CATEGORY 息抜き・楽しみ

子育て、海外での育児

アメリカの子供が大好きな、Would you rather questions は大人にも使える!

    あなたは家族、友人、恋人との会話やパーティでの会話で 盛り上がるネタをもっていますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ アメリカの子供が大好きな、 Would you rather questions というものがあります。 「Would you rather 〜?」とは、 「選ぶならどっち?」というフレーズ。 このWould you rather questions は、 ある種の言葉遊びゲームで、 かなり微妙な二つの選択肢の中から、 究極の選択を行うゲームです。 例えば、 ”Would you rather always be 10 minutes late or always be 20 minutes early?” 「いつも10分遅れるのと、いつも20分早いのとどっちがいい?」 とか、 ”Would you rather your shirts be always two sizes too big or one size too small?” 「いつも2サイズ大きなシャツを着るのと、いつもワンサイズ小さすぎるシャツを着るのとどっちがいい?」 などなどの究極な質問。 私の娘もこれが大好きで、 学校の登下校中にほぼ毎日、 私にかなり究極の質問をしてきます。 最近質問されたのは、 「無重力のところに住むのと、重力がかかりすぎているところに住むのとどっちがいい?」 私が無重力の方を選んだら、 「そしたら手をずっと繋いでいないと家族とみんな別れてしまうよ。」 と言われ、困りましたね(笑)。 このゲーム、 実は子供のくだらないゲームと 思われるかもしれませんが、 実は大人との会話の中でも ものすごく盛り上がります! 内容が内容なので、 ある程度親しい間柄でないと 変な人と思われるかもしれませんが(笑) 家族、友人、恋人との会話や カジュアルなパーティでの会話では かなり盛り上がると思いますよ^^ あと、英語でやったら 英語の会話練習にもなるかも! さらに、思考力もつくかも! ◆今日のヒントのまとめ◆ Would you rather questions  「選ぶならどっち?」ゲームは、 会話を盛り上げるのに使えます。 究極の選択を色々考えて、 思考力の練習にも役立ててくださいね。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#66 体で感じること、覚えること

ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく 新時代の幸せパフォーマンス管理士の原田美咲です^^ こちらの記事は、2018年、3月14日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#66 体で感じること、覚えること   体で感じたこと、覚えたことはありますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 今日は久々にアイススケートをしました。 2年前に娘と共にスケートを習いはじめ、 娘はまだレッスンを受けていますが、 私は1年ほどでやめました。 やめてからはたまにやってたのですが、 最近全く滑っていなくて。 先週私は娘のコーチに、 スピードスケートをやってみない? と言われ、さすがにスピードスケートは。。。 と思ったのですが。そう言われてちょっと またスケートやってみたい、というやる気が出て、 今日は久々にやることに。 久々だったので最初の30分くらいは 怖かったですが、 やっぱり体で覚えたことって ずっと覚えているもんですね。 すぐに慣れて割とスイスイと 楽しく滑れました。 気づいたら1時間半もずっと滑ってました。 コーチには、抱き上げられて ぐるぐる回されるほど 喜んでもらいました(笑)。 そっちの方が怖かったけど、 小さい頃、父に 抱っこされてぐるぐると回してもらったことを 思い出しました。 子供の頃は、 冬に数回、家族と滑りに行っただけでした。 鹿児島にセイカスポーツクラブというのがあり、 アイススケートリンクではがそこにあったのですが、 今はなく、鹿児島では滑れません(涙)。 そんなほぼ経験のない私が、 30歳を過ぎてからスケートを初めて習い、 きっと、習っていなかったら 滑れなかったと思います。 学校で学ばなくてもできることって いっぱいあるけど、 こういう技術的なことは ある程度できるようになるコツがあり、 やっぱりきちんと習っているのとでは 上達が違います。 と言っても、そこまで偉そうに言えるほどの レベルではないですが、 少なくとも、スケートを習ったことのない人に比べたら まあまあだと思います(笑)。 体で感じて、体で覚えることって、 ずっと忘れないものですね。 そして、体を使ってするものって、 ずっとやっててもストレスがない! 逆に頭はスッキリして、 その後の仕事もはかどります。 ニューヨークには冬になると無料で滑れる 屋外のアイススケートリンクがありますが、 出勤前にスイスイ滑るビジネスマンがいっぱい。 スケート後はさぞかし、 仕事がはかどるだろうなと思います。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 体で感じること、覚えることは ずっと忘れません。 あなたが体で感じたこと、覚えたことは どんなことですか? たまには体を動かして、 リフレッシュしてみませんか?     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 メルマガ読者様限定の特典情報もあり。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#63 3月12日はスイーツの日

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、3月13日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#63  3月12日はスイーツの日   あなたの好きなスイーツは何ですか? どんな時に甘いものを食べますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 日本の皆さんにとっては、このメルマガを読むころはもう日付が変わってしまって13日ですが、ニューヨークではまだ3月12日です。 3月12日は、スイーツの日だそうです^^ 「スーパースイーツ」という会社が制定したそうで、 「ス(3=スリー)イ(1)ーツ(2)」の語呂合せだそうです。 うまいマーケティング戦略ではあると思いますが、よく考えたものですよね(笑)。 甘いスイーツを習慣的に食べることはお勧めしませんが、たまに楽しい気分で特別な時に一緒にいて楽しい人と一緒に食べるスイーツは、とてもリラックスして幸せな気分になるものですよね。 今朝私は昔から続いているアメリカンダイナーで、とても楽しい人と一緒にコーヒーを飲みながらブルーベリーのパンケーキをいただきました。 まさにリラックス、幸せなひと時でした^^ 甘いものを習慣的に食べない私は、甘いものは特別な日に食べるもの、と思っています。 もちろん、特別な日ではなくても、いただいたりした時など、食べる機会があればありがたく美味しくいただきます。 一方で、甘いものを習慣的に食べるのをやめたくてもどうしてもやめられない、という人もいます。 甘いものは習慣的に食べれば食べるほど、もっと欲しくなってしまうんです。 子供も要注意です。 このメカニズムはまたの機会に説明しますね。 毎日甘いものを食べている、という人は甘いものは特別な日にだけ食べる、と決めるといいです。 長期的に甘いものを食べ続けている人にとってはなかなか難しいことだと思いますが、必ず、人それぞれになぜ甘いものがやめられないのかという原因となるものがあるので、もし気になる方は、ご相談くださいね。   ◆今日のヒントのまとめ◆ 楽しい気分でたまに食べる甘いものはリラックスして幸せな気分にしてくれます。 でも、毎日甘いものがやめられない、という人は、特別な日に食べると決めるといいです。 甘いものって、罪悪感を感じて食べるより、美味しいな、という楽しい気分で食べる方がいいですもんね^^   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#43 旅に出ることで得られる運

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、2月21日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#43 旅に出ることで得られる運   旅に出たことはありますか? 何のために旅に出ますか? 旅で何を得られましたか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ これを書いている2月20日は、 「旅券の日」 だそうです。 1878年(明治11年)2月20日に「海外旅券規則」が外務省布達第1号として制定され、「旅券」という言葉が初めて法令上使われたそうです。 因みに外務省の2017年の統計によると日本国民では4人に一人がパスポートを所持しているそうです。 案外少ないのかなと思いました。 私が初めてパスポートを作ったのは高校の時。 高校の修学旅行が中国と韓国だったので学校で皆でパスポートを申請したのです。 その時、北京の高校にも訪れたのですが、当時生徒会長をしていた私はその学校に到着直前に、生徒代表の挨拶をしてくれと頼まれ、バスの中で通訳の人に教えてもらい、中国語の挨拶を猛練習。 紙を見ながらでしたが、生徒の前で中国語で挨拶をし、とても歓迎してもらい、嬉しかった気持ちを覚えています。 北京の高校生とペアになって学校案内をしてもらった時、私の方はまだ片言の英語でしたが、北京の高校生はほとんどが完璧な英語じゃなくてもとにかく躊躇せず喋っていたことが、とても衝撃的で、 「喋れなくても喋ること」 に力を入れなければ、と感じたものでした。 今思うとその頃から、海外に行きたい、という思いが芽生えたのかもしれません。 大学でオーストラリアのメルボルン大学に語学研修に行った後、その思いがさらに強くなり、バイトでお金を貯めては休みのたびに海外に貧乏学生旅行をしていました。 お金がなくても海外に出て、たくさんの人と会い、日本と違う文化を見て違った価値観を学んだこと、 それは私にとって大きなリターンのある投資だったと思っています。 娘が生まれてから、娘には年の数だけ違う国に連れて行きたいという目標が生まれ、今のところ達成しています。 海外の公園などで出会う異国の友達とも一緒に遊んだり、違う文化を知ることで娘の心の中の世界も大きく広がっている気がします。 これを読んでいる皆さんの中にも海外旅行が好き!という方も多いと思います。 一方で、行ってみたいけど、異国に行くのはなかなか勇気がないという方もいらっしゃるかもしれません。 海外に行くことに興味がない人もいるかもしれませんが、 今いる場所から一歩外に踏み出すこと、できるだけ今の場所とは環境や文化が違う場所に行くことは、大きな刺激や違った価値観を必ず得られます。そこから今まで持っていなかったアイデアが生まれることもあります。 さて、次の旅はどこに行きますか? 「ニューヨーク!」 という方はぜひ、私にお知らせくださいね^^ ご案内しますよ^^ ◆今日のヒントのまとめ◆ 旅に出ることで新しい価値観や文化を必ず得られます。 そこからアイデアが生まれることもあります。 人と繋がれる可能性もあります。 ぜひこの機会に、次の旅を計画してみてくださいね。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 _____________________________ 私のプロフィールはこちら。 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント : #40 行き詰まりを感じた時は

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、2月18日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#40 行き詰まりを感じた時は 行き詰まりを感じたことはありますか? 行き詰まりを感じた時、どうしていますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 最近私は週末、引きこもりがちです(笑)。 娘は週末、父親と過ごすので私は家で基本一人。 となると、仕事のやる気モードに入り、どうせ外も寒いし、朝から晩まで引きこもり、仕事をすることが多いのです。 ただ今日は、日中は比較的天気も良く、最近引きこもりが続いたので家にいると行き詰まりを感じ、集中力も欠けたので、外に出てみました。 行く先も決めずただひたすら歩く。 そんな時はポケットにスマホとクレジットカード1枚と地下鉄のメトロカードと鍵だけ入れて手ぶらで出かけます。 でも決まって一人で外に出るとめちゃくちゃ脳みそが働いてくるんですよね。 そして、しまった、Macbook持って来れば良かった!!今ここで仕事したらはかどるのに!と思うくらい、脳が働きます。 でもそう思う頃にはちょっと遠くまで歩いているのでそのまま歩き続けるしかないのですが。 家に引きこもっていると、眠くなったり、脳が働かなくなって何もしたくないことって多いですよね。 でも一度外に出ると脳が働き出すのは、外の適度なざわめきが聴覚を、あらゆる景色が視覚を刺激し、その刺激から、さらに感情なども刺激されるからですよね。 そうやって外に出て、しばらく刺激を受けてから家に帰るとまた集中力が戻ってきます。 今日中に終わらないといけないことがあるから外に行っている場合じゃない!と思うこともあるでしょう。 でも逆に、そんな時にこそ途中で10分でも外に出たら面白いように集中力が高まり、色んなことがはかどります。 これは当たり前のようですが、一人でも誰でもできる簡単な集中力アップの秘訣ですので行き詰まりを感じた時はぜひちょっと外に出て刺激を楽しんでみてくださいね。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 行き詰まったら悶々とせず、外に出てみましょう。 外界の様々な刺激を感じることで脳が刺激されてまた集中力が高まってきます。       いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 _____________________________ 私のプロフィールはこちら。 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。    

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

人のため、自分のためにやりたいことをやり続けること

基本的にやりたいことがあったらすぐやる原田美咲です。 昨夜は、私が卒業したホリスティック栄養学校(The Institute for Integrative Nutrition、IIN™️) の卒業生と在校生が参加できる、ニューヨークエリアでのカジュアルなMeet Upがあり、参加してきました。 Meet Upはマンハッタンのミッドタウンにある、Tournesol Wellnessという会場であり、30−40名くらい集まりました。 トップの写真は、そこの帰り道。 クライスラービル、グランドセントラル駅からも近い場所でした。   IIN™️の卒業生で、IIN™️の講師でもありメディアでも有名な、私の大好きなAndrea Beaman もご主人と一緒に参加されていました。 参加者とそれぞれ話をしたり、途中、みんなで輪になって一人一人、自己紹介もしました。   年齢も出身地も様々なニューヨーカー。 在校生も卒業生も一緒だったので、すでにホリスティックヘルスコーチとして活動をしている人、まだ活動をしていない人、それぞれでした。 でもやっぱりすごいなと思ったのが、みんなそれぞれ、 やりたいことをやり続けていること。 参加していたメンバーは皆、同じ学校でホリスティック栄養学を学んでいる人たち。 それぞれのパッションを持って、人のため、自分のために、健康や幸せに貢献したいと思って進んでいる人たちです。   フルタイムでホリスティックヘルスコーチとして活動をしている人や、私のように、ホリスティックヘルスコーチとして活動する傍ら、他の活動もいくつかしている人もいました。 でもそれぞれ、やりたいことを全部やっている。 きっといずれ、一つに絞るときも来るのかもしれないけど、特にニューヨーカーは、いくつものことを同時にやっている人、とても多いです。   参加者の中にも、 アーティストを続けながらホリスティックヘルスコーチをしている人。 ファイナンシャル分野で勤務しながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 大学に通いながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 ファッション分野で働きながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 などなど。 でもみんな、色んなことをしている理由が、お金のためではなく、ただやりたいからやっている。   ホリスティックという意味は、全体的な、とか、心身一体的な、という意味を持つので、どんなジャンルでも、結局は全てホリスティック栄養学に繋がっていくのが、面白いところです。 私自身も、ホリスティックヘルスコーチとして活動をする傍ら、レストランのコンサルティング、子供国語クラスの教師、などなどしています。 それも全部、やりたいからやっているだけです。 楽しいからやっているだけ。 基本、なんでも楽しいと思う性格なので、頼まれたらやることも多いです。   会社勤めをしていた時、仕事内容や給与に不満があるわけではありませんでしたが、一つだけ不足していたものが、パッションでした。 仕事が嫌いだったわけでもありませんし、職場での人間関係も最高に良く、とても恵まれた環境で、安定していました。 ただ、私にはその”安定”が、不安だったのです。 このままやりたいことを全力でやらずに、ぬるま湯に浸かって生きていくの? そう疑問を持ち続けていました。 安定から抜け出し、パッションのあることを全力でやるために、私は何の不満もなく恵まれていた会社を退職しました。 決断するには1年以上、時間がかかりました。 せっかく安定していたのにもったいない、と思う人もいるでしょう。 でも私には、やりたいことをやらない時間の方がずっと、もったいない。 そして今、一瞬たりとも後悔はしていません。   今回のMeet Upに参加して、改めてそう思いました。 なんだ、みんなやりたいことやってるじゃん。 お金や学歴、家族構成なんか関係ないじゃん。 やりたいことを全力でやってる方が生き生きしてていいじゃん! 別に周りを見る必要なんて何にもないじゃん! って思いました。     また、参加者の中で一人、ステージ4の癌を宣告され、ホリスティック栄養学で学んだことを実践し、癌を治したという人もいました。 その人は、癌にかかる前も、食事はとてもヘルシーなものを食べていたとのこと。 でも、精神的にとてもストレスになる生活をしていたのが、癌の原因だったのかもと話していました。 ストレスになるような原因を全て排除し、ゆったりと気持ちにも余裕が持てるような生活をした結果、癌が消え、それには医者もとても驚いていたとのこと。 やっぱり、食事だけでは健康と幸せを手に入れるのは不十分です。 食事の他に、精神面も健全な状態でないと、真の健康と幸せを手に入れることはできないですね。   さらに、やりたいことをやり続けるそのパッション。 これって実は、一番生命をみなぎらせるポイントなんじゃないかなと思います。   みんなで輪になって簡単な自己紹介が終わった後、何人か私のところに来てくれて、色々質問をしてきてくれました。 日本の文化にも興味を持ってくれている人もいて、とても嬉しかったです。 この日、日本人は私一人、アジア系の人もあと一人しか参加していなかったので、肩身が狭いかなとも思ったのですが、全然そんなことはなく、みんな良く話しかけてくれてさすが人種のるつぼで生活しているニューヨーカー、人種は全然関係なく受け入れてくれるんだなあと思って嬉しかったです。   改めて、この日出会った人たちのように、私もこれからも、人のため、自分のためにやりたいことをやり続けようと心に誓いました。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。

イベント

栄養士・管理栄養士のための超カジュアルなオンラインMeetup!

栄養士・管理栄養士の皆さん! 栄養士・管理栄養士さんのための超カジュアルなオンラインMeetup(交流会)を、 来月開催します。   数ヶ月前からこの企画を考えていて、リクエストもいただいていたのですが、 やっと開催日を決めました! 遅くなってごめんなさい。   10月21日の土曜日、日本時間の夜8時半より1時間ほどの開催です。 因みにニューヨーク時間は朝の7時半。 私は土曜の朝活です(笑)。   はじめにお断りしておきます。 今回は、私の提供しております、 オンラインホリスティック栄養学・ビジネスコースの説明会ではなく、 超カジュアルな交流会です。   「全国の栄養士・管理栄養士と繋がりたい!」 「情報交換ができる栄養士・管理栄養士仲間が欲しい」 「栄養士・管理栄養士としての将来の夢を語りたい!」 「今は栄養士として働いていないけど、将来復帰を考えていて、  他の栄養士さんの活動の様子などを知りたい」   などなど、興味のある理由はなんでもOKです!   超カジュアルなオンライン交流会ですので、 皆さん正装は不要です。   週末の夜に開催しますので、バックグラウンドにお子さんがいても大丈夫。 旦那様や奥様が途中で登場されても大丈夫! うちは猫が途中で邪魔しに来るかもしれませんが、ご了承を・・・。 パジャマでのご参加も大丈夫。 すっぴんでも大丈夫! ネット環境さえあって、声がちゃんと聞こえる場所であれば、 ご自宅でも外でも大丈夫!   という、本当にカジュアルな交流会です。 しかし!カジュアルだけど、楽しく色んなことが学べるように、 参加ご希望の方は、お申込欄に 栄養士・管理栄養士として、 交流会で皆さんと話してみたいことやご質問を 必ずお書きくださいね。 皆さんが書いていただいたことをテーマに 進行させていきますので、 学びのある会にします! 本当に学ベる時って、楽しい時、ですもんね。     今まで私とのオンラインミーティングに参加された方でも、 そうでない方でも、 私とは面識が今までない方でも、 お知り合いの栄養士・管理栄養士さんを 誘っていただいてのご参加でも大歓迎です。   ワイワイ栄養士仲間と盛り上がりたい人、 この指止〜まれ!というノリです。     ご参加希望の方は、 下記のフォームまたは misaki@misakiharada.comまで、 栄養士・管理栄養士として、交流会で皆さんと話したいことやご質問などを添えて お申込ください。 (フォームからご応募の方は必要事項をご記入後、Submitをクリックしてください)   なお、先着順ですので、お早めに! みなさんのご参加、お待ちしています。     感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。 _____________________________

創造性

五感を使って楽しく食べる

『いつも五感を使って楽しい気分でご飯を食べていますか?』 いつもありがとうございます。 ホリスティックヘルスコーチの原田美咲です。 今日私は、大好きな友人と夕食を食べました。 今日食べたのは、シンガポールのミーゴレン。 辛くしないでね、と伝えたけど、やっぱり辛かった(笑)。アジア系レストランでこのパターンは、もうお決まりです。それがまた、楽しかった。 結局、途中から辛すぎて全部食べられなくて、少し残してしまったのですが(ごめんなさい)、楽しい話をしながら、とっても美味しく食べました。 楽しすぎて、写真撮るの忘れてました!   毎日栄養価のある食べ物を食べることは健康にとってとてもいいことです。 でも、それだけじゃまだ足りません。 大好きな人と一緒に楽しく食べることは、心と体の栄養になります。 もちろん一人の時でも、ちゃんと食べ物を味わいながら、美味しいなと思って食べることで、食事も楽しくなります。   別に高級レストランじゃなくてもいい。楽しく食べられれば、どんなところだっていいんです。   内容が同じ食事でも、テレビを見ながらとか、他のことに気を取られながらなんとなく食べるのと、美味しいと感じながら楽しい気分で味わって食べるのとでは栄養の吸収率が変わります。 人は美味しいと感じることで、脳が刺激されます。βエンドルフィンやドーパミンという脳内物質が関わっているとされますが、これらの脳内物質は、幸せホルモンとも呼ばれます。 そして、美味しく食べて脳が刺激されると、胃酸や消化酵素などが分泌され、栄養を効率的に吸収できるようになります。 一人で食べるよりも、誰かと一緒に食べる方が楽しいとあなたも感じたことがあるでしょう。   もちろん、一人で食べることの方が多いという方もいるでしょう。 でも、そんな方のためにも、今までなんとなく食べていたのを、これからずっと楽しく食べられるようになる方法があります。 それは、五感を使って食べること。しかも、なんとなくの五感ではなく、しっかり意識して五感を感じることです。   1.視覚 普通に見て食べるのではなく、観察しながら、という言い方の方が分かりやすいでしょうか。 例えばイチゴを一粒、食べるとします。よーく見て食べると、中の白い部分、外側の赤い部分、緑のつぶつぶ。 ほら、見た目によって味が違うでしょ。 特に野菜、果物は面白いですよ。角度を変えて、色々観察しながら食べてみると、色んな発見があり、本当に楽しいです。   2.嗅覚 仕事を終えて帰宅した時に、エレベータで同じビルのご近所さんが作っている夕食の匂い。食欲が湧きますね。 小さい頃に家族とキャンプに行った時のカレーと飯盒炊飯の匂い。あの光景を思い出すだけで匂いもしてくるようですよね。 嗅覚から得た情報は長い記憶に残ります。 出来立ての料理の匂いもとてもいいですが、材料そのものの匂いをぜひ、料理をする前に嗅いでみてください。 タマネギを炒めた時の匂いはすぐ思い出せるでしょうけれど、調理する前のタマネギの匂いも面白いんですよ。 皮ごとの匂いは落ち葉のような匂い、皮を剥いた後の匂いはみずみずしい、フレッシュな匂いなど、お子さんがいる方はぜひお子さんと一緒に色々と匂い比べしてみると楽しいですよ。   3.触覚 これもぜひ、調理をする前の食べ物で感じて欲しいです。それぞれに触った感覚は全然違いますよね。 トマトのようにツルッツルのお肌の感覚のものもあれば、キウイみたいにザラザラもある。そして食べる時も口の中で触覚を感じますよね。 なんとなく食べている時には気づかなかったかもしれませんが、切り方によって食感が変わってくるんですよ。 同じ生の大根でも、千切りに切った場合と、サイコロ状に切ったものとでは食感が全然違います。サイコロ状の方が若干甘く、ジューシューに感じるはずです。 食感から味覚まで新たな発見があり、面白いですよ。   4.味覚 嗅覚、触覚同様、調理する前の食べ物で感じていただきたいのが味覚です。 生の野菜はぜひ試してみてください。しかもドレッシングやマヨネーズなどをつけずにそのままで。 そのままで味があるの?と思うかもしれませんが、そりゃ食べ物ですもの。きちんと味があるんです。 調理した食べ物は味が付いているので、今まで食べ物そのものの味をきちんと味わったことがあまりなかったことに気づくはずです。 何も味をつけなくても、そのままでも美味しい食べ物がたくさんあることにも気づくでしょう。 なんだか、人間みたいですね。見栄を張らなくてもそのままのあなたの方が良かったりね。   5.聴覚 ものを食べる時、噛んでいる時の音を意識してみたことはありますか? 生のセロリだったらポリポリ、ほくほくのお芋だったら、ほくほく息を吐きながら食べる音がしますよね。 しかも、最初のひと噛みと、だんだん噛んでいって最後小さくなって飲み込む前の音の変化もあります。 こんなのって、普段なんとなく食べるときには絶対に気づくはずもないことです。 音楽にも強弱やリズムがあるように、食べる時にも音楽と同じように強弱やリズムがあるんですよ。よーく、聴いてみてくださいね。   さて、五感を使ってここまで意識していなかった方が多いと思いますが、一人の時でもこんな風に五感を使って食べることを意識することで、すごい発見があり、一人の食事も楽しくなります。   もちろん、家族や友達、恋人など、大好きな誰かと一緒に食べる食事はもっと楽しいでしょう。   健康的に食べることって本当は、細かいことをあまり考えなくても、もっと気楽に楽しく食べることから始められるんですよ。   あなたもぜひ、今日から始めてみてくださいね。     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************    

創造性

食育で円周率の求め方まで学べる!食育は家庭から

小さい頃からの食育は、子供たちにとってとても大切です。 日本では、平成17年に食育基本法、翌年には食育基本推進計画が制定されて学校でも積極的に食育が進んでいるようですが、実際は学校では主に算数や理科、社会や国語などといった教科の方に多くの時間が費やされています。 子供達のために、栄養のことを学べる特別な学校があるわけではありませんが、子供たちは親や家族、学校などで無意識のうちに”食育”を受け、習慣化され、それは子供達の人生における健康を左右するほどのものになっています。 別に子供達を机に座らせ、栄養科学について話す必要はありません。 むしろ、そんなことはしないでください。 子供たちにとってはつまらなくて、逆効果です。 しかし、料理を一緒にしたり、食事の材料の買い出しに行ったり、ゲーム感覚でできる食育を子供と楽しく一緒にしてあげることはできます。   今回は、私が実際にやったことのあるアクティビティや、ゲーム感覚でできる食育についていくつかまとめてみました。   1.色んな種類の野菜を食べる。 オリジナルのカレンダーを作って、子供達が野菜を食べるごとにシールを貼るか、スマイリーフェイスを描きます。私が以前作ったカレンダーはこちらからダウンロードできますので、よろしかったらお使いください。子供達はシールをご褒美にもらうのが大好きなので、きっと野菜も喜んで食べるでしょう。   2.ファーマーズマーケットに月に一度一緒に行き、季節の野菜や果物を探す。 写真を撮って、その材料を使ったオリジナルの簡単レシピなどのを入れたカレンダーを作ってみるのもいいですよ。   3.一緒に料理をする。 小さな子供でも、ママの料理のお手伝いはできます。包丁は使えないかもしれませんが、玉ねぎの皮をむいたり、ゆで卵の殻をむいたり、材料の重さを計ったり、野菜を洗ったりなどはすることができます。 私の娘は、2歳の時から料理を作るのを手伝ってくれています。 小さい子供たちはキッチンを汚します。 でも叱ったらダメですよ。 彼らは楽しんでいるんです。そして楽しんでいる時が子供達は一番、多くのことを学びます。 キッチンを綺麗にすることなんて、やっていくうちにそのうちできるようになりますよ。   4.“MyPlate Game”を活用する。 このゲームは、Amazonで見つけたのですが、とても教育的なゲームで、子供達に食べ物の種類を覚えたり、USDAの認可したMyPlateという基本の食事プランに基づき、食べ物の栄養学的グループ分けができ、健康的な食事プランをゲームを通して学べます。 ルーレットを回して、止まったところの食べ物のグループを、食べ物のカードから選び、プレートに載せて行き、一番始めにプレートが完成した人が勝ち、というシンプルなゲームです。 MyPlateはすべての人に当てはまるわけではありませんが、小さい子供達が基本の食事プランを学ぶのには効果的なゲームだと思います。 私の娘もこのゲームは気に入っています。   5. 野菜パイを使って円周率(π)の求め方を学ぶ。 サイズがすべて同じの野菜のパイを3つ、子供と一緒に作り、円周率(π)について、パイを使って説明します。  もし、子供に食育とともに算数も一緒に教えたい方は、これはなかなか面白い方法です。 まだ子供は円周率は知らないかもしれません。 あなたは円周率が大体3.14であることはご存知ですよね。 円周率の公式を、(円周率=円周の長さ/直径)とまでは覚えているかもしれません。 でも、もしかしたらその公式がどこから出てきたかは忘れてしまっているかもしれませんね。 すでに分数を習っている子供であれば、円周率の公式はすぐに理解することができます。 なので、円周率を学校で教わるまで待つ必要はないんです。   さて、野菜のパイを3つ(すべて同じ大きさにしてください)作った後は、そのパイを隙間なく3つ、横に綺麗に並べます。 そして、一枚の紙を使って、パイと同じサイズの円を一つ、作ります。 その円に、直径を描く直線を16本ひき、全部で32個の同じサイズのパーツができるようにします。 参考のため、下に写真付きで分かりやすく説明しますね。              野菜パイは半分に切り、子供には切った部分が直径(円の中心を通る円の端から端までの線)に当たるということを教えます。 そしてパイのクラストの部分(周りの部分)が円周の長さですね。一つのパイの円周の長さは、パイの直径の長さ3.14個分に相当するということがこれで説明できます。   どうでしたでしょうか? ぜひ子供と一緒にやってみてくださいね。       いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。