CATEGORY 人間関係

人間関係

傷だらけでも向き合った結果。人間不信の猫がたった一年で心を開くまで

去年の今日、2016年9月25日は、私が飼っている2匹目の猫がうちに来た日です。   私の娘がテイラーと名付けたその猫は、近所のアパートの庭に捨てられてしまっていた猫たちのうちの1匹。 そのアパートに住んでいる知人から、誰か引き取ってくれる人はいないかという話を聞いたのが、去年の8月。   すでに当時、1匹の猫を飼っていた私。 でも、直感で、引き取りたいと強い気持ちを感じました。 その日のうちにアパートの管理者に問い合わせました。   実際には10匹以上の猫が捨てられていたそうです。 アパートの管理人もちゃんと猫を大切にしてくれる人に渡したいという思いもあったようで、会う前に電話でインタビューを受けました。   私の家にはすでに猫がいることも心配され、病気を持っているかもしれないし、今私が飼っている猫とうまくいくかわからないけど、それでも大丈夫?と言われました。   不安がゼロだったわけではありません。   ただその時、猫を救いたいという強い気持ちがあり、その意志を伝えました。 そしてその後、アパートに猫を見に行きました。   虐待をされていたのか、どの猫も人間には近づこうとせず。 餌も、人間の様子を伺いながら恐る恐る食べにくる、という様子でした。 体も痩せて汚れ、健康的には見えませんでした。   あとで聞いた話ですが、実際にそのうちの何匹かは重い病気にかかっており、 安楽死をさせざるを得なかったそうです。   最後に引き取られたのがテイラー。 アパートの人たちがとても協力的で、私が引き取る前に避妊手術を済ませてくれ、抜糸が終わるまで預かってくれました。   テイラーは、家に連れて帰る移動中もずっと震えており、家についてもケージから出てこようとせず、ほぼ無気力の状態でした。     でも、私が手を出して触れようとするとすごい勢いで私を威嚇し、鋭い爪で素早く引っ掻きます。 大変なことになってしまったな、と内心思ってしまいました。       しかも、当時、テイラーは目に感染症を持っていました。 予防接種や検査なども全ては終わってなく、はじめのうちは別の猫とも部屋を別々にしなければならず、ベッドルームにテイラーを入れて、ドアを閉めておく必要がありました。   獣医さんのところにも何度連れて行ったことか。   感染症にかかっていた目に目薬をさすたびに噛みついたり引っ掻いたり。 私の手は傷だらけになりました。 でも、小さいころから猫と一緒のことが多かった私は、猫に噛まれる、引っ掻かれるのには慣れっこ。 ただ、友人から、傷がひどいね、自分で傷つけているみたいにみえるよと言われた時にはこれはまずいと思い、手を傷つけないよう、獣医が使っているような分厚いグローブを購入。   その後はグローブをはめて目薬を挿していましたが、その後に寄生虫も見つかり、薬も飲ませなければならず。 薬を餌に混ぜる、という方法も試しましたが、そうすると餌を全く食べず。。。 分厚いグローブだとなかなかを飲ませるのが大変だったりするので、引っ掻かれる、噛まれるのを覚悟でグローブを外し、格闘。   また傷だらけになりました。   目薬をさされるのが嫌だったのか、タンスの引き出しを自分で開けて中に隠れ、 私が開けると別のタンスの引き出しに隠れ、それの繰り返し。 テイラーと私で知恵試し、みたいなこともありました。   そしてさらに耳ダニも発見され、その治療にも3ヶ月ほどかかりました。 薬をつけるため、またまた私の手は傷だらけに(笑)。       でも、傷だらけになりながらも何度もテイラーと向き合っているうちに、 あれだけ凶暴だったテイラーは、少しずつ落ち着き始めました。   私がいつもご飯をあげていること、 そして、薬を飲んだり目薬を挿したりしているうちに、 体調も良くなっていったのが分かったのでしょうか。   なんと、私にもほんの少しずつですが、心を開くようになっていったんです。   感染症や耳ダニもなくなり、ベッドルームを解放して二匹が一緒に交流できるようになったのは、引き取って3ヶ月以上経ってから。   自由に動き回れるようになったテイラーは、夜、 私がパソコンの前で仕事をしていると近づいてきて、 私の足の匂いを嗅ぎ始めました(いきなりそこからかい!と思いましたけど(笑))。   朝、私が起きてバスルームに入ると、バスルームの扉を自分で開けてまで、 私を覗きに来るようになりました(ちょっと行き過ぎ!と思いましたけど(笑))。   キッチンに行くと、餌をもらえると思って、じっと私を見つめるようになりました(この辺は猫らしい)。   そして、そのうち、触っても威嚇しなくなりました。   10ヶ月以上経ってから、なんと、ベッドに上がって一緒に寝るようにもなりました。 まだまだ顔のほうまでは来てくれませんが、私の足の上で寝たりはします。     そしてやっと最近、抱っこさせてくれるようになりました!!!     もう、ここまで来ると、涙が出ますね。     少しずつ、狭いアパート内ではありますが、世界が広がっていったのでしょうね。   私の家にもともと住んでいるもう1匹の猫のマドンナとは遊びたがり、ついて回ってます。   マドンナは最初はいきなり来た若い女の子に嫉妬していたのか、テイラーに対してずっと威嚇したり、パンチしたり。     でも最近は、マドンナも威嚇することは少なくなり、一緒にソファで寝たり、遊んだりしています。   夜中に二匹で大運動会が繰り広げられるのは少し迷惑な時もあるけど、それだけ元気な証拠。 最近は私も安心してぐーぐー寝ることができます。   テイラーはマドンナに対して威嚇したことは一度もなく、やっぱり先輩後輩は分かっているのでしょうね。     一度心に傷を負った猫は一生このままなのかなとはじめ思っていたのですが、…

イベント、活動報告

「自分を知るプラクティス」の著者、白石里美さんにお会いしました!

「自分を知るプラクティス〜嫉妬と焦りにまみれた女がNYで心の平穏を得るまで」 という本を先週発売された、 著者の白石里美さんにお会いしました! 白石里美さんは、甘酒を使ったドリンクとアイスクリーム、 そして日米で特許を出願中の栄養バーなどの商品を作っておられる、 Ancientics®︎の代表で、 私と同じくホリスティック栄養学校(Institute for Integrative Nutrition) の 卒業生でもあります。   長年、ご活躍はブログやインスタでも拝見していたので、ずっとお会いしたいなと思っていた里美さん。 NYに住む女性の中でも特に憧れの方だったのでお会いできて本当に感激、 そして思っていた通り、とっても素敵な方でした。 娘さんも元気いっぱいでとっても可愛い〜! お忙しいはずなのに、ゆっくりと私と色んな話をしてくださったこと、 本当に嬉しかったです。   本は、最初の一ページからかなり衝撃。 いや、正確にいうと、 無意識に、さっと姿勢を正してしまったほど、 「ヤバい。。。このままじゃだめだ」 と反射的に考えさせるような一文目からどーんと、大きな衝撃。     他人といつも比べてばかりの自分、過去の経験から自分に自信が持てない、 でもきっと自分は何かもっとできるはず、 と思いつつも、結局何年もそう思い続けて思い通りの人生を送ることができていない、 そんな思いを持っている人にぴったりの(私もそうだったな、そして今も完全にそんな想いから抜けられているわけではありません)、自己啓発本とも、キャリアやビジネス書ともいえる本です。   人脈がある人はいいなーと思っている人、多いと思いますが、 里美さんの本に出てくるたくさんのすごい人脈(ホントに驚くほどすごい!)は、 決して里美さんがぼーっとしてて転がってきた人脈ではなく、 里美さんが自ら行動してできた人脈。   でも、勘違いしてはいけないのが、本当は誰にでもできる、たった一歩を踏み出すこと、 勇気を持つことからもできることだということが、 本を読んだ人には分かります。 そして、そのヒントももちろん本に隠されてます。     それを気づくか気づかないかで、大きく人生変わりますよね。   ステップごとに書き込み式の自分を知るプラクティスでは、本を読んで終わり、 その後少ししたらすぐに内容を忘れてしまって実行までにいかないような他の本とは違い、 しっかりアウトプットできる点は、 この本を著者の里美さんと一緒に自分オリジナルの本に作っている、 そんな感覚さえ感じてしまいました。   その辺りは、さすが、ホリスティックヘルスも学んだ里美さんの、 読者目線で考えた素晴らしい点だと思います。   娘を学校にピックアップする直前にアマゾンから届いたこの本。 待ちきれずに本を片手に、歩きながら読んでしまったくらい (危ないので真似しないでください)、 面白すぎて一気に読んでしまいました。     この本に出会えたこと、白石里美さんご本人にお会いできたこと、どちらも人生を良い方向に大きく変える出来事になること、間違いなしの予感です。   この本に書いてある30のプラクティス、即実行中です。 何度も読み直して、日々プラクティスして、習慣づけると、 きっと奇跡が起こりそう!     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細、初回無料コンサルテーションの お申込はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。 _____________________________

愛のロープ人間関係

あまり知られてないけど、超重要!ビタミンL💓の話。

「ビタミンLって聞いたことありますか?」 因みにビタミンやミネラルのサプリメントは実は現在一切摂っていない原田美咲です。 理由は、色々あるけど、第一に、あまりマメな性格ではないので、もしよいサプリメントがあってもきちんと飲むのを忘れるから(ほんとに忘れる!)、第二に、できるだけ食事から自然に摂れたらという気持ちもあるからです。   さて、あまり知られていないけど、超重要な、ビタミンLの話。 このブログタイトルのビタミンLの隣に💓マークをつけたので、勘のいい人は気付いたかもしれませんが、そう、ビタミンLのLは「Love」のこと。 科学的にちゃんと位置づけされている訳ではないですが、私が卒業したホリスティック栄養学校、The Institute for Integrative Nutritionの創設者、Joshua Rosenthalから学びました。   初めて聞いたとき、なるほどー!と思いましたね。   健康を保つには、食べ物からの栄養も必要です。 でも、正直、それよりも私が、健康でハッピーに過ごすためにすっごく大切だと思うのが、”Love、愛”です! なんだか照れくさく感じるかもしれませんが、ほんとほんと。 Loveがなかったら、健康もハッピーもないです。   どれだけ栄養価の高い食事をしていても、自分を愛していなかったり、愛されていなかったりしたら、心はどんよりです。 家族からの愛でもいいし、子供からの愛や恋人、友人からの愛でもいい。 特別な人からの愛であれば、もっと嬉しいですよね。 愛をもらうためには、まずは自分を愛することも重要です。 ナルシストみたいに聞こえるかもしれないけど、自分のことを好きじゃなかったら、他の人にも愛情を与えられないんじゃないかなと思います。   自分を愛していなかったり、誰かからの愛を感じていなかったら、本当に悲しいし、逆にほんの少しでも愛を感じたら元気いっぱいになりますよね!   そんなに栄養価が高くない食事でも、仲のいい友達や家族、恋人と楽しく食べる食事って、心がとっても穏やかになりませんか? 楽しい=愛があるからでしょうね。 そんなに凝った料理じゃなくても、自分や誰かが愛情込めて作った料理って、やっぱり料理から心が見えてくるようで、本当に美味しいですよね。 作った人の顔が見えると、もっと美味しく感じますよね。   ビタミンLは、食べ物だけから摂れるものじゃないのがまたすごいところです。 色んな愛、家族の愛だったり、友達からの愛だったり、恋人からの愛だったり、身近な人ではなくても、どこかでつながっている人が何気なく与えてくれる思いやりも、愛の一部ですよね。 色んな人の愛をきちんと受け取れる人、そして他人に愛を自然に与えられる人は幸せだなあと思います。   ビタミンLについては、他の科学的な細かいビタミンの話より、とっても重要で、興味深いビタミンではないかなと思います。 愛(思いやり)を感じるたびに、体の中に栄養が吸収されて、どんどん健康でハッピーになっているのを感じながら日々生活していくと、毎日がほんとに楽しくなります^^ どんな形であれ、恥ずかしがらずに愛をちゃんと伝えること、すごく大切です! といっても、伝えるのってすごく勇気のいることですよね。 面と向かってストレートに言えなくても、伝わる愛情表現っていっぱいあると思います。 自分なりの愛情表現でも伝われば十分じゃないでしょうか。   皆さんもLove、愛を日常の中にどんどん取り入れていってくださいね。   いつも皆さんの健康と幸せを応援しています。   私と話をしてみたい方、何か聞いてみたいことがありましたらお気軽に、 misaki@misakiharada.com まで、メールをください。   1通1通、しっかりと読ませて頂きます。   私のプロフィールはこちら。          

橋にかける南京錠のおまじないタイムマネジメント

何にでも使えるおまじない??○○の法則

「おまじないを信じたことはありますか?」 おまじないなんかくだらない、と思いながらも、今まで試してみたおまじない(←試してるじゃん!笑)はかなりの確率でバッチリ効果があった、という経験を持つ、原田美咲です。 さて、今日は女の子が喜びそうな、おまじないのお話です^^ でも、女の子だけじゃなくて女性、男性、どちらもけっこうためになるお話ですので、ぜひ読んでみてくださいね。   おまじないの前にちょっと科学のお話。 物理学になるのかな? 聞いたことがある方も多いとは思いますが、 「真空の法則」 ってご存知ですか?   真空とは、空気も物質も何もない状態のことですが、 自然界や宇宙はこういった真空の状態を嫌い、 あえて必然的に真空状態を作ると、 自然界の力が働いて、真空状態をなくすように、 空いたスペースにぴったりとあてはまるようなものが 引き寄せられていく、というのが真空の法則です。   つまり、物質的または精神的にスペースを作ると、 そこにぴったりと当てはまる何かが引き寄せられていくそうです。 逆に、スペースを空けないと、新しいものが入ってこなくなります。   断捨離などでも同じようなことが言えますね。 ものがごちゃごちゃしている状態だと、必要なものも本当に欲しいものも分からなくなりますが、断捨離をすることで、本当に必要なものや欲しいものがきちんと分かるようになり、 さらにその後、良いことまでも起こるようになった、という話も聞きますよね。   つまり、先にきちんと空けておき、 新しく入ってくるもののためにスペースを確保することで、 良いことが起こる可能性がとても高くなるのです。   物質的なこともそうですし、身体的や精神的にも、 心に余裕を持てれば、新しいことも受け入れられるようになりますよね。   物質的なことであれば、断捨離が良い例ですが、 身体的なことであれば、例えば疲れたら無理せず何もしないで休む、 そして体が休まったらまた元気に活動できるようになります。   精神的なことであれば、やることがいっぱいで、頭もパンクしそうなとき、 いったんすべてを置いて何も考えない時間を作ったら、 またすっきりして良いアイデアが浮かんできたりします。   時間がないと思っている人は、先に時間を作ってしまうことです。 例えば、残業しない日を決めて、その日はどんなことがあっても残業をしないようにする。 そんな日を決めるだけでも、その日のために向かって一生懸命頑張ろうという意識も湧き、 結果的にとても生産的に過ごすことができたりもします。 しかも、残業をせずに早く帰宅できたら、 もっと自分や家族のために時間を使うこともできます。   そう、 「頭の中や空間にスペースを作る」 これが何にでも使えるおまじないです。   ほんとはここで終わりたいと思ってましたけど、 「おまじない=恋愛のおまじない」 と思っている女性(男性も?)も多いと思うので、 ここで終わりにするとなーんだ、と思われそうなので(笑)。       この、真空の法則を利用した、恋愛のおまじない(怪しいおまじないではなく、理にかなったおまじないです。このブログの画像の、南京錠のおまじないでもありません!)に関しては、 ご興味のある方にだけ、個別メールで送りたいと思います。 自動配信メールではなく、個別対応なので、お返事には少し時間がかかると思いますが、 一通一通、きちんと書かせていただきます。   下記のフォームでお名前(ニックネームでも可)とメールアドレス、ブログの感想や聞きたいことを入力して、 Submitを押してください。   今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^ それでは今週も、楽しい一週間をお過ごしくださいね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー おまけですが、先週のブログでご紹介させていただきました、 Accountability Partner 無料キャンペーンについてのご案内です。 ブログを読んでくださった方の中からお二人(お話する時は一対一、個人情報は一切漏らしませんのでご安心ください)に、私がその方のAccountability Partnerとして定期的にお話する時間を2ヶ月間プレゼントします! 一回30分、2週間に一度(時間は応相談)、計4回分です。 無料ですが、普段のコーチングと同じように、この2ヶ月間は全力でサポートさせていただきます。 この企画にご応募される方は、2017年8月30日までに、下記の応募フォームにお名前、メールアドレス、応募の理由をご明記の上、”Submit” ボタンをクリックしてください。 健康の悩み、健康以外のその他目標や悩みなど、理由は何でもOKです。 世界中からご応募可能です。   全ての応募者の中からお二人を選び、9月初旬頃、当選者の方にご連絡しますね。 本気で変わりたいと思っている方、ぜひ理由をしっかりお書きの上、ご応募ください。        皆様のご応募、お待ちしています^^   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。