CATEGORY イベント、活動報告

イベント

ニューヨーク日系人会主催のアップルキッズ企画、ホリスティック食育ワークショップを開催しました

今日は、JAA(ニューヨーク日系人会)主催のアップルキッズ企画で、ホリスティック食育ワークショップ(Happy Healthy Children〜子供も大人も参加型のホリスティック食育ワークショップ〜)を開催させていただきました。   「アップルキッズ」はニューヨーク日系人会の教育、文化事業の一つで、ニューヨークでの子育てをサポートする子どもの会です。   9月にニューヨーク日系人会のサクラヘルスフェアで食育ワークショップをさせていただいた時に声をかけていただき、今回のアップルキッズでも開催させていただけました。   今回は8ヶ月から2歳のお子様とそのお母様方多数が参加してくださいました。   今日の内容は、 五感で感じる食育 (刺激) ゲーム感覚でできる食育 (楽しみ) 子供でも簡単にできる体に優しい食べ物の選択 (習慣) についてお話しました。   やっぱり食育で一番大切なのは、基本は抑えながらも、肩の力は抜いて神経質にはならず、楽しく食べるということ。 そして、無理強いはせず、自然に習慣づけること。   子どもを持つ親なら必ず一度は悩む、子どもの食べ物の好き嫌い。 私の娘も好き嫌いがある時期がありました。 でも10歳になった今、好き嫌いを克服しています。   その時の体験談や、子どもは学習によっても嗜好が形成されること、楽しく食べることや視点を変えてみることなどもお話しました。   最後まで皆さんとても興味深く聞いていただき、ワークショップが終わっても個人的に色々とご質問をいただいたりと、皆さんお子様の健康に関してとても関心を持っていらっしゃること、嬉しく思いました。   お越しいただきました皆様、お忙しい中準備をしてくださったJAAの皆様、本当にありがとうございます!   私はこれまでにも子ども参加型の食育ワークショップを開催していますが、なぜ子ども参加型にするのかという理由は第一に、お母さんが参加しやすいということ。   私の娘が小さかった時に、興味深いワークショップがあって参加したかったのですが、子どもを連れての参加は不可のものが多く、残念な思いをした経験から、私のワークショップは、子どもも参加できるものにしています。   もちろん、子どもが一緒だと、賑やかになるのですが、みんなが子連れだと、全然気になりませんし、むしろその賑やかさは、参加者のお母様方にとっても私にとっても緊張感をほぐしてくれます。   子どもが元気なことはとても微笑ましいこと。 これからも、子育て中のお母さんたちでも参加できるこういう楽しい学びの場を、少しずつ広げていけたらなあと思います。   早速12月もニューヨーク日系人会アップルキッズ主催の食育ワークショップ第二弾のお話をいただきましたので、これからとても楽しみにしています。   さて、明日土曜日は朝早くから(日本時間は夜8時半)、栄養士・管理栄養士のためのオンライン交流会を開催しますので、私はこれから寝ます!     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。  

イベント、活動報告

「自分を知るプラクティス」の著者、白石里美さんにお会いしました!

「自分を知るプラクティス〜嫉妬と焦りにまみれた女がNYで心の平穏を得るまで」 という本を先週発売された、 著者の白石里美さんにお会いしました! 白石里美さんは、甘酒を使ったドリンクとアイスクリーム、 そして日米で特許を出願中の栄養バーなどの商品を作っておられる、 Ancientics®︎の代表で、 私と同じくホリスティック栄養学校(Institute for Integrative Nutrition) の 卒業生でもあります。   長年、ご活躍はブログやインスタでも拝見していたので、ずっとお会いしたいなと思っていた里美さん。 NYに住む女性の中でも特に憧れの方だったのでお会いできて本当に感激、 そして思っていた通り、とっても素敵な方でした。 娘さんも元気いっぱいでとっても可愛い〜! お忙しいはずなのに、ゆっくりと私と色んな話をしてくださったこと、 本当に嬉しかったです。   本は、最初の一ページからかなり衝撃。 いや、正確にいうと、 無意識に、さっと姿勢を正してしまったほど、 「ヤバい。。。このままじゃだめだ」 と反射的に考えさせるような一文目からどーんと、大きな衝撃。     他人といつも比べてばかりの自分、過去の経験から自分に自信が持てない、 でもきっと自分は何かもっとできるはず、 と思いつつも、結局何年もそう思い続けて思い通りの人生を送ることができていない、 そんな思いを持っている人にぴったりの(私もそうだったな、そして今も完全にそんな想いから抜けられているわけではありません)、自己啓発本とも、キャリアやビジネス書ともいえる本です。   人脈がある人はいいなーと思っている人、多いと思いますが、 里美さんの本に出てくるたくさんのすごい人脈(ホントに驚くほどすごい!)は、 決して里美さんがぼーっとしてて転がってきた人脈ではなく、 里美さんが自ら行動してできた人脈。   でも、勘違いしてはいけないのが、本当は誰にでもできる、たった一歩を踏み出すこと、 勇気を持つことからもできることだということが、 本を読んだ人には分かります。 そして、そのヒントももちろん本に隠されてます。     それを気づくか気づかないかで、大きく人生変わりますよね。   ステップごとに書き込み式の自分を知るプラクティスでは、本を読んで終わり、 その後少ししたらすぐに内容を忘れてしまって実行までにいかないような他の本とは違い、 しっかりアウトプットできる点は、 この本を著者の里美さんと一緒に自分オリジナルの本に作っている、 そんな感覚さえ感じてしまいました。   その辺りは、さすが、ホリスティックヘルスも学んだ里美さんの、 読者目線で考えた素晴らしい点だと思います。   娘を学校にピックアップする直前にアマゾンから届いたこの本。 待ちきれずに本を片手に、歩きながら読んでしまったくらい (危ないので真似しないでください)、 面白すぎて一気に読んでしまいました。     この本に出会えたこと、白石里美さんご本人にお会いできたこと、どちらも人生を良い方向に大きく変える出来事になること、間違いなしの予感です。   この本に書いてある30のプラクティス、即実行中です。 何度も読み直して、日々プラクティスして、習慣づけると、 きっと奇跡が起こりそう!     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細、初回無料コンサルテーションの お申込はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。 _____________________________

Blog

栄養科学部での大学時代の恩師との再会と学生達との交流

米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチ、公認インターナショナルヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 7月5日より、普段住んでいるニューヨークから日本に一時帰国し、各地をあちこちと旅しています。 今日は大学時代にお世話になったゼミの教授に会いに、私が卒業した福岡市の中村学園大学の薬膳科学研究室に行ってきました。 私は中村学園大学の食物栄養学部管理栄養士コースで栄養学を学び、卒論は大腸菌とDNAと食事に関しての分子栄養学について研究をしました。 とっても難しい研究で、正直今ではもうその内容ははっきりとは覚えていないのですが、教授と研究仲間にとても支えられて頑張ったのは今でも覚えています。   研究室に入ると、ゼミでも大変お世話になり、調理学実習の教授で、薬膳科学研究所の開発・教育部門の教授でもあられる三成由美教授が、手作りのヘルシーカレー献立のランチを私と私の娘のために作って待っていてくださっていました。 そのカレー献立を見た瞬間、はっきりとした思い出が頭をよぎり、感激! それは私たちが学生時代にも調理実習で作った手作りのカレー献立だったのです! ルーを使わず、スパイスからきちんと作るチキンカレーに、フルーツサラダとヨーグルトラッシー。 デザートにはイチジクまで! 涙が出そうになるのをどうにか堪えましたが、先生の温かい心に感謝の気持ちでいっぱいで、とっても美味しくいただきました。    さらに、その研究室には卒論の時にご指導いただいた内山文昭教授、栄養疫学部門の教授でおられる徳井教孝教授も私たちを待っていてくださり、お変わりない先生方の様子に、久しぶりに大学を訪問した私は学生に戻ったような気分になりました。       ランチをいただきながら、先生方と卒業以来の積もりに積もったお話をした後、なんと三成教授から調理実習の講義に呼んでいただき、大勢の学生さん達の前で一言お話をさせていただく機会もいただきました。         ちゃっかり私の娘までお話をさせていただき、親子共々、とても光栄な体験をさせていただくことができました。       まだまだ若い、キラキラした学生さん達にもお会いできて、私までまたエネルギーをもらいました! ぜひ、学生さん達には今のうちからいろんなことにチャレンジして、頑張っていって欲しいなと思いました。 そしてそのことを学生さん達に直接伝えることができ、とても嬉しかったです。 今から12年前、私は三成教授の調理学実習の講義を目をキラキラさせて聞いていました。 そして今日、私と同じように目をキラキラさせている学生さん達に、短時間の間でしたが、私の話も聞いていただけて、信じられないほど嬉しかったです。 また母校に戻るときは、大きく成長して戻りたいなと強く感じました。 大学時代、私をご指導くださり、今日もお忙しい中私のためにお時間を作ってくださった先生方に心から感謝しています!   ******************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。 こんな思いはありませんか? ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 ********************************************************************

食育Blog

Wa-Shokuiku Project、また参加してきました

米国代替医療協会公認ホリスティックヘルスコーチ、公認統合栄養ヘルスコーチ、公認インターナショナルヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。 先週に続き今日も、ニューヨークの公立学校、Community Health Academy of the Heightsの6年生のアフタースクールで、TABLE FOR TWO USAの新たな取り組み、和食育プロジェクトにボランティアとして参加させていただきました。 今回のこの和食育プログラムは3回にわたる試験的なプログラムで、私はそのうちの2回、参加させていただきました。 子供たちは日本食を食べたことがほとんどない子も多い中、たった3回でもとても興味を持ってもらい、最後の日のメニューにはご飯を作る予定ではなかったものの、子供たちがご飯を食べたいと言い、急遽炊くことになったほど。         今日のテーマは弁当。 アメリカのランチと日本のお弁当の比較のところで、私が作った弁当を紹介すると、みんなとても喜んでくれたのが嬉しかったです。 前日の夜、急遽、講師のJoshuaにお弁当を作ってきてくれないかと頼まれ、家にあるもので済ませたお弁当でしたが、アメリカの子供達にとっては珍しいお弁当。 作って良かったです。 この、3回の試験的な和食育のワークショップでしたが、この中で子供達は、”もったいない精神”を学び、日本語で1から10まで言えるようになったり、日本の食材を色々と試したり、栄養についても学んだりと、とても良い体験ができたのではないかと思います。 日本文化と食について考える大きなきっかけになって良かったです。     9月からまた新たにプログラムが始まる予定なので、またその時に参加できればと思っています。 ******************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 ********************************************************************  

Blog

Wa-Shokuiku Projectに参加してきました

今日は、Community Health Academy of the Heightsの6年生のアフタースクールで、TABLE FOR TWO USAの新たな取り組み、和食育プロジェクトにボランティアとして参加させていただきました。 今日の食育のテーマは、海の食べ物。ワカメや昆布、ツナや鰹節を食材に使い、サラダやスープ、巻きものを作りました。 子供たちは初めて見た昆布やワカメ、鰹節に興味津々! 色々質問してくれたり、昆布出汁を恐る恐る飲んでみたり、とっても楽しんでいました。     作り終わったらそれぞれお弁当箱に詰めて、一人一人、とても上手にオリジナル弁当を作りました。       ”もったいない”精神を学んだり、数字の1から10まで日本語で言えるようになっていたり、和食と日本の文化や言葉も一緒に学べる、とっても素晴らしいプロジェクトです。   前回のクラスの時にFacebookでこのプロジェクトをご紹介してくださった、ゆるLohaのリエコさん、私をメンバーに加えてくださった、ニューヨーク和食育チームリーダーのAlexis Agliano Sanborn,インストラクターのJoshua Schkachetにとても感謝しています!   ******************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 ********************************************************************    

イベント、活動報告

Functional Forumに行って来ました

5月10日水曜日、Kima Center for Physiotherapy & Wellness で行われた、Functional Forum に行って来ました。 このFunctional Forumは、統合医療(Integrative Medicine)のカンファレンスです。 従来の多くの医療機関などで実践されてきた疾病の治療には、「対症療法」を中心とした近代西洋医学が根本にありましたが、現在は、単に疾病だけではなく、心身全体を診る「原因療法」を中心とした伝統医学や相補・代替医療も必要であるという考え方が広がっています。 統合医療は、これらの二つの療法を統合することによって両者の特性を最大限に活かし、一人ひとりの患者に最も適切な「オーダーメイド医療」を提供しようとするものです。 最近はニューヨークでも統合医療(Integrative Medicine)や、機能性医療(Functional Medicine: 人体の機能・生理に基づき、病態の根本原因を探して行う治療のこと)という言葉をよく聞くようになりました。 因みに私が行っている、ヘルスコーチングは統合栄養学(Integrative Nutrition)、ホリスティック栄養学が根本にあります。 今回、私が行ったフォーラムでは、小児科医のLawrence B. Palevsky, MDのお話を聞くことができました。 Dr. Palevskyはニューヨーク大学(NYU)で医学学士を取得後、ニューヨーク市の数々の病院で小児科医として活躍され、現在ではホリスティック医療について小児から思春期の子供を持つ保護者への指導もされています。   Dr. Palevskyのお話の中で私が特に興味深いと思ったことを一つ、今日は取り上げたいと思います。 お話の後の質問コーナーでのある女性からの質問がありました。 彼女は、子供を持つお母さんで、発熱は体が身を守るための生体防御機能のひとつなので、よほどの高い熱でない限りは逆に解熱剤を飲ませないほうが良いというのは理解しているけど、子供にはできるだけ苦しい思いをさせたくないのが親としての彼女の本音で、どうしても発熱で苦しんでいる子供を見ると解熱剤を与えずにいるのが辛い、そういう場合はどうしたらよいかという質問をされました。 Dr. Palevskyはそれに対し、とても良い質問です、と答えた後にこのように回答されました。 ”確かに発熱をしたときは体がとてもしんどい状況になります。親として、子供にはできるだけ苦しい思いをさせたくないというのは分かります。ただ、苦しい思いをできるだけさせないというのが本当にその子のためにとっていいのでしょうか。痛みや苦しみは、永遠には続きません。今後、そういう痛みや苦しみを経験することは子供にとって数多くあります。その時に親ができることは、解熱剤を飲ませることではありません。そばにいて、”大丈夫、ママがここにいるからね。今は辛いかもしれないけど、それはずっと続くものではないからね。ママがここにいるから大丈夫だよ。”と言ってあげることです。そして、ちゃんと子供のそばにいてあげることです。” 私はこれを聞いて、とても感動しました。 身体的な痛みや苦しみについてもそうですが、精神的な痛みや苦しみの時にも同じことが言えると感じました。 親はやはり、子供にとって一番身近な存在です。 もちろん、思春期になるとそうは思われなくなってしまうでしょうけれど、それでも実際には一番身近で助けてあげられるのが親ではないかと思います。 私も今まで、身体的にも精神的にも数々の痛みを親から助けてもらいました。 父や母がいるから、という安心感というものは私の中では今でもとても大きいものです。 病気になった時、手術や身体的な治療などを施すだけでは十分ではないかもしれません。 もっと根本的に大切なこと、それはやはり、精神面での支えなのではないでしょうか。 今回のFunctional Forumで改めてそれを感じました。     ********************************************************************************** 自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。 食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。 色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。 挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。   こんな思いはありませんか?   ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。 初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。 希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。 **********************************************************************************