CATEGORY 幸せ

人間関係

ハーバード大学が 80年近くに渡る研究で明らかにした 人生を幸せにするものとは?

  早速質問ですが、これを読んでくださっている皆さんは、人生を幸せにするものは何だと思いますか?   好きなことをすること?お金?一生懸命働くこと?   実は、ハーバード大学が1938年から80年近くに渡って行なっている研究で、より長く、より幸せに生きている人にはある共通しているものがあることが明らかになっています。 この研究は、ある人たちの全人生を10代の頃から老年まで追い続け、仕事や家庭生活、健康などを記録し、健康と幸福の持続に何が本当に必要なのかを調べようとしたことから始まった研究で、史上最も長期に渡って成人を追跡した研究です。 700名以上の人がこの研究の対象者とされてきて、1938年から研究の対象として参加されてきた方のうち、19人が生存しており(2017年4月までの記録)、その方達は90代半ばだそうです。 この研究の対象者の中には、第35代アメリカ合衆国大統領となったJohn F. Kennedy(ジョン・F・ケネディ)氏や、ワシントンポストの編集主幹であったBen Bradlee(ベン・ブラッドリー)氏も含まれています。 この研究の4代目の研究者であるハーバード大学教授のRobert Waldinger(ロバート・ウォールディンガー)氏が2015年のTED Talkで話した、「人生を幸せにするものは何か?最も長期に渡る幸福の研究から」という講演の動画をこのブログの最後の方にシェアしたいと思います。 この講演のはじめの方にも話されていますが、新世紀世代の人たちが考える、最も大切な人生の目的は、 富を蓄えること 有名になること などと答えたそうです。 しかし実際には、私たちを健康に幸福にするには、富でも名声でもなく、ある別の共通点がありました。 それは、「良い人間関係」に尽きるということ。 そして、人間関係に関しては次の3つの教訓を得られたそうです。   1.周りとの繫がりは 健康に本当に良いという事 家族や友達、 コミュニティと よく繋がっている人ほど幸せで、身体的に健康で、繫がりの少ない孤独な人より長生きするという事が分かりました。 孤立に生活している人はあまり幸せに感じておらず、中年になり健康の衰えは早く、脳機能の減退も早く始まり、寿命は短くなる傾向があるそうです。 2.友人の数や生涯を共にする相手の有無でもなく、重要なのは身近な人達との関係の質 友人の数だけや、生涯を共にする相手の有無でもなく、 重要なのは身近な人達との関係の質。パートナーがいるかどうかというのではなく、パートナーがいても、そのパートナーと良い関係を築いているかが大切で、パートナーがいても喧嘩ばかりだったり、お互いを攻めてばかりだったりすると、むしろ幸福度は下がってしまうそうです。特に良いパートナーシップを築いている人は80代になっても健康でいる傾向が強く、たとえ少し身体的苦痛があったとしても精神的に幸福を感じている人が多いという研究結果だったということです。結婚をしていても、愛情が薄かったり、喧嘩の多い結婚は健康に悪影響を及ぼすばかりではなく、離婚することよりも悪くなります。  3.良い関係を持ち続けることは身体の健康だけでなく、脳も守ってくれる しっかりとした良い関係を80代まで持ち続ける人は、その関係に守られ、何かあった時に本当に頼れる人がいると感じている人の記憶ははっきりしているようです。一方で、パートナーには全く頼れないと感じている人には、記憶障害が早期に現れ始めるそうです。たとえ小言を言い合っていても、お互い頼り会えると感じている限りは苦難に遭遇した時に後々まで残るということはなかったそうです。   私のホリスティックヘルスコーチングやオンラインのホリスティック栄養学コースでも、とても重要視しているのが、「良い人間関係」。 いくら良い食事をとっていても、良い人間関係を築いていなかったらストレスがたまってしまいます。 良い人間関係には、コミュニケーションもとても重要です。 最近は実際に会って話をすることよりも、オンライン上での短いメッセージのやり取りの方が増えてきましたよね。 便利ではあるのですが、それによって、伝えたいことがうまく伝わらず、勘違いをされたりということも本当によくあることです。 なんだかとても残念なことですよね。もちろん、メッセージのやり取りも便利ではありますし、受け取ったら嬉しいものです。でももっといいコミュニケーションが取れるのは、電話でもいいからきちんと会話をすること、最高にいいのは、実際に会って話すことではないかなと思います。 私は電話や直接人と会って話すことで本当に元気が出ます。一人で家にいると、腐ってしまいそうな気分になります。 嫌なことがあっても、励ましてくれる人が周りにいると、頑張れますよね。身近な人との良い人間関係が、長くて幸せな人生に大きく影響を及ぼすというのも頷けます。 Robert Waldinger(ロバート・ウォールディンガー)氏が2015年にTED Talkでスピーチした内容は、こちらから視聴できます。日本語の字幕付きです。(字幕が自動で出てこない方は、この動画の画面右下にある吹き出しのマークから、”Japanese”を選択すると、日本語字幕が出てきます)           あなたの身近な人との人間関係はうまく築けていますか?   これからもっと幸せな人間関係を築いていきたいですね。       参考:The Harvard Gazette -Health & Medicine Good genes are nice, but joy is better  (2017年4月11日)  TED Robert Waldinger at TEDxBeaconStreet “What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness”  (2015年11月14日)   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。…

チャレンジするためのマインドセット

書初め。今年の自分への一文字!娘の書初めもすごかった(笑)

これを書いている今はまだニューヨークは1月2日です。 1月2日は書き初めですね。 私は6歳ごろから習字を習い始め、ニューヨークに来てからは習いには行ってませんが、たまに気が向いた時だけ家で習字をして、年に数回は日本へ出品しています。本当は毎月課題が与えられるのですが、書いているのはほんとに気が向いたときだけ。 それでも小さい頃からずっと今まで続いている唯一の趣味(??)です。いや、多分気が向いたときにしかしないので、そんなに好きというわけではなく、趣味と言えるかどうかは分かりませんが。 普段は気が向いたときしか筆を握らないのですが、1月2日の書初めの時だけは必ず毎年筆を握ってます。と言っても、その機会を使って、出品用の課題を義務のように書くのでだいたい終わっていたのですが、去年あたりから、その年の希望や叶えたい事などを書くようにしています。 去年は見事書初めで書いた願いが叶いました。やっぱり書くことで願いが叶いやすくなるというのは本当ですね。 私は去年の春頃から毎週火曜日の午後、自宅で近所の子供たちに日本語を教えているので、今日のレッスンは書初めにしました。子供たちは筆を握るのは初めてだったのですが、とっても上手に書けて驚きました。   さて、子供たちとの書初めが終わってから私の書初め。 今年の一文字は、「信」にしました。 なぜこれにしたかというと、全くいい字が思い浮かばなかったので、インターネットで自分を漢字一文字で表す、などと検索したら、自分の名前を入力して漢字一文字で出してくれるサイトがすぐ出て、そこで「信」と出てきたのです。見た瞬間、お、これピッタリ、と思って即決です。単純です。 「信」には色んな意味がありますが、私の中での意味は、下記に書いた通り。 自信の信(自分を信じるということ。これはよく勘違いされるのですが、自分はよくできる、という威張った感じの自信満々なイメージではなく、自分のことを単に信じるということです) 人を信じるということ 人から信用されるようになりたいという思い 信仰すること(必ずしも宗教のことではなく、神聖なものは信じること) 誠実さ ネットでたまたま出てきた字ですが、今年なりたい自分のイメージにピッタリすぎてびっくりしました。   娘にも書かせてみたところ、娘は、「感」という字を選びました。因みに娘は私みたいにネットで調べるというような横着なことはせず、本人が自分で考えて「感」を選んでいました。横着な母、娘に頭が下がります。 娘が「感」を選んだ理由はこちら。 いつも感謝をする気持ちを忘れないように 人の気持ちを感じられるように 自分の気持ちも感じられるように 感動を大切に 自分の感情をポジティブにすること 負けました、母。我が子ながら、なかなか立派です(笑)。 昔、娘にも習字を私が教えており、娘も日本にしばらく出品していたのですが、私があまりにスパルタだったため、ある日スパッと辞めてしまい、今も習字は好きではありません(娘よ、ごめんなさい・・・)。 しかし、今日は娘が納得するまで自分から何枚も何枚も「感」を書いていました。私は何も言わず、見守っていました(昔もそうすればよかったかも・・・)。 私も感極まり、大拍手!去年、娘は書初めで「食う」と書いていたのに、成長したものです。   さて、これを読んでくださっている皆さんの一年を漢字一文字で表すならどんな漢字にしますか? 今年もまだ始まったばかり。どうか皆さんの一年が楽しい一年になりますように。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます。 私のプロフィールはこちら。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー New!【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら   _____________________________ 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

チャレンジするためのマインドセット

たった一冊の本が人生を大きく変えてくれること

小さい頃から本は大好きで、ほぼ毎日、何かしらの本を読んでいる原田美咲です。 一冊の本でこれまでの考え方や習慣がガラッと変わってしまうことがよくあるのですが、その中でも、2年近く前に読んだある一冊の本が私の人生を大きく変えるきっかけになった話を今日はしたいと思います。 その本の名前は、 “It’s Your Life, Isn’t It?: Choosing the path that’s right for you あなたが選ぶ人生 新しい一歩を踏み出すために”     2000年に発行されているので、随分古い本です。 今は絶版になっているようで、中古でしか買うことはできないようですが、今から2年近く前の2016年の1月に、出勤前に立ち寄ったニューヨーク市立図書館でたまたま見つけたこの本は、タイトルがバン!っと私の中に入ってきて、迷わずに手に取ったのを覚えています。 幼い子供を育てながらの起業、離婚、前夫の闘病と死など、様々なことを前向きに歩んだアメリカ在住の著者で、日本にも3年間ご滞在されたことがある、Beverly Copenさんが書いた、生き方のヒントが書かれている本でした。 仕事帰りの電車の中で夢中で読んで、あっという間にその日に読み終わってしまいました。 実はその本を読む前までも私は毎日が何かしら不安を感じていました。 当時、ニューヨークに来て10年経っていて、仕事に特に不満はなかったのですが、何かが足りないと感じていたのです。 私のブログにも今まで何度も書いていますが、その何かは、パッション。 その当時は、そのパッション自体が何なのかすら、分かっていませんでした。 パッションとは、何か一つに決めなきゃいけないことではなく、いくつあってもいいんだということも気づいていませんでした。 自分が何をしたいのだろう、本当はやりたいことはたくさんあるのに、私はシングルマザーだからと、娘のためにやりたいことがあっても我慢してしっかり自分がやれる仕事をして娘を養っていかなければいけない、とか、今の自分には時間がない、私は大した学歴もないし、などと、何かにつけて言い訳をし、モヤモヤとしていました。 そしてその本を読んだ後、はっきりと、もっと自分は色んなことを楽しんでいいんだ、もっと人生を楽しんでいいんだ!と思ったのです。 そう思った次の瞬間、私はこの本の著者のBeverly Copenさんに本を書いてくださったお礼のメールを書いていました。 そしてなんと、次の日にご本人からすぐに返事をいただいたのです! Beverlyさんからのメールには、私からのメールがとても嬉しかったということ、Beverlyさんが書いた言葉が私の人生を大きく変えたことがとても感激したこと、どうか今も未来も、計画に向かって頑張ってください、Beverlyさんにとっても3年間日本で過ごしたことは人生が大きく変わったということが書かれていました。*実際は全て英語でしたが、日本語で要約しています。 そして何と私がとてもびっくりしたのが、Beverlyさん自体、本を出版してからもさらに夢を叶えていたということでした。 本の中でBeverlyさんは、「フォトグラファーになりたい」、という夢を書かれていたのですが、いただいたメールの署名に、 ”Author-Entrepreneur-Photographer” (作家、起業家、フォトグラファー) と書かれていたのです!   夢をしっかり叶えていたBeverlyさんに私は大興奮してしまいました。 Beverlyさんは80代の方ですが、この本を出版されたのが60代の頃。 その頃、将来の夢はフォトグラファーになることと書かれてあり、見事に達成していらっしゃることに、とても強い希望を感じました。   私はこの本を読んだことがきっかけで、自分のそれからの人生をきちんと向き合って、自分がやりたいと思ったことを少しずつやれるように行動し始めることができました。 さらにとても光栄なことに、Beverlyさんはそれから毎年、最初に私がメールをした時期と同じ時期にメールをくださるようになりました。 その度に、1年間を振り返り、自分に起こったことをBeverlyさんにご報告し、次の年の目標を書く、ということが恒例になっています。 しかも、毎年、メールで書いた目標を私は叶えることができているのです。 先週、1年ぶりにメールをいただき、目標を無意識のうちに叶えていた自分にも驚いてしまいました。   そして、Beverlyさんもまた、たくさんの場所を旅行して、素敵な写真を撮っていらっしゃることにも感動しました。 私はBeverlyさんとのメールを、 “a dream-come-true-email(夢を叶えるメール)”と呼ぶことにしました。   何歳になっても夢を諦めないこと、全くの未経験の分野でもできるということをBeverlyさんは教えてくれました。 本当に、感謝してもしきれないほどです。   さて、もうすぐ2017年も終わろうとしていますが、皆さんが今年読んだ本で人生を大きく変えた本に出会った、という方もいらっしゃるでしょう。 人によって、面白いと感じる本、そうでもない本、色々あると思いますが、本というものは一冊一冊、何かしら読んだ人に影響を与えるものだと思います。 Beverlyさんの本は約2年前に読んだものですが、あの本に出会っていなければもしかしたらまた人生違ったかなとも感じています。 2017年、私は50冊の本を読みました。 娘と一緒に読んだ本を合わせると約150冊になりますが、来年はもっと読みたいなと思っています。 この本面白かった!というものがあれば、ぜひ私にも教えてくださいね。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます。 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。  

イベント

JAAアップルキッズ主催:Happy Healthy Moms 忙しいお母さんのためのタイムマネジメントワークショップ

私も母親になって早10年。 シングルマザーで出産し、娘が3ヶ月に満たないうちにフルタイムで仕事復帰した私は、常に時間との闘いでした。 フルタイムで仕事をしながら、ホリスティック栄養学の勉強もし、育児も両立。 とにかく目の前にあることを必死ですることに夢中の時期がありました。   全てを両立できたのは、あの時は若かったから!(笑)というのが一番大きな理由かもしれませんが、それ以上に、常にどうやったら上手に時間を使えるかを考えて行動していたということもあるかもしれません。   時間をうまく使えることは、健康にも幸せにもとても影響します。 時間をうまく使うことで心に余裕が出てきますし、焦ることもなくなり、ちゃんと料理をする時間も生まれます。 焦らないことでストレスも減りますし、一つ一つ、着実に物事をこなすことができるようになりました。   今週金曜日、ニューヨーク日系人会、JAAアップルキッズ主催のワークショップ、Happy Healthy Moms~忙しいお母さんのためのタイムマネジメント~を開催します。 ・整理することはタイムマネジメントの必須条件。モノもデータもうまく整理するコツ。 ・優先順位が高いことを先にするのは常識、でも、優先順位の低いことも後回しにせずにする方法 ・Google アカウントをフル活用して賢く時間を管理する方法 ・料理で使えるタイムマネジメント   など、忙しいお母さんのストレスを少しでも和らげるために、お子さんとの充実した時間をもっととれるように、上手にできるタイムマネジメントの方法をお話します。   お子様連れでぜひ、ご参加ください! お申込は直接JAAへ。 212-840- 6942/info@jaany.org 日時:12月8日(金曜日)午前10時半〜11時半 場所:ニューヨーク日系人会 49 W 45th St, New York, NY 10036 費用:無料 講師:原田美咲     管理栄養士、ホリスティックヘルスコーチ。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。          

チャレンジするためのマインドセット

2017年12月までにやり遂げておきたいこと

ニューヨークはまだ今は11月29日ですが、日本はもう11月30日。 明日から12月ですね。 12月は色んな行事のための忙しさももちろんあるとは思いますが、今年はあと少ししか時間がない!という焦りのような気持ちからも忙しさを感じることもあるのではないかと思います。   この時期になると、どんなに忙しくても私は一人、一年を振り返って自分を振り返る時間を設けます。 今年一年でやり遂げた出来事や起こったことを月ごとに書き出すと、たった1年でも色んなことをしたんだなということに気づくのです。 もちろん反省すべき点もあるとは思いますが、全ては終わったこと。 書き出す時は良かったことだけを書き出してます。 後悔するのではなく、ここまで頑張った自分を褒めることが大事。 そして先に進む準備です。   ぜひ皆さんも今年あった出来事を月ごとに書き出して振り返ってみてください。   自分から進んで行動を起こしたことで良い結果になったことはいくつありましたか? やる前は躊躇してたけど、やって良かった出来事はいくつありましたか? そういった出来事を振り返ることで、自分の成長がはっきりと見えるはず。 普段なんとなく過ごしているようで、実は結構あなたは頑張っているんですよ。   悪いことも良いことも、どちらも考えれば考えるほど雪だるまのように大きくなっていきます。 ならば良いことを考えて良いことがたくさんある方がいいですよね。 良いことを口に出して良いことが舞い降りてくる方が良いですよね。 だからこそ、一年の振り返りの時には今年起こった良いことや自分が頑張ったことを書き出すのです。   もちろん人生低迷期というものも必ずあります。 でもそんな時は、今からいいことが起こる前のただのプロセスだと考えると、 辛い時も前に進んでいけます。   さあ今年もあと1ヶ月。 一年の締め切り間近です。 今年中にあなたがやり遂げたいことは何ですか? 来年の目標は何ですか? 1月1日に慌てて新年の抱負を立てる前に、余裕を持って今から準備しておきましょう。     最後に一つ、栄養士・管理栄養士の方へお知らせです。 今週土曜日、12月2日土曜日の日本時間午後9時から10時に、第二回目の栄養士・管理栄養士のための超カジュアルなオンライン交流会(無料)を行います。 今回のテーマは、みなさんが来年達成したいことについてです。 応援してくれる仲間に目標を話すと達成しやすくなると言われています。 実際私も今までほぼ全て、宣言した目標を達成できています。 今は栄養士・管理栄養士としてお仕事をされていない方でも、資格を持っている方であれば参加可能です。 この機会に皆さんで来年の目標を語り、達成させましょう。 お申し込みいただきましたら、オンライン交流会の前日までにサイトURLをお送りします。お申し込みはお名前(ふりがなみ)を添えてmisaki@misakiharada.comまで。 今年もあと一ヶ月ちょっと、最後まで皆さん実りある1年になりますように。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。  

人間関係

うまくいっていたと思っていたことが実はそうではなかったというのを知った時

実は今日、全てがうまくいっているだろうと自分では思っていたことが実はそうではなかった、ということを知らされました。   内容は個人的なことなので公表できないのですが、身近なことだったのに直接自分が関わっていなかったことで、自分はうまくいっているだろうと信じ込んでいて、でもそうではなかったという事実を知らされた時、ちょうど外を歩いている時だったのですが、驚きのあまりそこで一歩も動けず立ち止まってしまいました。   身近なことだけど、自分が直接関わっていないことというのは世の中にとても多くあります。   例えば、身近にいる家族のことでも、その家族が職場や学校にいる時は、自分は直接関わっていませんし、特別なことがない限りはその場面を見ることはできません。 自分が近くにいない時というのは、何が起こっているかは実際には分かりません。   仕事にしても、全てがうまくいっていると思っていて安心しきっていたのに、 実は全然そうではなかった、ということもあります。   私の元に今日起こった、うまくいっていると思っていたけど実はそうではなかったということに関しては、仕事のことではなく個人的なことだったのですが、今日はしばらく色々と深く考えました。   なぜ人はうまくいっていると思っていたけど実はそうではなかった、ということが起こってしまうのか。   自分なりに考えて出た答えは、そういうシチュエーションの時は、自分がうまくいっていたと思っていたことに関して、実際はちゃんと向き合っていなかったということだったんだな、と。 他のことに夢中になっていて、こっちはうまくいっているから大丈夫だろう、と勝手に勘違いをしていたり、後回しになっていたり。   そして、だいたいうまくいっているだろう、と勘違いしているものは結構大切なことだったりもします。 でも勝手に大丈夫と勘違いしているために逆におろそかになってしまっている、そういう状況で実はうまくいってなかった、ということに気づくのでしょう。   全てを器用に完璧にできる人はいませんが、たまには自分を見つめ直すこと、大切にするべきものや人をちゃんと大切にできているか、というのを見直してメンテナンスすることも必要だなと改めて気づきました。 皆さんも毎日忙しい日を送っているとは思いますが、たまには少し自分自身を見つめ直してメンテナンスする時間も与えてあげてくださいね。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。

The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️、ホリスティック栄養学校) 

人のため、自分のためにやりたいことをやり続けること

基本的にやりたいことがあったらすぐやる原田美咲です。 昨夜は、私が卒業したホリスティック栄養学校(The Institute for Integrative Nutrition、IIN™️) の卒業生と在校生が参加できる、ニューヨークエリアでのカジュアルなMeet Upがあり、参加してきました。 Meet Upはマンハッタンのミッドタウンにある、Tournesol Wellnessという会場であり、30−40名くらい集まりました。 トップの写真は、そこの帰り道。 クライスラービル、グランドセントラル駅からも近い場所でした。   IIN™️の卒業生で、IIN™️の講師でもありメディアでも有名な、私の大好きなAndrea Beaman もご主人と一緒に参加されていました。 参加者とそれぞれ話をしたり、途中、みんなで輪になって一人一人、自己紹介もしました。   年齢も出身地も様々なニューヨーカー。 在校生も卒業生も一緒だったので、すでにホリスティックヘルスコーチとして活動をしている人、まだ活動をしていない人、それぞれでした。 でもやっぱりすごいなと思ったのが、みんなそれぞれ、 やりたいことをやり続けていること。 参加していたメンバーは皆、同じ学校でホリスティック栄養学を学んでいる人たち。 それぞれのパッションを持って、人のため、自分のために、健康や幸せに貢献したいと思って進んでいる人たちです。   フルタイムでホリスティックヘルスコーチとして活動をしている人や、私のように、ホリスティックヘルスコーチとして活動する傍ら、他の活動もいくつかしている人もいました。 でもそれぞれ、やりたいことを全部やっている。 きっといずれ、一つに絞るときも来るのかもしれないけど、特にニューヨーカーは、いくつものことを同時にやっている人、とても多いです。   参加者の中にも、 アーティストを続けながらホリスティックヘルスコーチをしている人。 ファイナンシャル分野で勤務しながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 大学に通いながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 ファッション分野で働きながら、ホリスティックヘルスコーチをしている人。 などなど。 でもみんな、色んなことをしている理由が、お金のためではなく、ただやりたいからやっている。   ホリスティックという意味は、全体的な、とか、心身一体的な、という意味を持つので、どんなジャンルでも、結局は全てホリスティック栄養学に繋がっていくのが、面白いところです。 私自身も、ホリスティックヘルスコーチとして活動をする傍ら、レストランのコンサルティング、子供国語クラスの教師、などなどしています。 それも全部、やりたいからやっているだけです。 楽しいからやっているだけ。 基本、なんでも楽しいと思う性格なので、頼まれたらやることも多いです。   会社勤めをしていた時、仕事内容や給与に不満があるわけではありませんでしたが、一つだけ不足していたものが、パッションでした。 仕事が嫌いだったわけでもありませんし、職場での人間関係も最高に良く、とても恵まれた環境で、安定していました。 ただ、私にはその”安定”が、不安だったのです。 このままやりたいことを全力でやらずに、ぬるま湯に浸かって生きていくの? そう疑問を持ち続けていました。 安定から抜け出し、パッションのあることを全力でやるために、私は何の不満もなく恵まれていた会社を退職しました。 決断するには1年以上、時間がかかりました。 せっかく安定していたのにもったいない、と思う人もいるでしょう。 でも私には、やりたいことをやらない時間の方がずっと、もったいない。 そして今、一瞬たりとも後悔はしていません。   今回のMeet Upに参加して、改めてそう思いました。 なんだ、みんなやりたいことやってるじゃん。 お金や学歴、家族構成なんか関係ないじゃん。 やりたいことを全力でやってる方が生き生きしてていいじゃん! 別に周りを見る必要なんて何にもないじゃん! って思いました。     また、参加者の中で一人、ステージ4の癌を宣告され、ホリスティック栄養学で学んだことを実践し、癌を治したという人もいました。 その人は、癌にかかる前も、食事はとてもヘルシーなものを食べていたとのこと。 でも、精神的にとてもストレスになる生活をしていたのが、癌の原因だったのかもと話していました。 ストレスになるような原因を全て排除し、ゆったりと気持ちにも余裕が持てるような生活をした結果、癌が消え、それには医者もとても驚いていたとのこと。 やっぱり、食事だけでは健康と幸せを手に入れるのは不十分です。 食事の他に、精神面も健全な状態でないと、真の健康と幸せを手に入れることはできないですね。   さらに、やりたいことをやり続けるそのパッション。 これって実は、一番生命をみなぎらせるポイントなんじゃないかなと思います。   みんなで輪になって簡単な自己紹介が終わった後、何人か私のところに来てくれて、色々質問をしてきてくれました。 日本の文化にも興味を持ってくれている人もいて、とても嬉しかったです。 この日、日本人は私一人、アジア系の人もあと一人しか参加していなかったので、肩身が狭いかなとも思ったのですが、全然そんなことはなく、みんな良く話しかけてくれてさすが人種のるつぼで生活しているニューヨーカー、人種は全然関係なく受け入れてくれるんだなあと思って嬉しかったです。   改めて、この日出会った人たちのように、私もこれからも、人のため、自分のためにやりたいことをやり続けようと心に誓いました。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。

幸せ

最高の誕生日プレゼント

ニューヨーク時間ではあと一分で10月11日になってしまいますが、今のところ、10月10日。 と、書いていたら、10月11日になってしまいました・・・。   さて、10月10日は体育の日(昔は)、そして、目の日ですが、 実は私と娘の誕生日でもあります。     本当にありがたいことに、今日はたくさんの方から祝福していただきました。 朝早くに電話をくれた両親や友達。  両親には私のほうから一番感謝しなければいけません。   とてもお世話になっている方々からお食事をご馳走になったり、 わざわざプレゼントを自宅まで持ってきてくださった近所の方。 娘の前の学校で一緒だった友達がわざわざ来てくれて、 前のクラスメート達からの心のこもったお手紙とプレゼントをくれたり。 道ですれ違って、ハッピーバースデー!と大きな声で言ってくださった近所の方。 長く連絡を取っていなかった友達からの突然のバースデーメール。 登録しているウェブサイトのアカウントからの誕生日のお祝い自動配信メール。 Googleの検索画面の誕生日バージョンのロゴ。 そしてFacebookや個人メッセージで祝福のメッセージをくださった多くの方々。 とっても嬉しかったです! お返事は改めてさせていただきますね。 数え上げればまだまだたくさん。 こんなにも、たくさんの方が誕生日を祝福してくださるって本当に嬉しいことですね。   本当に、ありがとうございます!   一人ひとりから色んな形で祝福してもらえたこと、皆さんからのその心が、 私にとっての最高のプレゼントでした。   私の誕生日に生まれてきた娘ももう10歳。 母になって10年も経ったなんて信じられません。 娘の成長も、あっという間でしたが、私も娘がいたおかげで成長できたということも、言うまでもありません。 そして私たちを支えてくださった多くの方には感謝してもしきれないほどです。   2017年に入って、大きな変化がたくさんありましたが、 その中でも特に、多くの時間を使って没頭できたもののひとつが、 今年7月から始めた栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースの開講でした。 一人ひとり丁寧にコーチングをしよう、 そのためにははじめは時間はかかって効率は悪くても、コースを受ける方にとって身になるよう、しっかりと丁寧にすることを目標にとはじめたこのコース。 今週、第一期生の方が、コースを修了されました。   そしてとても嬉しいことに私の誕生日の今日という素晴らしいタイミングで、 とっても嬉しいポジティブフィードバックをくださいました。   今日は少し長くなりましたので、次回のブログで内容をご紹介したいと思います(受講生の方にはご了承済みです)。   今日は皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんのおかげで最高の誕生日を過ごすことができました。   この一年も、楽しく面白い一年にしていきたいと思います!   おまけですが、今日お昼にお食事をいただいたレストランが入っているビルから見た空、 私にはハート形がいっぱい見えて嬉しかったです。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細、初回無料コンサルテーションの お申込はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。