CATEGORY 海外生活

海外生活

ベジタリアン生活2年。ニューヨークマラソン参加。

  ニューヨークもだんだんと涼しい季節になってきました。 食欲の秋、運動の秋ですね。 今日のタイトルで、私のことかなと思った人も多いかもしれませんが、残念ながら私のことではありません(笑)。 私が以前働いていた職場で とっても真面目で 頭の良いアメリカ人の 同僚がいました。 まだ20代半ばの彼とは、 2年ほど一緒に働いていました。 最初にオフィスで会った時は 普通の体型だったのですが、 2年ほど前からベジタリアンになり、 そこからなんと みるみるうちに筋肉がつき、 たくましくなっていきました。 彼がベジタリアンになったのは、 肉類の健康における害や 環境問題を考慮してのこと。 もちろん肉類でも 体に良いものもあります。 ただ、もし良いものを 食べるのであれば 最上級の質のものを 選ぶしかない。 その辺のスーパーに売っているものは、 添加物や抗生物質などの リスクがあります。 少し上級の肉でもそうです。 彼がベジタリアンになったのは、 肉を食べるなら 最上級のものしか食べられない、 それならばコストがかかりすぎる。 ならばもうベジタリアンに なってしまおう、 ということからでした。 因みに彼の腕には、 スイスチャード(フダンソウ)の タトゥーがあります(笑)。 そんなタトゥーをしている人、 あまり見たことないので、 スイスチャードのタトゥーを ニューヨークでみたら きっと彼でしょう(笑)。 私は今の所ベジタリアンでは ないけれど、 ホリスティック栄養学校で学んだ、 100種類以上の食事理論の中で ベジタリアン食も学びました。 私も環境問題、健康のことなど 色々と総合的に考えると、 ベジタリアンになることが 良いのかなと思うことが よくあります。 ゆくゆくは、 そうなることも あるかもしれませんね。 因みにベジタリアンになった元同僚は、 仕事もとても真面目、 礼儀正しい、 最近の20代とは見えない 素晴らしい人。 そんな彼が、 今年の11月に行われる、 ニューヨークマラソンに 出場することになりました。 今回は がん治療と戦う子供達の ファンドレイジングも 行うそうです。 寄付はこちらから可能です。 1分でできます。 http://bit.ly/2ptWMrN 毎日小さな体で がんと戦う子供たちを 少しでも救えるなら。 普段無駄に使っているお金があれば、 それを一回分でも 寄付に回していただける 少しでも多くの方の心があると 世界が変わっていくと思います。 因みにアメリカは、 色んな場で寄付をする機会があります。 子供の誕生日パーティでも どこかの寄付団体に寄付するために、 パーティ参加者に ファンドレイジングを いただくこともよくありますね。 因みに私のサービスでも、 売り上げの一部は、 Tabel for Two USA(TFT)に寄付し、 発展途上国の子供達の 給食に当てさせていただいています。 私がTFTの社長とお話をし、 Health Coach For Twoという 企画を提案したのです。 お金をいただいたなら、 そのお金を全て使うことなく、 本当に困っている人たちに 回してあげることで、 さらにお金の循環がやってきます。 これをお読みの方の中にも ヘルスコーチの方は いらっしゃると思います。…

幸せ

ニューヨークからフロリダまでの車の旅に行ってきました

  先週一週間、 フィアンセと愛犬と共に、 ニューヨークから フロリダまで、 車の旅をしてきました。 行きに立ち寄った州は、 ペンシルバニア、 ケンタッキー、 ノースカロライナ。 その他にも ニュージャージー、 デラウエア、 メリーランド、 ウェストヴァージニア、 ヴァージニア、 テネシー、 サウスカロライナ、 ジョージアを通っていったので、 今回1週間だけで、 11もの州を 車で通ったことになります。 10歳の娘は、 先週から学校が始まってしまったため、 週末に一人で飛行機で ニューヨークからフロリダまで飛び、 私たちと合流。   今回の旅の第一目的は、 私のフィアンセの家族、 友人に会うこと。 素晴らしい家族、友人で 私も娘も温かく迎えてくれて、 本当に幸せなことだと感じています。 特にフィアンセが昔住んでいた ケンタッキーでは、 自然がまだまだたくさん残っており、 犬は放し飼いでも ずっと着いてくる。 彼の友人の犬が、 シティ育ちの私の犬に、 川に入ること、 飼い主に着いていき、 先頭に立ってみんなを守ることを 教えてくれました。 山の中でも頼りになる犬でした。 なぜか自然の力ってすごい。 高所恐怖症の私でも、こんな岩を素手で登り、一番ピークに立った時はすごく気持ちよかったです! 舗装されていない水たまりたくさんのガタガタ道を車で走ったのも楽しかった!   フロリダでは、海でBBQをしたり、のんびり。 フィアンセの実家の近くはのどかな場所。 私の愛犬も、 心も体も大きく成長した 旅でした。 PCも持っては行きましたが、 一週間、一切使うことはなく、 とにかく自然と人を 感じる一週間でした。 こういうことができるのも、 私が自分で自分の仕事、生活を コントロールできるようになったから。 数年前は考えられなかったことです。 毎日泣いていた時期があり、 乗り越えるために 色んなことをしました。 勉強もしたし、 仕事もすごく頑張ったし。 きつかったですね(笑)。 でも、今思うと、 そんなに踏ん張る必要はなかったなと。 去年フルタイムの仕事を辞めて 肩の力を抜いてから、 本当に幸運が次々と舞い込むように なったのです。 自分や家族に向き合う時間と余裕が できたからでしょうね。 1つ言えるのは、 変わろうと思って変わる時、 それには必ず誰かの支えがあることです。 その誰かとは、 家族や友人はもちろんですが、 普段の生活では 会うことのない人たちです。 私の場合は、 コーチやコンサルの方でした。 私が自分で自分を変えようと 思っていなかったら 興味もなかった人たちだと思います。 コーチやコンサルを雇う時、 もちろん始めは 不安もありました。 でも、金融投資よりも、 人生を大きく変え、 しかもリターンは 大きい上にアンリミテッド。 自分一人でやろうとしたり、 家族や友人などの いつもコンフォートゾーンにいる人たちとだけと 話していたら、 きっとここまで変われなかったと思います。 自分の中にないものを 自分に注入するには、 コンフォートゾーンの先にある 本気でサポートしてくれる人がいると 本当に大きく変わります。 自己流で変われてないと感じているのなら、 いつもとは違うことをして 変わるしかありません。 今の状態があなたにとって…

創造性

自分の好きをとことん表現するのがうまいニューヨーカー

  あなたの「好き」は何ですか? とことん表現できていますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 私が住むニューヨークには、 街中で色んなパフォーマーを見かけます。 町中がパフォーマンス会場^^ ニューヨークの街では 音楽やパフォーマンスは 日常茶飯事なので、 毎回足を止めている訳ではないですが、 数ヶ月前ですが仕事の帰りに、 地下鉄に乗ろうとした直前に聞こえてきた バイオリンの音に引き寄せられました。 地下鉄に入ろうとして階段を降りていたのに、 思わず引き返してじっくり聞き入ったほど。 しかも、そのバイオリニスとは、 クラシックじゃなくて、 ヒップホップバイオリニスト。 一緒にコラボしてたチェロの演奏も素晴らしい。 その演奏は私のインスタ(@misakiholistichealth) にアップしているので、 ぜひ見てください! 演奏中は、本当に楽しそうで、 彼らの「好き」の表現が すごく伝わってきて、 どんどん人が集まってきて、 もうとにかくみんな、 そのエネルギーに引き寄せられてました。 もちろんチップもたくさんもらってたし。 好きなこと表現して、 そのエネルギーでまた人を幸せにして、 そして自分もまた楽しくなり、 さらにお金ももらえたら最高ですよね^^ まさに良循環^^ そうやって、知らない人からも お金をもらえる人って、 自分の「好き」を 素直にとことん表現して、 いっぱい人に与えてる人じゃないかな、 と思います^^ 嫌いだけどしょうがないから仕事してる、 という人には、 全くの他人がお金をあげることは まずないですもんね(笑)。 私もこれから、 もっともっと自分の 「好き」を表現していきたいな と思いました。 ちなみに同じバイオリニスト、昨日もタイムズスクエアで演奏していてみんなの注目のまとでした。 ◆今日のヒントのまとめ◆ あなたの「好き」をとことん表現し、 楽しみ、人をも楽しくして、 良循環を広げていきましょう。  

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

NYで提出された勤務時間外の業務連絡禁止法案

こんにちは!原田美咲です。 あなたは、勤務時間外の業務連絡はしていますか? 勤務時間外で業務連絡をすることはストレスに思いますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ ニューヨークでは最近、 勤務時間終了後、 上司からの仕事関連の連絡には 返事をしなくてもよいとする 法案が提出されました。 いつでもどこでも インターネットが便利な 世の中になった今、 プライベートの時間でも 仕事の業務連絡が入るのは 普通になってきましたよね。 お勤めをされている方にとっては、 勤務時間外に業務連絡が来ることが 結構苦痛に感じる人も多いのではと思います。 私がフルタイムの会社員だった頃は、 勤務時間外の業務連絡は当たり前。 一応オフィスにいる時間は 9時5時でしたが、 フルタイムは勤務時間はないようなものなので、 家でもよく仕事をしていました。 でも私は、それほど ストレスを感じたことはありません。 この法案が、 いいか悪いかは別として、 まあ確かに、お勤めをされている方にしては、 勤務時間外の業務連絡を迷惑だと考えている人は 多いだろうなと思います。 これが、お勤めではなく、 自分がやっているビジネスや活動に関する 業務連絡なら、迷惑どころか、 受け取って嬉しいものです。 少なくとも私はそう思っていますが、 もちろんそうでない人もいるかもしれません^^; もし、自分がリラックスしている時に 入って来る業務連絡がストレスに感じる場合は、 ストレスをできるだけ感じないようにする 方法があります。 実際に私はフルタイム勤務の時、 オフィスにいる時間外に 業務連絡が来てもそれほどストレスを 感じなかったのはこの方法を 実行していたからだと思います。 会社での業務連絡が来た時に、 優先順位の高いこと、低いものを その都度判断すれば、 優先順位の低いものに関しては、 すぐに対応しなくても良い場合があることに 気づきます。 私が会社勤めをしているときは、 優先順位の高いものはすぐに対応しましたが、 低いものに関しては、時間のかからないものは すぐに対応、 時間のかかるものは 時間のある時に対応、という 振り分けをしていました。 これだけでも、 自分の自由時間が 全部仕事のことで潰れてしまう、 ということは避けられるのです。 そして、自分が業務連絡をする側だったら、 受け取る人の気持ちも考えて、 例えば緊急でない場合は、 メールや電話で、 「緊急じゃないのでお時間のある時で大丈夫です」 という一言を添えるというのも お互いが気持ちよく仕事できる方法です。 NYで提出された、 勤務時間外の業務連絡禁止法案は 可決されるかどうかは分かりませんが、 わざわざ法律に守られなくても 自分でコントロールできる環境を 少しでも整えることで ストレスも軽減して、 生産性も上がるかもしれませんね。 さらにその場で優先順位をすぐ判断できる能力も つくかもしれません。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 勤務時間外の業務連絡は、 緊急性のあるもの、ないものを その都度判断し、 本当に緊急性があるものはすぐ対応、 そうでないものはできる時にする、 という方法を取るだけでも、 だいぶストレスが軽減されます。 あなたの方から業務連絡をする時も、 相手の時間を思いやり、 緊急性のないものは 緊急じゃないことを伝えることも お互いが気持ちよく仕事できる方法です。  

海外生活

〇〇だから〇〇じゃないといけないという思い込みは不要

こんにちは! ホリスティックヘルスコーチ、幸せパフォーマンス管理士の原田美咲です。   あなたが持っている市民権は何ですか? あなたが大事にしている自分らしさは何ですか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 私は2017年12月に、 アメリカ市民権を取得し、 日本国籍を喪失しました。 もちろんアメリカ市民権を取り、 日本国籍をなくすことは メリットデメリット両方あります。 日本人で生まれたことに関しては とても誇りに思いますし、 実質的には私はアメリカ人ということに なるわけなのですが、 心の中では私はまだやはり日本人です。 アメリカ市民権を取得したことを人に話すと、 「え!?アメリカ人になることに抵抗ない?」 と言われることがあります。 正直、全く、ないですね(笑)。 もちろん冒頭でも話したように 日本国籍を喪失することの 一般的なデメリットもあるけれど、 そのデメリットは今の私にとっては そんなに大したことのないもの。 将来自分にとってデメリットになったとしても、 そんな分からないことに関して先に進まないのは 何の意味もないですから。 アイデンティティに関しても、 実質的にはアメリカ人でも、 心の中では自分が誇りに思う 「自分らしさ」のアイデンティティを 持っていればいいんだと思います。 「私は一体、何人なんだろう? 日本人?アメリカ人?」 と思うこともありません。 今後、もし必要性を感じたら、 他の国籍を取ることもあり得るかもしれませんしね。 これって、別に市民権とか国籍にかかわらず、 それぞれのアイデンティティにおいて いえることではないかと思います。 例えば私は管理栄養士免許を 日本で取りましたが、 管理栄養士だからといって こうしなければいけない、 ああしなければいけない、 というものはありません。 だからこそ私は大学卒業後、 ニューヨークに飛び出しました(笑)。 その後は波乱万丈ありましたが、 その場の流れでその都度自分のアイデンティティを 大事にし、流れに乗ってきて良かったと思っています。 これを読んでいる皆さんの中でも 心あたりがあると思いますが、 私は○○だから、 ○○しなきゃいけない、 という思いがある人も 多いんじゃないかなと思います。 皆さんの中で、 この○○に入るものは何ですか? どんな市民権を得ようが、 どんな資格を取ろうが、 あなたはあなたで自分らしい アイデンティティに誇りを持つことで、 自分が本当に望んでいることが 見つかるのではと思います。 もちろん、 大切にすべき人がいる時は、 自分だけ突っ走ってはいけないことも ありますが、 自分が信じている情熱に 力を注ぐことは 結果的には大切にすべき人にも 良いことに繋がるかもしれません。 ◆今日のヒントのまとめ◆ あなたがもっている資格や国籍、 あなたが今いる場所や役職などは 関係なく、 あなたが望む自分らしさの アイデンティティを大事にしてください。 そのアイデンティティは時とともに どんどん変わっても良いと思います。 自分が信じている情熱に 力を注ぐことで、 あなたにとって大切な人にとっても 良いことに繋がるかもしれません。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#65 円周率3.14(パイ)の日、ホワイトデーの日、アメリカ人の過ごし方

ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく 新時代の幸せパフォーマンス管理士の原田美咲です^^ こちらの記事は、2018年、3月14日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#65 円周率3.14(パイ)の日、ホワイトデーの日、アメリカ人の過ごし方   3月14日は何をして過ごしましたか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 日本はもう3月15日ですが、 アメリカではまだ今は3月14日。 3月14日は、 円周率3.14にちなんで 円周率の日、パイの日だそうです。 私の娘が毎週通っているアイススケートリンクの スケートショップにいるおじさんの娘さんは 数学の先生で、 数学が好きなあまり、 3月14日、円周率の日に結婚したそうです^^ 微笑ましいお話ですね^^ ニューヨークでも、 あらゆるお店でこの日、 無料のパイやピザパイのディスカウントを やっているところがあるみたいです。 娘の学校でも、 張り切ってπのデザインのTシャツを 着て来た子がいたそうです(笑)。 一人だけだったそうですが(笑)! 因みに以前、 食育で円周率πの求め方を、 パイを使って教える、というブログを 書いたので、よろしければご参考までに。 http://misakiharada.com/2017/04/10/post-280/ 日本では3月14日は ホワイトデーの日ですが、 アメリカではホワイトデーはありません。 アメリカはバレンタインデーは 男性から女性に贈り物をするのが普通ですし、 女性は楽ですね(笑)。 もちろん、女性から男性に贈り物をするのもありですよ^^ 私はどうやって過ごしたかというと、 このメルマガを書くまでは パイの日のことも、ホワイトデーの日のことも すっかり忘れていました(笑)。 でも、大好きな人達と一緒に 今日もとっても楽しく過ごせましたので、 幸せいっぱいです^^ ◆今日のヒントのまとめ◆ 今日は何の日かなーと考えながら 最近過ごすのが、 リズムがあってワクワクして とっても楽しいです^^ 皆さんも、単純なことではありますが、 今日はどんな日かなと ワクワクしながら過ごすと 毎日何だか楽しい気分で過ごせますよ^^     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 メルマガ読者様限定の特典情報もあり。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#64 ぎゅっと抱きしめられること

新時代の幸せパフォーマンス管理士の原田美咲です^^ こちらの記事は、2018年、3月13日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#64 ぎゅっと抱きしめられること   ぎゅっと抱きしめられたことはありますか? その時、どんな気分になりましたか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 最近は日本人もハグしてくれる人増えましたが、ニューヨークに住んでいると、よくハグされます。 今朝も、一緒に仕事をしている人から、 私が帰宅する前に、 「See you next week!」と、 ぎゅ〜っとハグされました。 昨日も、 初めてお会いした人と会った瞬間、 「Nice to meet you!」と ぎゅ〜っとハグされました。 日本人だと、ここまではまずないですよね。 初対面だと握手も精一杯かも(笑)。 私もニューヨークに来たばかりの時は、なかなかハグに慣れませんでした。 ハグって、ぎゅっと抱きしめられることですよね。 でもなんか抱きしめられること、というと照れくさいから、日本人でもみんなハグっていう言葉をあえて使うんでしょうね。 ハグだとなんだか響きにドキドキ感が少ないので、 今日のタイトルはあえて 「ぎゅっと抱きしめられること」 にしました。 あードキドキする(笑)。 ちょっと話がそれましたが、そうそう、ニューヨークに住んでいると、ぎゅっと抱きしめられる機会がよくあります^^ 男女関係なくです。 恋人同士や家族もそうですが、その他にも、 「ありがとう」 「やっと会えた!」 「頑張ってね!」 「大好きだよ」 「良かった〜!」 「嬉しい!」 「また会おうね」 「気をつけてね」 「大丈夫だよ」 「安心して」 「泣いていいんだよ」 などなど、色んな人が、言葉を交わさなくても色んな意味で、ぎゅっと抱きしめてくれます。 言葉がなくても、ぎゅっと抱きしめられることで気持ちはすごく伝わるし、とても幸せな気分になったり、気持ちが落ち着きます。 ぎゅっと抱きしめられる効果ってすごいなあと思います。 抱きしめられることで幸せホルモンが分泌されるそうです。 これは、抱きしめられるだけでなく、肩をポンと叩くことや、手などの体の一部に触れられるだけでも分泌されるそうです。 私は娘を一日最低一回はぎゅっと抱きしめるようにしています。 猫もぎゅっと抱きしめます。あまりしつこいと猫には嫌がられますが(笑)。 抱きしめる方も抱きしめた方も、幸せな気分になるんなら、照れくさい言葉をかけるよりも、抱きしめた方が気持ちが伝わるかもしれませんね。 ちなみに、知らない人から抱きしめられると不快感を覚えるので、全く知らない人にはいきなり抱きつかないように! ◆今日のヒントのまとめ◆ ぎゅっと抱きしめることで、幸せホルモンが分泌され、幸せな気分になります。 あなたが今抱きしめたい人は誰ですか? その人のこと、言葉を交わさなくても、ぎゅっと抱きしめてあげてください。 え?恥ずかしい? それならちょっと肩をぽんっと叩いたり、手に触れるだけでもいいですよ^^   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

チャレンジするためのマインドセット

全ての運に繋がるヒント:#62 初心に戻ること

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、3月10日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#62 初心に戻ること   初心に戻ったことはありますか? 初心に戻れる場所はどこですか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 昨夜は、日本のPR会社からの取材の依頼をいただき、マンハッタンのミッドタウンでインタビュー、撮影でした。 仕事が終わった後、コーディネーター、ライターさん、カメラマンの方々にお食事に誘っていただき、とても楽しい夜となりました。 取材チームの皆さんが滞在していたホテルがマディソンスクエアガーデンのすぐ近くだったので、コリアンタウンでお食事をすることに。 コリアンタウンを歩いている時に、私が一番最初にニューヨークに来た時に1週間ほど滞在していたビルの前を通りました。 私がニューヨークに来たのは2005年の4月。約13年前のことであります。 お店の入れ替わりの激しいニューヨークでそのビルの一階は、私が来た日にあったお店と今も変わっていませんでした。 当時、Oms/bというミッドタウンにあったおむすびカフェ(2012年閉店)にアシスタントマネジャーとして就職した私は自分のアパートが見つかるまで、当時のマネジャーのアパートに滞在させていただいていたのです。 ちなみに、私が当時滞在していたのは冒頭の写真のすぐ近くでした。 エンパイアステートビルのすぐ近くのそのビルをたまに通るたび、今でもあの若かりし頃の(笑)、エネルギーというか、好奇心の塊のような ワクワクした良い胸騒ぎを感じます。 ニューヨークに着いた初日、迎えに来てくださった副社長が「ここがエンパイアステートビルだよ」と車の中で話してくれた時、 「へぇ〜」 と、エンパイアステートビルって何だろうくらいにしか思っていなかったほど、当時はニューヨークのことを知りませんでした。 ニューヨークに着いた次の日から仕事が始まり、上司から教えてもらったことがたくさん思い出されて、大きな感謝の気持ちと、なんとなくでも自分は成長してきたなという思いが湧いてきます。 今となってはもう慣れてしまったニューヨークではありますが、その場所に行くと、またあの時のような初心に戻って、新鮮な気持ちで頑張ろう!という気持ちになれるのです。 皆さんにとって、初心に戻れる場所はどこですか? ◆今日のヒントのまとめ◆ 初心に戻れる場所に行くとまた新鮮な気持ちでエネルギーが湧いてくることがあります。 久しぶりに、あなたにとっての初心に戻れる場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。  

子育て、海外での育児

NY生まれNY育ち10歳の娘の日本語学習が無理なく続いている方法

最近自分の記憶力がどんどん低下していると感じている、原田美咲です。 10歳になる私の娘は、ニューヨーク生まれニューヨーク育ちです。娘はここ2年間、夏には2ヶ月ほど日本に長期滞在していますが、日本に住んだことはありません。ニューヨークというと響きはいいですが(笑)、うちはいたって普通の生活をしています。 海外で子育てをしている日本人のお母さんたちの中でよく話題になるのが子供の日本語教育。 子供が小さいうちはお母さんが日本語で話していたら子供も自然と日本語で話すと思いますが、だんだん子供が大きくなり、現地校に通うようになると英語の方が強くなり、お母さんが日本語で話しても英語で返されるということもあります。 家では絶対に日本語で!と徹底している家庭もあります。当然日本語をしっかり話せるようになるにはそれくらいでないと、なかなか大変なのです。 うちはどうかと言いますと。。。 私もできるだけ日本語で話すようにはしていますが、娘から、日本語ばかりだと私の英語力が下がると指摘され(笑)、それもそうだと私も思い(笑)、日本語で話したり、英語で話したりしています。家庭では完璧に日本語オンリーという方から見ると、怒られてしまうでしょう。。。 ただしですよ。 自分をかばう訳ではないですが(いや、結構かばっているかも)、だからと言って日本語学習に手を抜いているという訳ではありません。でも、それほどスパルタ教育している訳でもありません。程よい感じで日本語学習を頑張っています。 そのせいか、私たち親子はほぼ年に一回日本に帰国して、短期間ですが娘は日本の学校に通っているのですが、問題なく友達と遊べてますし、私の両親とも全く問題なくコミュニケーションが取れていますし、ネイティブジャパニーズに比べたらもちろん劣るとは思いますが、娘の日本語力はそう悪くないのではないかと思います。 毎週土曜日に、1時間半だけの日本語の国語クラスに行っていますが、そこでも授業にはついていけているようです。 実は、娘の日本語学習は家で小さい時からほぼ毎日私との会話以外にもコツコツとやっているんです。   そのコツコツ法を今回はお伝えしたいと思います。   このコツコツ法、もしかしたら塾や補習校くらい効果的かもしれません。   もちろん、子供の日本語レベルをどの程度まで目指すかにもよりますし、それぞれの子供の興味や伸び具合によっても勉強方法は変わってくると思います。     ここでご紹介するのは、私が家庭でやっている次の3つのコツコツ法です。     1.曜日によって教科を決め、毎日15分でも一緒に学習する。 私は毎月はじめに、娘と一緒にカレンダーに曜日ごとに学習する教科を決め、書き出しています。例えば、月曜日は算数、火曜日は国語、という風に。音楽や図工も入れます。そして、決めた曜日の教科を日々15分でも一緒に学習します。 この、たった15分の力ってすごいんです! 子供は1時間とか(大人でもそうですが)ぶっ続けで集中力が続く子はなかなかいません。 実は私は土曜日、娘が国語クラスを受けている時、別のクラスで子供たちに国語を教えているのですが、1時間ずっと静かに集中できる子はなかなかいません。それが普通なのです。 でも15分くらいなら、無理なく集中することができます。 実際には娘のその時の調子によって30分とか1時間近く一緒に学習することもありますが、そういう時でも内容を変えながら、だいたい15分ブロックに区切ってするようにしています。 たまに15分も時間が取れないこともありますが、そんな時は5分でもするようにしています。 もちろんすごく疲れている時など、その5分もできないことはありますが(笑)。そんな時は次の日に、前日できなかった分を少しでもするようにしています。 使うのは主に教科書と、簡単な市販のドリルと漢字ノート。それから、Google検索(笑)。Googleは臨機応変に、調べ物でたまに使っています。算数や理科などは、実際にものを測ったり実験したりもしています。 以前、「食育で円周率の求め方まで学べる!食育は家庭から」というブログでも紹介しましたが、食育と算数を組み合わせ、円周率、πを求める方法として、実際のパイを使って求める方法など、記憶に残るように工夫しています。 コツコツ法で使っているドリルの中で娘が結構気に入っているのは、「ことばプリント」という、小さなドリル。 「毎日3分!」と書いていますが、娘は問題によってはもう少し時間がかかっているようです。習っていない漢字もこのドリルに出てくるからです。でも、私と一緒に学習して、10分くらいで終わっています。 このドリル、どうしても海外で生活していると、日本語の語彙力というものが薄れてしまいますし、微妙な表現方法などはなかなか難しかったりするので、言葉のニュアンスなどが分かるようにと買ったのですが、大人でもなかなか楽しいんです。 もちろん、海外在住の子供以外にも語彙力がすごく幅が広がるのでおすすめですよ。 娘は今日本の学校だと4年生なので、3・4年生用をやっていますが、復習も兼ねて、1・2年生用も最近始めました。 漢字の学習は、普段使っていないと忘れますよね。だから忘れているなと思った時は低学年レベルに戻って漢字ノートに私が赤鉛筆でお手本を書き、一緒に練習しています。 漢字は大人でも使ってなければ忘れてしまいます。普段海外に住んでいる子供が日頃使わずに漢字を覚えるなんて、よほど記憶力のいい子でない限り、難しいと思います。日頃の少しずつの積み重ねが大切です。   2.音読 音読は、土曜日に通っている日本語国語クラスで毎週出される宿題なのですが、これを侮ってはいけません。毎日同じ文章を音読することは日本語学習にとても効果的です。 最初のうちは音読は週に一回くらいしかしていなかったのですが、それだとスラスラ読めていませんでした。それが今学年からほぼ毎日音読をさせるようにしたら、本人もスラスラ読めるようになったことに気づいて、スラスラ読めれば読めるほど、自分から進んで毎日読むようになりました。 最近は、国語の教科書の一つの単元の話を全て暗記するほどにまでなっています。 最初のうちは特に新しく習う単元などは、子供だけで読ませるとなかなかスラスラ読めず、途中で子供が嫌になることが多いので、私は初めて読む話はまず一文一文、私が声に出して読み、娘にリピートさせるようにしています。この段階は1日から3日くらいかけてやってます。 その段階を経たら、次は、丸読み。丸読みの段階も1日から3日かけてます。丸読みは学校でしたことがあるという方も多いと思うのでご存知の方も多いと思いますが、句点(。)を区切りにして一文一文、私と娘と交代で読んでいます。 丸読みが上手にできるようになったら、今度は一人で読ませます。ここに来るまで最短でも3日くらいかかりますが、この段階を経て少しずつ、というのが無理なく上達するコツです。 毎日読んでいると、娘はだんだん話の内容を暗記するようになります。大人の私はもう暗記できませんが、子供の暗記力って早いですね。でもこの暗記も、一生懸命暗記しよう!と思って暗記している訳ではないのですよ。何日も簡単な段階を踏んで少しずつ段階を上げていくことで、自然とスラスラ暗記するまで読めるようになるんです。 スラスラ読めるようになると、子供もさらに楽しくなるようで、私に言われる前に自発的に読むようになっています。   3.本の読み聞かせ 本の読み聞かせは娘が小さい頃からやっています。 10歳になった今も、娘は夜寝る前に私に本を読んでもらうのが大好きです。 娘は寝る前に必ず私に、「ブッキー、ブッキー!」と言って読みたい本を持ってきます。「ブッキー」とは、「本(Book)」をカジュアルな表現で娘が作った言葉。 英語の本もあるので、毎日日本語という訳ではないですが、英語の本と日本語の本をバランスよく読むようにしています。 長い本は何日かかけて読みます。 娘はスペイン語も少し話すので(父親がスペイン語を話すため)、スペイン語の本もたまに読みます。 本のジャンルは、物語から伝記、科学、地理などなど様々。 ありがたいことにニューヨーク市立図書館は子供向けの日本語の絵本も豊富にあります。 日本語学習から少し外れますが、ニューヨーク市立図書館には日本語以外にも、多言語の本がたくさんあるので、たまにはイタリア語とか他の言語の本も、ちゃんと発音はできていないとは思いますが、借りて読んでます。子供が読みたい、と興味を持ったものは、何語でも気にしません。ちゃんと読めるかどうかは別ですが、本を開くだけでもワクワクしますもんね。 また、土曜日の国語クラスにも図書コーナーがあり、そこでも日本語の本や漫画などの貸し出しをしているので、日本語の本に触れる機会が結構あり、とても助かっています。 ニューヨークには紀伊国屋やBookoffもありますし、日本のAmazonで注文しても1週間以内には届くので、本の購入にも困ることはありません。 子供の本って大人でもなかなか学ぶことも多く、娘と一緒に楽しんで読めます。   さて、今日は私が実践している、海外に暮らす子供の日本語学習を続けるコツについて書いてみました。 先に書いたように、子供が目指す日本語のレベルや子供の興味や伸び具合によっても勉強法は変わってくると思いますし、子供を日本語ネイティブもしくはそれ以上のレベルを目指すのであれば家庭以外でもかなり頑張る必要もあるでしょう。  色々書いてみて、これは海外で暮らす子供限定ではなく、日本でも使える家庭学習の方法かもしれないなと思いました。 上にあげた3つは全部、親子で楽しめる学習方法です。   私は子供の頃、ピアノや習字という習い事はやっていましたが、学習塾には通ったことはなく、学校の学習は家でやっていました。塾に通っていたらもしかしたら学力が上がっていたかもしれませんが(笑)、学習って家庭で十分にできるものではないかと思っています。むしろ、家庭学習こそ子供のペースに合わせて最善の方法でできる良い学習方法ではないかなとも思います。 親と一緒に学習するのって子供の考える力が育たないのでは?という意見もあるかもしれませんが、特に海外に住んでいる子供は、そもそも日本語は外国語と感じているかもしれません。日本語を理解するには、やはり日本語ネイティブの親の力が必要だと思います。もちろん、全部最初から答えを教える、というのではなく、分からないところを手伝けしたり、質問もしながらヒントを出したりする手助けです。子供が理解できない言葉などが出てきたときのストレスからは、自発的にやろうという気持ちは生まれないと思います。そこを少し親が手助けして子供が理解することで、次に進めるのです。 大人になった時も、一人で悶々と考えるよりも、誰かと一緒に協力して仕事を作っていく方がずっと多いと思います。その基盤のようなものが親との学習にもなるのではとも思います。 上に書いたコツコツ法を実践している私から見ると、「お勉強」というより、無理なく自発的になる方法で、スパルタ教育ではなく、遊んでいるような感覚です。 親子で無理なく楽しめる家庭学習は子供にとっても親にとっても良い習慣になり、良い精神状態、健康や幸せにも繋がるものだと思います。 子供によってはこの方法が合う子もいれば合わない子もいると思いますが、お子さんのいるご家庭でぜひ、少しでもご参考にしていただけたらと思います。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 _____________________________ 私のプロフィールはこちら。 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、…

子育て、海外での育児

ニューヨークの学校で和食育プロジェクト(第一回目)

1月19日金曜日、ニューヨークの学校のアフタースクールプログラムで、Wa-shokuikuプロジェクトのインストラクターとして、子供たちに食育を提供させていただきました。 Wa-shokuikuプロジェクトとは、NPO団体のTable for Two が始めた取り組みで、日本の文化や和食をアメリカの子供たちに伝えていくという、とてもユニークなプロジェクトです。 Table for Twoは、飢餓や栄養失調で苦しむ発展途上国の子供達への給食の提供と、肥満などの生活習慣病が多い先進国の人たちへ健康的な食事を提供する活動を行なっています。 私のサービスの売り上げの一部もTable for Twoへ寄付させていただいており、寄付金は発展途上国の子供達の給食費にあてられています。 私は去年、マンハッタンのCommunity Health Academy of the Heightsという学校でこのWa-shokuikuプロジェクトのボランティアをさせていただきました。 去年のプロジェクトの様子はこちらから。 2017年5月31日 2017年6月7日   今回は私がインストラクターとして、私の娘が以前通っていたニューヨークのクイーンズ区にあるLittle Friends School ElmhurstというデイケアのアフタースクールプログラムでのWa-shokuikuプロジェクトの提供。 セッションは全部で7回。 セッションごとにテーマが決められているのですが、第一回目のテーマは「お米」。 セッションのはじめに日本のこと、日本食のことについてスライドで説明をし、日本についてあまり知らなかった子供たちもとても興味を持ってくれている様子で嬉しく思いました。   ニューヨークならではの人種も様々な子供たちは毎日お米を食べる、という子供も多かったのですが、やはり日本人が食べる短粒米ではなく、中粒米や長粒米がほとんど。 可愛いクマのおにぎり型と海苔パンチを使って作るクマのおにぎりにみんな大喜び。   野菜も簡単なきゅうりのピクルスとコーンサラダを作り、食べてくれるか少し心配だったのですが、子供たちは喜んで食べてくれて、お代わりまでする子供もいました。   お弁当箱に綺麗に盛り付けできたのを見て、もったいないから食べたくないという子もいて、大盛り上がりでした。 子供たちだけでなく、先生方もとても喜んでくださり、子供も大人も楽しめるワークショップになりました。   ボランティアで参加してくださった桜本リエコさん、プログラムの資料作成や備品などの準備をしてくださったTable for Twoの皆さん、その他たくさんのご協力者の方々にとても感謝しています。 第二回目は2月2日。ボランティアもまだ募集中ですので、ご興味のある方は私までぜひご連絡ください!   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます。 私のプロフィールはこちら。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! _____________________________ 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。