CATEGORY 人間関係

人間関係

恋愛でも仕事でも駆け引きテクニックは無意味

  あなたは仕事や恋愛で、駆け引きをしたことはありますか? 駆け引きをして良かったことはありましたか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 駆け引きって言葉を聞いただけでも 私はストレスがたまりそうになります(笑)。 仕事や恋愛の駆け引きはめんどくさいですよね。。。 私の中で駆け引きとは、 人を騙しているのと同じようなものです。 例えば恋愛での駆け引き。 なんで自分に気を向けるために、 わざとテキストの返事を遅らせたり、 冷たいふりしたりする必要があるのか。 駆け引きって、 そういうのだけではないと思いますが、 そういう駆け引きを勧めている人がいたりするのが 分からないです(笑)。 元々テキストの返事が遅い人もいるので、 それはそれでその人それぞれ。 私も比較的、返事は遅いほう。 もちろん内容にもよりますが。。 でも、わざと返事を遅らせたり、 冷たくすることを テクニックとして推薦している記事などを見ると、 正直他にもっと伝えるべきことがあるのに、 本当に残念だなあと思います。 駆け引きの元々の意味は、 ① 交渉・談判や試合などで、 相手の出方や状況に応じて、 自分に有利なように事を運ぶこと。 また、その術。 「 -がうまい」 「恋の-」 ② 戦場で、臨機応変に兵を進退させること。 *コトバンク、大辞林 第三版参照 だそうです。 つまり、自分のことしか考えてない! こんなので、その後の仕事や恋愛がうまくいくわけないですよね。。。 恋愛も仕事も、 相性はもちろんあると思いますが、 どれだけ相手のことを思いやっているかで うまくいくかいかないかが 変わってくると思います。 自分が有利になることを考えることなく、 相手を本当に思いやる気持ちが 相手に伝わっていれば、 相手もきっとその気持ちに 応えたくなりますし、 良い気持ちになると思います。 駆け引きテクニックをしなければならないような相手なら、 きっと最初からうまくいかないでしょう。 そんな状態なら、 相手にとっても嬉しくないですよね。 苦しいことが待っているだけです。 私も若かりし頃(笑)、 そのような経験がありました。 駆け引きをしたりされたりして、 良かったことは全くありません。 残るのはストレスだけ。 当然、うまくいくわけがない(笑)。 相手を思いやれる関係、 そして相手が自分のことを思ってくれていることを きちんと感じられること、 それこそが良い関係ではないかと思います。 駆け引きをするような相手や 駆け引きをしなければいけないと思うような状態は、 ストレスの塊です。 本当に大事なことを見失わないように してくださいね。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 恋愛や仕事での駆け引きは、 自分のことしか考えていません。 恋愛や仕事をうまくいかせるのは、 駆け引きのテクニックを磨くのではなく、 単純に相手のことを思いやることが とても大切です。 駆け引きをするような相手とは 最初からうまくいきません。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#75 仲良くしたい相手と距離を近づけるために見るべきポイント

ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく 新時代の幸せパフォーマンス管理士の原田美咲です^^ こちらの記事は、2018年、3月25日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#75 無意識によく見てしまうこと 無意識によく見てしまうことはありますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 昨日は昔からお世話になっている ニューヨーク在住の日本人の方と 食事に行きました。 昨日行ったところは、 Oya(オヤッ)というユニークな 名前の創作和食レストラン。 フォアグラをバルサミコとチョコレートで 蒲焼きにしたお寿司や、 ポテトチップス、トリュフと 玉ねぎのアイオリソースを トッピングしたお寿司、 熊本オイスターを 柚子胡椒と泡立てたイカスミを トッピングしたお寿司など、 意外な組み合わせをお寿司にしているのが 結構美味しくて、 お寿司以外にもたくさん食べましたが、 特にお寿司系お刺身系は 美味しかったです。 実は私はレストランに来ると、 無意識によく見てしまうことがあります。 お料理の具材や見た目、 美味しさなどももちろん見ますが、 ついつい、 お店の広さやスタッフの数、 お客さんの層や客数、 スタッフの働き方、 インテリア、衛生面などを見てしまいます。 ニューヨークで12年間、 レストラン業界で仕事をしてきたせいでしょう。 客単価はどれくらいかな、 人件費やフードコストはどれくらいかな、 と計算してしまったり。 入り口入ってすぐにいきなり、 コートチェックで3人もいたのも、 人件費の無駄ではないかと 気になったり(笑)。 でもさすがにわざわざそれを 一緒にいる人に自分から話したりは しないのですが、 一緒に食事に行った人は 私が見ているところが違うと思ったようで、 何を見ているんですか? と鋭く聞かれてしまいました(汗)。 聞かれて正直に答えたら、 その方も同じように、 見ていることが違ったみたいで、 その人はレストランのキッチンで 使われているもので 家でも使えるものはないかを 観察していたみたいです。 人それぞれ 見ていることが違って面白いですし、 そこから興味のあるところが 分かりますね〜、 という話で盛り上がりました。 興味があることって 人に聞かれたら、嬉しくて 目を輝かせて話したくなるものですよね。 男女関係なく、 仲良くなりたいなと思う人がいたら、 相手が無意識に見ている目線の先が その人が興味のあることかもしれないので、 そこから話題を作っていくと 話も盛り上がって仲良くなれるかも しれませんね。 あ、でも私の例だと特別で、 さすがにレストランで食事をするときに、 人件費やフードコストの話は 目を輝かせてまでするような話題ではなく、 単にこれまでの職業柄、ということです(笑)。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 人が無意識によく見ている目線の先は その人が興味のあることかもしれません。 話を盛り上げたいとき、 仲良くしたいと思う相手がいたときは、 その人の目線の先にある興味のあることを 聞いてみるといいかもしれませんね。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#67 別れと卒業

ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく 新時代の幸せパフォーマンス管理士の原田美咲です^^ こちらの記事は、2018年、3月17日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:#67 別れと卒業 誰かと別れたことはありますか? 卒業の後には何が待っていますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 「若い彼女はみんな俺を卒業していくんだよ。。」 昔そう嘆いていたのは、私の友人の一人。 若い子と付き合った後に、 なぜか振られるらしいんです。 まあ大体の原因は予想がついていたので、 女性目線で少しアドバイスをすると、 納得した様子でした(笑)。 男性脳と女性脳は違いますからね。 男性脳と女性脳の話はまたの機会に^^ さて、人はある程度親しくなると どういう関係であれ、 別れる時って やっぱり寂しいものですよね。 今は日本は卒業シーズンですね。 たくさんの別れもあるでしょう。 でも別れって、 「死」以外は本当の別れではないと思っています。 「死」に関しても、厳密に言えば 永遠の別れではないのかもしれませんね。 自分が死んだらその人と天国で会えるかもしれませんし。 別れがあれば必ず出会いもあるわけで、 別れは卒業と一緒で、単なる1つの良い区切りで そこから新たなストーリーが待っているんじゃないかと 思います。 失恋、卒業、 退職、離婚、 などなど、 様々な別れはありますが、 別れる時は多少こじれていたとしても、 別れた人、 新たに出会った人との関係を 大事にしていくことで、 さらなる良い出会いが 待っているのではと思います。 その別れに執着している状態だと、 心に余裕ができず、 何か良い出会いがあっても 自分の中に受け入れられないかもしれません。 かと言って、 自分がまだ別れを悲しんでいるときに 無理して出会いを見つけようとしても 空回りすることがあります。 今は一人でいる時だと思ったら そうしたらいいし、 出会いがあった時に 自分が前に進める気持ちになったら それは少し背伸びしてでも頑張っていいと思うし、 その辺りの加減は、 やっぱり自分の正直な気持ちに しっかり向き合うことだと思います。 気持ちの向き合い方が分からない、 という人は、 自分の本当の気持ちを発見する方法を こっそり教えますので、 メールくださいね^^ ◆今日のヒントのまとめ◆ 別れがあれば必ず出会いもあります。 自分の正直な気持ちに向き合い、 また新たな良い出会いを探していきましょう^^   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 メルマガ読者様限定の特典情報もあり。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント :#36 バレンタインデーの思い出

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、2月14日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:バレンタインデーの思い出 あなたのバレンタインデーの思い出は何ですか? 大切な人にどんな風に気持ちを伝えますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ *この記事は2月14日、バレンタインデーの日のメルマガで書きました。アップした日付と違いますが、ご了承ください。 日本だと女性が男性に贈り物をするのが普通でしょうか。 アメリカでは、男性から女性へが普通、かもしれませんが、ニューヨークでは、男性、女性とも、大切な人に愛情を伝える、という日のようです。 なので、特に恋愛感情はなくても大切な同性にでも、贈り物をすることはあります。 私のバレンタインの思い出は、ロマンチックなのもあったのでしょうけど(笑)、強烈に覚えているのは、小学一年生の頃と、つい3年ほど前のこと。 小学一年生の時は、クラスにめちゃくちゃモテる男の子がいて、放課後、すごい数の女の子が、その男の子の家に、チョコレートを持って押しかけていったのを覚えています。 私は、というと、そんな、みんなで同じことしても効果ないわ、と思って、冷めた目で見てましたね(笑)。 なんて可愛くない小学生。 3年ほど前は、娘が男の子にチョコをプレゼントされ、そのチョコを、当時預かっていた小さな犬に食べられそうになった、というヒヤヒヤする思い出。 この2つが、私のバレンタインの強烈な思い出です。 ロマンチックなイメージのバレンタインに強烈に残っている思い出が、一風変わったこと。 これは私に限ったことでもなく、普通のイメージではない、一風変わった思い出って、心に残りやすいんじゃないかなと思います。 と、いうことはですよ。 もしあなたが、日頃大切にしている人がいれば、その人に向けて、一風変わった面白いアプローチをしてみると、長い間、覚えていてもらえるかもしれません(笑)。 今日はタイトルからは、期待を裏切るような内容になってしまいましたが、この、「期待を裏切る」ようなイメージも、意外と記憶に残るのかなと思ったりします。 このヒント、伝わりますでしょうか。 さて、今年のバレンタインデーは私は大好きな女友達と、ランチにラーメンを食べに行く予定です(笑)。 ◆今日のヒントのまとめ◆ バレンタインに、誰かに気持ちを伝えたいと思っている方。 真剣に伝えるのもよし、面白さを狙って伝えるのもよし。 でも何か、一風変わったインパクトがあると相手の記憶に残りやすいかもしれませんね^^   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 _____________________________ 私のプロフィールはこちら。 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント :#30 人生を長く、幸せにするものとは?

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、2月8日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:人生を長く、幸せにするものとは? あなたは幸せに生きたいと思いますか? あなたの人生を長く、幸せにするものは何だと思いますか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 昨日久々にブログを更新しました。 トピックは、 「ハーバード大学が80年近くに渡る研究で明らかにした、人生を幸せにするものとは?」 メルマガを読んでくださっている方の中には、すでにもうブログを読んでくださった方もいらっしゃるかもしれませんが(いつもありがとうございます)、まだ読んでないという方のために、ぜひこの内容は知っていていただきたくて、メルマガでもご紹介したいと思います。 ブログの中でご紹介したものを要約すると、ハーバード大学が80年近くに渡る研究で明らかにした人生を幸せにするものとは、富や名声ではなく、 「良い人間関係」 に尽きる、ということ。 そして、パートナーの有無が大事ではなく、パートナーとの関係が良いかどうかが重要であること。 詳しいブログ記事はこちらから。 この長い研究の4代目の研究者のTED Talkのスピーチ動画も 見れます。 http://bit.ly/2EPoS7R とても興味深い内容ですので、ぜひ読んでみてくださいね。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 私が提供しているホリスティックヘルスコーチングやホリスティック栄養学オンラインコースでも、人間関係に関しては特に重要視しています。 良い人間関係を築くことは健康にも繋がります。 周りの人との人間関係はどうですか? 特にパートナーや家族、子供にはなかなか思いやりを示すことができないという人もいるかもしれませんが、 今日から一日一回でも、ちょっとした思いやりを与えてあげてみませんか? 人間関係や恋愛の悩みも、ホリスティックヘルスコーチングでしっかりサポートをしています。 いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。 _____________________________ 私のプロフィールはこちら。 初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。   __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせはこちら。  

「全ての運に繋がるヒント」メルマガバックナンバー

全ての運に繋がるヒント:#21 「スイミー」から学ぶ、全ての運に繋がる11個のヒント

ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 こちらの記事は、2018年、1月30日に発行した、【全ての運に繋がるヒント】のメルマガのブログ版です。 メルマガ読者様だけにお贈りする特典や、オンタイムで記事を読みたいという方は、ぜひこちらから、メルマガ購読のご登録を^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日のヒント:「スイミー」から学ぶ、全ての運に繋がる11個のヒント 小学校で習った「スイミー」の物語、覚えていますか? 「スイミー」の物語から、皆さんはどんなことを学びましたか? ◆今日のヒントになったストーリー◆ 私はスイミーの物語を丸暗記しています。 世界中にある全ての本の中で、私が一番好きな本で、自分の子供にも他の子供にも、そして自分にも一番読み聞かせしてきたのがこの本だからです。 スイミーが好きすぎて、本も日本語版、英語版、スペイン語版全て持っていますし、数年前、成田空港で人気絵本とのコラボTシャツ屋さんでスイミーのデザインのTシャツを見つけた時は、迷わず娘のと私のを購入したほど。 小学校2年生の教科書に出てくるレオ・レオニが書いた、この「スイミー」の物語、皆さんは覚えていますか? 私が「スイミー」の話を初めて知ったのは4歳の頃。 4歳年上の兄が朝読み・夕読みで、「スイミー」を音読していたのがきっかけでした。 ちなみに、「朝読み・夕読み」とは、私の出身の鹿児島で、教育委員会が推進している朝夕の音読活動。 私が子供の頃は、朝読み当番というのがあり、当番の子供が朝6時半に地域の公民館の放送室から地域のみんなに音読を放送していました。 今は残念ながらこの朝読み放送、早起きできる子供が少なくなったのか、朝6時半の放送を迷惑がる夜更かし型の大人が増えたのか、どういうわけかなくなっています。 子供だけで行っても放送できるよう、放送機具のマニュアルも完璧だったのに(涙)。 さて、話がそれてしまいましたが、そんなこんなで私は4歳の時からもうずっと、このスイミーが私のお気に入りの本ナンバーワンです。 さて、この本には、まさに全ての運に繋がる、人生でとっても重要なたくさんのレッスンが含まれています。一文一文に教えがあると言ってもいいくらい。 私が特に注目したいのは下記の11個のレッスン。 採長補短力 観察力 健康 創造性 友情 熟考力 発想力 協調生 勇気 忍耐力 リーダーシップ力 スイミーの物語をもう忘れてしまった、という方はぜひもう一度本を手に取り、これらの11個のレッスンがどこに書いているか探してみてくださいね。 ◆今日のヒントのまとめ◆ 大人になった今も、子供の絵本や昔小学校で習った物語から学べることってたくさんあります。 それは、子供時代に理解していた内容とはまた違った視点で感じることもあるはずです。 子供の時に大好きだった本、もう一度手にとって読んでみるととっても重要なレッスンが隠されているかもしれませんよ。 あなたのお気に入りの本、私にも教えてくださいね。 私へのメッセージは、このメールに直接ご返信ください。 皆様のお気に入りの本の情報、楽しみにしています^^   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。  感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます。 私のプロフィールはこちら。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】メルマガ登録はこちら 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 など、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために役立つ内容をお届けします。たった3分以内で読める内容で、あなたの運がどんどん上がります! _____________________________ 私のホリスティック栄養学オンラインコースでは、健康、幸せ、生産性など、全てのことに繋がることに対して、あなたの価値をあげられる講座を提供しています。 目標に向かってどうしても一人ではなかなか進んでいけない、という方にも、着実に進んでいける目標設定方法、生産性をぐっと上げるタイムマネジメントの方法、 自分の足りないところはなんだろう、自分のやりたいことが分からない、という方のための、ライフバランス診断シートやピュアな情熱を見つけるワークシート、 ホリスティック栄養学で学ぶ様々な食事理論、 やめたいんだけどどうしてもやめられない食べ物がある、そんな方のためにやめられない食べ物の1つ1つの原因も探っていきます。 また、男女、友人、職場、家族内でうまくいく人間関係の作り方、 お金の流れをよくするお金に対する価値の考え方など、 健康や幸せの全てに通じるオンラインでのホリスティック栄養学講座に加え、定期的な個人セッションも行い、一人一人の置かれている状況を把握し、メール相談も無制限でしっかりサポートさせていただいています。 オンラインコースの詳しいカリキュラム内容、初回無料体験セッションのお申込み、個別コーチングなどその他ご質問などはこちらからお問合せください。  __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、英語でホリスティック栄養学を学び、ホリスティックヘルスコーチになれる!栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。日本語での詳しい学校説明は、こちら。卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。お問い合わせはこちら。

人間関係

ハーバード大学が 80年近くに渡る研究で明らかにした 人生を幸せにするものとは?

  早速質問ですが、これを読んでくださっている皆さんは、人生を幸せにするものは何だと思いますか?   好きなことをすること?お金?一生懸命働くこと?   実は、ハーバード大学が1938年から80年近くに渡って行なっている研究で、より長く、より幸せに生きている人にはある共通しているものがあることが明らかになっています。 この研究は、ある人たちの全人生を10代の頃から老年まで追い続け、仕事や家庭生活、健康などを記録し、健康と幸福の持続に何が本当に必要なのかを調べようとしたことから始まった研究で、史上最も長期に渡って成人を追跡した研究です。 700名以上の人がこの研究の対象者とされてきて、1938年から研究の対象として参加されてきた方のうち、19人が生存しており(2017年4月までの記録)、その方達は90代半ばだそうです。 この研究の対象者の中には、第35代アメリカ合衆国大統領となったJohn F. Kennedy(ジョン・F・ケネディ)氏や、ワシントンポストの編集主幹であったBen Bradlee(ベン・ブラッドリー)氏も含まれています。 この研究の4代目の研究者であるハーバード大学教授のRobert Waldinger(ロバート・ウォールディンガー)氏が2015年のTED Talkで話した、「人生を幸せにするものは何か?最も長期に渡る幸福の研究から」という講演の動画をこのブログの最後の方にシェアしたいと思います。 この講演のはじめの方にも話されていますが、新世紀世代の人たちが考える、最も大切な人生の目的は、 富を蓄えること 有名になること などと答えたそうです。 しかし実際には、私たちを健康に幸福にするには、富でも名声でもなく、ある別の共通点がありました。 それは、「良い人間関係」に尽きるということ。 そして、人間関係に関しては次の3つの教訓を得られたそうです。   1.周りとの繫がりは 健康に本当に良いという事 家族や友達、 コミュニティと よく繋がっている人ほど幸せで、身体的に健康で、繫がりの少ない孤独な人より長生きするという事が分かりました。 孤立に生活している人はあまり幸せに感じておらず、中年になり健康の衰えは早く、脳機能の減退も早く始まり、寿命は短くなる傾向があるそうです。 2.友人の数や生涯を共にする相手の有無でもなく、重要なのは身近な人達との関係の質 友人の数だけや、生涯を共にする相手の有無でもなく、 重要なのは身近な人達との関係の質。パートナーがいるかどうかというのではなく、パートナーがいても、そのパートナーと良い関係を築いているかが大切で、パートナーがいても喧嘩ばかりだったり、お互いを攻めてばかりだったりすると、むしろ幸福度は下がってしまうそうです。特に良いパートナーシップを築いている人は80代になっても健康でいる傾向が強く、たとえ少し身体的苦痛があったとしても精神的に幸福を感じている人が多いという研究結果だったということです。結婚をしていても、愛情が薄かったり、喧嘩の多い結婚は健康に悪影響を及ぼすばかりではなく、離婚することよりも悪くなります。  3.良い関係を持ち続けることは身体の健康だけでなく、脳も守ってくれる しっかりとした良い関係を80代まで持ち続ける人は、その関係に守られ、何かあった時に本当に頼れる人がいると感じている人の記憶ははっきりしているようです。一方で、パートナーには全く頼れないと感じている人には、記憶障害が早期に現れ始めるそうです。たとえ小言を言い合っていても、お互い頼り会えると感じている限りは苦難に遭遇した時に後々まで残るということはなかったそうです。   私のホリスティックヘルスコーチングやオンラインのホリスティック栄養学コースでも、とても重要視しているのが、「良い人間関係」。 いくら良い食事をとっていても、良い人間関係を築いていなかったらストレスがたまってしまいます。 良い人間関係には、コミュニケーションもとても重要です。 最近は実際に会って話をすることよりも、オンライン上での短いメッセージのやり取りの方が増えてきましたよね。 便利ではあるのですが、それによって、伝えたいことがうまく伝わらず、勘違いをされたりということも本当によくあることです。 なんだかとても残念なことですよね。もちろん、メッセージのやり取りも便利ではありますし、受け取ったら嬉しいものです。でももっといいコミュニケーションが取れるのは、電話でもいいからきちんと会話をすること、最高にいいのは、実際に会って話すことではないかなと思います。 私は電話や直接人と会って話すことで本当に元気が出ます。一人で家にいると、腐ってしまいそうな気分になります。 嫌なことがあっても、励ましてくれる人が周りにいると、頑張れますよね。身近な人との良い人間関係が、長くて幸せな人生に大きく影響を及ぼすというのも頷けます。 Robert Waldinger(ロバート・ウォールディンガー)氏が2015年にTED Talkでスピーチした内容は、こちらから視聴できます。日本語の字幕付きです。(字幕が自動で出てこない方は、この動画の画面右下にある吹き出しのマークから、”Japanese”を選択すると、日本語字幕が出てきます)           あなたの身近な人との人間関係はうまく築けていますか?   これからもっと幸せな人間関係を築いていきたいですね。       参考:The Harvard Gazette -Health & Medicine Good genes are nice, but joy is better  (2017年4月11日)  TED Robert Waldinger at TEDxBeaconStreet “What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness”  (2015年11月14日)   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【たった3分!全ての運に繋がるヒント】 メルマガ登録はこちら 毎日たった3分読むだけで、あなたの運がどんどん上がります! 人間関係 環境 キャリア 創造性 子育て 仕事の効率 タイムマネジメント コミュニケーション お金 などなど、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために十分役立つ内容をお届けします。 ブログではお伝えしていない内容です!メルマガ読者様限定の特典情報などもたまにお送りします。…

人間関係

うまくいっていたと思っていたことが実はそうではなかったというのを知った時

実は今日、全てがうまくいっているだろうと自分では思っていたことが実はそうではなかった、ということを知らされました。   内容は個人的なことなので公表できないのですが、身近なことだったのに直接自分が関わっていなかったことで、自分はうまくいっているだろうと信じ込んでいて、でもそうではなかったという事実を知らされた時、ちょうど外を歩いている時だったのですが、驚きのあまりそこで一歩も動けず立ち止まってしまいました。   身近なことだけど、自分が直接関わっていないことというのは世の中にとても多くあります。   例えば、身近にいる家族のことでも、その家族が職場や学校にいる時は、自分は直接関わっていませんし、特別なことがない限りはその場面を見ることはできません。 自分が近くにいない時というのは、何が起こっているかは実際には分かりません。   仕事にしても、全てがうまくいっていると思っていて安心しきっていたのに、 実は全然そうではなかった、ということもあります。   私の元に今日起こった、うまくいっていると思っていたけど実はそうではなかったということに関しては、仕事のことではなく個人的なことだったのですが、今日はしばらく色々と深く考えました。   なぜ人はうまくいっていると思っていたけど実はそうではなかった、ということが起こってしまうのか。   自分なりに考えて出た答えは、そういうシチュエーションの時は、自分がうまくいっていたと思っていたことに関して、実際はちゃんと向き合っていなかったということだったんだな、と。 他のことに夢中になっていて、こっちはうまくいっているから大丈夫だろう、と勝手に勘違いをしていたり、後回しになっていたり。   そして、だいたいうまくいっているだろう、と勘違いしているものは結構大切なことだったりもします。 でも勝手に大丈夫と勘違いしているために逆におろそかになってしまっている、そういう状況で実はうまくいってなかった、ということに気づくのでしょう。   全てを器用に完璧にできる人はいませんが、たまには自分を見つめ直すこと、大切にするべきものや人をちゃんと大切にできているか、というのを見直してメンテナンスすることも必要だなと改めて気づきました。 皆さんも毎日忙しい日を送っているとは思いますが、たまには少し自分自身を見つめ直してメンテナンスする時間も与えてあげてくださいね。   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと ビジネスコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。

人間関係

傷だらけでも向き合った結果。人間不信の猫がたった一年で心を開くまで

去年の今日、2016年9月25日は、私が飼っている2匹目の猫がうちに来た日です。   私の娘がテイラーと名付けたその猫は、近所のアパートの庭に捨てられてしまっていた猫たちのうちの1匹。 そのアパートに住んでいる知人から、誰か引き取ってくれる人はいないかという話を聞いたのが、去年の8月。   すでに当時、1匹の猫を飼っていた私。 でも、直感で、引き取りたいと強い気持ちを感じました。 その日のうちにアパートの管理者に問い合わせました。   実際には10匹以上の猫が捨てられていたそうです。 アパートの管理人もちゃんと猫を大切にしてくれる人に渡したいという思いもあったようで、会う前に電話でインタビューを受けました。   私の家にはすでに猫がいることも心配され、病気を持っているかもしれないし、今私が飼っている猫とうまくいくかわからないけど、それでも大丈夫?と言われました。   不安がゼロだったわけではありません。   ただその時、猫を救いたいという強い気持ちがあり、その意志を伝えました。 そしてその後、アパートに猫を見に行きました。   虐待をされていたのか、どの猫も人間には近づこうとせず。 餌も、人間の様子を伺いながら恐る恐る食べにくる、という様子でした。 体も痩せて汚れ、健康的には見えませんでした。   あとで聞いた話ですが、実際にそのうちの何匹かは重い病気にかかっており、 安楽死をさせざるを得なかったそうです。   最後に引き取られたのがテイラー。 アパートの人たちがとても協力的で、私が引き取る前に避妊手術を済ませてくれ、抜糸が終わるまで預かってくれました。   テイラーは、家に連れて帰る移動中もずっと震えており、家についてもケージから出てこようとせず、ほぼ無気力の状態でした。     でも、私が手を出して触れようとするとすごい勢いで私を威嚇し、鋭い爪で素早く引っ掻きます。 大変なことになってしまったな、と内心思ってしまいました。       しかも、当時、テイラーは目に感染症を持っていました。 予防接種や検査なども全ては終わってなく、はじめのうちは別の猫とも部屋を別々にしなければならず、ベッドルームにテイラーを入れて、ドアを閉めておく必要がありました。   獣医さんのところにも何度連れて行ったことか。   感染症にかかっていた目に目薬をさすたびに噛みついたり引っ掻いたり。 私の手は傷だらけになりました。 でも、小さいころから猫と一緒のことが多かった私は、猫に噛まれる、引っ掻かれるのには慣れっこ。 ただ、友人から、傷がひどいね、自分で傷つけているみたいにみえるよと言われた時にはこれはまずいと思い、手を傷つけないよう、獣医が使っているような分厚いグローブを購入。   その後はグローブをはめて目薬を挿していましたが、その後に寄生虫も見つかり、薬も飲ませなければならず。 薬を餌に混ぜる、という方法も試しましたが、そうすると餌を全く食べず。。。 分厚いグローブだとなかなかを飲ませるのが大変だったりするので、引っ掻かれる、噛まれるのを覚悟でグローブを外し、格闘。   また傷だらけになりました。   目薬をさされるのが嫌だったのか、タンスの引き出しを自分で開けて中に隠れ、 私が開けると別のタンスの引き出しに隠れ、それの繰り返し。 テイラーと私で知恵試し、みたいなこともありました。   そしてさらに耳ダニも発見され、その治療にも3ヶ月ほどかかりました。 薬をつけるため、またまた私の手は傷だらけに(笑)。       でも、傷だらけになりながらも何度もテイラーと向き合っているうちに、 あれだけ凶暴だったテイラーは、少しずつ落ち着き始めました。   私がいつもご飯をあげていること、 そして、薬を飲んだり目薬を挿したりしているうちに、 体調も良くなっていったのが分かったのでしょうか。   なんと、私にもほんの少しずつですが、心を開くようになっていったんです。   感染症や耳ダニもなくなり、ベッドルームを解放して二匹が一緒に交流できるようになったのは、引き取って3ヶ月以上経ってから。   自由に動き回れるようになったテイラーは、夜、 私がパソコンの前で仕事をしていると近づいてきて、 私の足の匂いを嗅ぎ始めました(いきなりそこからかい!と思いましたけど(笑))。   朝、私が起きてバスルームに入ると、バスルームの扉を自分で開けてまで、 私を覗きに来るようになりました(ちょっと行き過ぎ!と思いましたけど(笑))。   キッチンに行くと、餌をもらえると思って、じっと私を見つめるようになりました(この辺は猫らしい)。   そして、そのうち、触っても威嚇しなくなりました。   10ヶ月以上経ってから、なんと、ベッドに上がって一緒に寝るようにもなりました。 まだまだ顔のほうまでは来てくれませんが、私の足の上で寝たりはします。     そしてやっと最近、抱っこさせてくれるようになりました!!!     もう、ここまで来ると、涙が出ますね。     少しずつ、狭いアパート内ではありますが、世界が広がっていったのでしょうね。   私の家にもともと住んでいるもう1匹の猫のマドンナとは遊びたがり、ついて回ってます。   マドンナは最初はいきなり来た若い女の子に嫉妬していたのか、テイラーに対してずっと威嚇したり、パンチしたり。     でも最近は、マドンナも威嚇することは少なくなり、一緒にソファで寝たり、遊んだりしています。   夜中に二匹で大運動会が繰り広げられるのは少し迷惑な時もあるけど、それだけ元気な証拠。 最近は私も安心してぐーぐー寝ることができます。   テイラーはマドンナに対して威嚇したことは一度もなく、やっぱり先輩後輩は分かっているのでしょうね。     一度心に傷を負った猫は一生このままなのかなとはじめ思っていたのですが、…

イベント、活動報告

「自分を知るプラクティス」の著者、白石里美さんにお会いしました!

「自分を知るプラクティス〜嫉妬と焦りにまみれた女がNYで心の平穏を得るまで」 という本を先週発売された、 著者の白石里美さんにお会いしました! 白石里美さんは、甘酒を使ったドリンクとアイスクリーム、 そして日米で特許を出願中の栄養バーなどの商品を作っておられる、 Ancientics®︎の代表で、 私と同じくホリスティック栄養学校(Institute for Integrative Nutrition) の 卒業生でもあります。   長年、ご活躍はブログやインスタでも拝見していたので、ずっとお会いしたいなと思っていた里美さん。 NYに住む女性の中でも特に憧れの方だったのでお会いできて本当に感激、 そして思っていた通り、とっても素敵な方でした。 娘さんも元気いっぱいでとっても可愛い〜! お忙しいはずなのに、ゆっくりと私と色んな話をしてくださったこと、 本当に嬉しかったです。   本は、最初の一ページからかなり衝撃。 いや、正確にいうと、 無意識に、さっと姿勢を正してしまったほど、 「ヤバい。。。このままじゃだめだ」 と反射的に考えさせるような一文目からどーんと、大きな衝撃。     他人といつも比べてばかりの自分、過去の経験から自分に自信が持てない、 でもきっと自分は何かもっとできるはず、 と思いつつも、結局何年もそう思い続けて思い通りの人生を送ることができていない、 そんな思いを持っている人にぴったりの(私もそうだったな、そして今も完全にそんな想いから抜けられているわけではありません)、自己啓発本とも、キャリアやビジネス書ともいえる本です。   人脈がある人はいいなーと思っている人、多いと思いますが、 里美さんの本に出てくるたくさんのすごい人脈(ホントに驚くほどすごい!)は、 決して里美さんがぼーっとしてて転がってきた人脈ではなく、 里美さんが自ら行動してできた人脈。   でも、勘違いしてはいけないのが、本当は誰にでもできる、たった一歩を踏み出すこと、 勇気を持つことからもできることだということが、 本を読んだ人には分かります。 そして、そのヒントももちろん本に隠されてます。     それを気づくか気づかないかで、大きく人生変わりますよね。   ステップごとに書き込み式の自分を知るプラクティスでは、本を読んで終わり、 その後少ししたらすぐに内容を忘れてしまって実行までにいかないような他の本とは違い、 しっかりアウトプットできる点は、 この本を著者の里美さんと一緒に自分オリジナルの本に作っている、 そんな感覚さえ感じてしまいました。   その辺りは、さすが、ホリスティックヘルスも学んだ里美さんの、 読者目線で考えた素晴らしい点だと思います。   娘を学校にピックアップする直前にアマゾンから届いたこの本。 待ちきれずに本を片手に、歩きながら読んでしまったくらい (危ないので真似しないでください)、 面白すぎて一気に読んでしまいました。     この本に出会えたこと、白石里美さんご本人にお会いできたこと、どちらも人生を良い方向に大きく変える出来事になること、間違いなしの予感です。   この本に書いてある30のプラクティス、即実行中です。 何度も読み直して、日々プラクティスして、習慣づけると、 きっと奇跡が起こりそう!     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細、初回無料コンサルテーションの お申込はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。 _____________________________