卒業後は海外に行きたいと 思っていました。 でも特に何をしたいという 特別なことはなかったんです。 ただ海外に行きたかった。 国もどこでも良かったんです。 だから周りが就職活動をしている間、 私は就職活動は一切せず、 大学の図書館で一人で映画鑑賞したり、 本読んだり、英語塾に行ったり、 バイトしたり。 そうしながらも、 どうやったら海外に行けるか 常に考えてましたね。 一番手っ取り早そうな、 オーストラリアでのワーホリを考え、 ワーホリビザまでは取りました。 だからワーホリ行く気満々だったんですけどね。 ニューヨークに就職が決まったので、 結局ワーホリは行きませんでした。 せっかくとったビザも捨てました。 大学の就職課には、 卒業後の希望進路として、 「海外に行きたい」 ということは前々から 伝えていました。 周りの友達は進路が決まる中、 私だけ決まってない(笑)。 でも焦りは全くありませんでした。 だって私は私、と思っていたから。 それが、とってもラッキーだったんです。 なぜなら、私が大学の就職課から呼ばれたのは 卒業して2日後のこと。 「ニューヨークでの求人」は、 みんなの就職活動ピークから 大幅に遅れて出た求人だったんです。 私が就職活動してなくて良かった。 「海外に行きたい」という希望を 出してて良かった。 人に流されていなくて 自分のことに集中していて良かった。 就職課の人から、 「ニューヨークで求人があるんだけど、  行きませんか?」 と言われた時、 自由の女神がパッと見えました^^ 「はい」と返事をするのに 一秒もかかったでしょうか。 仕事の中身も聞かず、 会社名も聞かず、 すぐに即決しました。 その仕事は、 マンハッタンにある 日系おむすびカフェの アシスタントマネジャーの仕事。 そしてその話を聞いて 1ヶ月後には、 ニューヨークにいました。 本当に、人生何があるか 分かりませんね。 その時から、私はそう思ってます。 だからこそ、 本当にやりたいことを いつも大事にしています。 妥協はしません。 人の目も、気にしません。 妥協していたら、 本当にやりたいことの空間まで 失ってしまうから。 本当にやりたいことを いつでもできるような空間を 作っておけば、そこに ふわっとラッキーが舞い込んでくる。 やりたいことをやってたら、 そのラッキーを掴める余裕もある。 実は、ニューヨークに就職するなんて これっぽっちも思ってなかったのは、 海外に行きたいとは思ってたけど、 アメリカなんて行ったこともなかったし、 憧れすぎて、 逆に一番遠い国だと思っていたからなんです。 でもそんな遠いと思っていた国に 行けるチャンス、 話を聞いて迷う暇はありませんでした。 あの時、遠いと思っていた国が 私の一番身近な国になっている今。 そうなれたのも、 あの時自分の本当にやりたいことを 大事にしていたから。 メルマガ読者様のご質問の、 「ニューヨークで仕事をしようと  なぜ思ったのか」 に関しての回答としては、 「ニューヨークで仕事をしようとは  自分からは思っていなかったけど、  海外に行きたいという強い気持ちを…

海外生活

私がどうやって勉強したのか?(パート2)

メルマガ読者様からいただいた リクエスト、 「美咲さんがどうやって英語を勉強したのか、  ニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、  是非聞いてみたいです。」 ということについて、昨日からシリーズで書いています。 ちなみに今日、 わざわざリクエストいただいたご本人より、 お礼のメールをいただき、 とても嬉しかったです!! すぐに感謝の言葉を素直にくださる 心の素晴らしい方から 心のこもったメッセージをいただくと、 本当に幸せな気持ちになりますね^^ さて、今日は英語勉強についてのパート2。 昨日は具体的な勉強法というより、 考え方やあり方、マインドなど、 英語勉強はもちろん、 その他のことにも繋がる肝になる部分を お伝えしました。 まだ読んでない方はパート1からぜひ読んでくださいね。 今日は実践編。 私が実際に英語勉強で何をしたかというと。 とにかく、 人に話しかける、 人に聞きまくる、 とにかく英語を使う! これです。 つまり、 「勉強する」より 「使う」です。 日本人が英語を使うにあたり、 一番ヤバいなと感じるのは、 シャイになること。 そして、完璧を求めすぎ、 失敗を求めすぎて、 せっかく使える英語なのに 使うのを躊躇してしまうこと。 私の英語力、 まだまだネイティブには 程遠いですが、 英語を使うことに対して、 シャイな気分はありません。 ずっと使ってるから。 それは美咲さんがニューヨークに住んでるからでしょ?? 日本に住んでる私たちはできないじゃん。 と思う人もいるでしょう。 確かにそれはあるかもしれません。 でも私は、日本にいる時から できるだけ英語を話す人と 関わっていましたし、 そういう環境に身を置いてました。 道に迷っている外国人に、 自分から声をかけて教えてあげてましたし、 (つたない英語でしたよ 笑) 月謝一律、無制限で通える英語塾に 毎日のように行ってました。 貧乏学生の私は、 当時一ヶ月一律8000円、 予約したら行きたい放題の 個人経営のその塾に 自転車を1時間飛ばして 通ってましたね^^ (もう15年ほど前の話です) 頑張る人には必死でサポートしてくださった、 その英語の先生にも 本当に感謝しています。 そうそう、 実はその無制限サポートは、 今の私のプレミアムビジネスコースの中にも 臨時セッション無制限として 取り入れています。 あの英語の先生のように、 私の都合と合えば 臨時セッションいつでもOK。 もちろんメール相談無制限。 だから本気で頑張ってる人は 本当にガンガン、 私を利用してくれてます。 もちろん単に なんでもかんでも聞けばいい、 というものではなく、 しっかり自分で先に思考してから、 ということは皆さんよく 守ってくれてますので、 私のクライアント様は 思考力が高い方がとても多い。 英語はアウトプットできる相手がいることで、 ものすごく上達します。 英語だけに限らないですね。 こうして、普段から 自分でどんどんアウトプットし、 実践できるように、 不明点があったら 自分で先に考えて、 分からなければ人に聞く。 そうすることで 分かるようになり、 ハードルを下げることができるので、 実践がしやすくなるんです。 英語の会話の中で 私は分からない単語や意味が出てきて、 自分で考えてもどうしても分からない時は、 それってどう言う意味? とすぐ聞きます。 翻訳アプリなどで調べるより、 記憶に残りますね。 もちろんこれは、 シチュエーションにもよりますが。 すぐに聞けるような相手…

海外生活

私がどうやって英語を勉強したのか?(パート1)

  先日、メルマガで 今一番気になっていること、 今後メルマガで取り上げて欲しいことの アンケートをさせていただきました。 ご協力いただいた皆さま、 本当にありがとうございます! ブログ内でも今週いっぱい、 アンケートを募集したいと 思いますので、この機会に 取り上げて欲しいこと、 たくさん書いてくださいね^^ 30秒で終わります!    ↓↓↓ https://goo.gl/forms/stq60m6u0TDzWXWQ2 ちなみに、メルマガ登録は、このブログの下の方にリンク載せてます。   アンケートより、 「美咲さんがどうやって英語を勉強したのか、  ニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、  是非聞いてみたいです。」 というリクエストをいただきました。 これ、めちゃくちゃいい質問です! ありがとうございます^^ お伝えしたいことたっくさんあるので、 数回に分けて書きますね。 今日はまず、 「私がどうやって英語を勉強したのか」 の肝になる部分、パート1 をお伝えしたいと思います。 パート2以降と、 私がニューヨークで仕事をしようとなぜ思ったのか、 についてはまた次回以降のメルマガとこちらのブログで 数回に分けてご紹介しますので、 楽しみにしていてください^^ 多分このシリーズ、 結構続きます。。。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「私がどうやって勉強したのか」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 中学、高校では 英語の成績は別に普通。 それほど興味がある、という訳でも ありませんでした。 というより、 高校の時は、 英語の授業でいつも居眠り、 授業中に立たされる、 ということもありました(笑)。 ただ、私は小学生の時に、 中学生だった私の兄が 母のすすめで 毎朝6時半からNHKラジオで 「基礎英語」を聞いてたので、 寝ぼけながらも それが耳に入ってました。 だからその時のフレーズとか、 残っているものもほんの少しだけは、 あるかもしれません。 でも一番はっきり覚えてるのは、 神保尚武(じんぼひさたけ)先生と、 ハリエット・セイコンさん、 そして、デイビット・シルモラーさんという 基礎英語の講師の名前(笑) だからあまりたいして 英語学習と基礎英語は 関係ないかもしれません(笑) そして、本格的に英語を学びたい! と感じるようになったのが、 大学2年の夏。 姉妹校だった オーストラリアの メルボルン大学に 三週間の語学留学に行った時です。 その時のオージーホストファミリーが もうとってもよい人達で^^ 本当に使える英語を、 文化的なことも含め、 色々教えてくれたんです。 一番最初に衝撃だったのが、 ホストマザーが 迎えに来てくれた時に、 スーツケースを持ってもらった時。 日本人の「すみません」、 という感覚で、 私は「I’m sorry.」 と言ってしまったんですね。 そうすると、 ホストマザーが優しく、 「Not sorry, ”Thank you” (すみませんじゃなくて、「ありがとう」よ)」 と教えてくれたんです。 これで私の英語勉強に対する考えが ガラッと大きく変わりました。 ただ単語を覚えたり、 ひたすら練習する、 というのも大事だけど、 それよりも大事なことがあった、と。 それは、 日本人の考え方の感覚ではなく、 その国の人の感覚でいることが大事なんだって 思ったんです^^ 「すみません」という 控えめな日本人感覚ではなく、 「ありがとう!」という パッと明るい感覚。…