イベント

ニューヨーク日系人会主催のアップルキッズ企画、ホリスティック食育ワークショップを開催しました

今日は、JAA(ニューヨーク日系人会)主催のアップルキッズ企画で、ホリスティック食育ワークショップ(Happy Healthy Children〜子供も大人も参加型のホリスティック食育ワークショップ〜)を開催させていただきました。   「アップルキッズ」はニューヨーク日系人会の教育、文化事業の一つで、ニューヨークでの子育てをサポートする子どもの会です。   9月にニューヨーク日系人会のサクラヘルスフェアで食育ワークショップをさせていただいた時に声をかけていただき、今回のアップルキッズでも開催させていただけました。   今回は8ヶ月から2歳のお子様とそのお母様方多数が参加してくださいました。   今日の内容は、 五感で感じる食育 (刺激) ゲーム感覚でできる食育 (楽しみ) 子供でも簡単にできる体に優しい食べ物の選択 (習慣) についてお話しました。   やっぱり食育で一番大切なのは、基本は抑えながらも、肩の力は抜いて神経質にはならず、楽しく食べるということ。 そして、無理強いはせず、自然に習慣づけること。   子どもを持つ親なら必ず一度は悩む、子どもの食べ物の好き嫌い。 私の娘も好き嫌いがある時期がありました。 でも10歳になった今、好き嫌いを克服しています。   その時の体験談や、子どもは学習によっても嗜好が形成されること、楽しく食べることや視点を変えてみることなどもお話しました。   最後まで皆さんとても興味深く聞いていただき、ワークショップが終わっても個人的に色々とご質問をいただいたりと、皆さんお子様の健康に関してとても関心を持っていらっしゃること、嬉しく思いました。   お越しいただきました皆様、お忙しい中準備をしてくださったJAAの皆様、本当にありがとうございます!   私はこれまでにも子ども参加型の食育ワークショップを開催していますが、なぜ子ども参加型にするのかという理由は第一に、お母さんが参加しやすいということ。   私の娘が小さかった時に、興味深いワークショップがあって参加したかったのですが、子どもを連れての参加は不可のものが多く、残念な思いをした経験から、私のワークショップは、子どもも参加できるものにしています。   もちろん、子どもが一緒だと、賑やかになるのですが、みんなが子連れだと、全然気になりませんし、むしろその賑やかさは、参加者のお母様方にとっても私にとっても緊張感をほぐしてくれます。   子どもが元気なことはとても微笑ましいこと。 これからも、子育て中のお母さんたちでも参加できるこういう楽しい学びの場を、少しずつ広げていけたらなあと思います。   早速12月もニューヨーク日系人会アップルキッズ主催の食育ワークショップ第二弾のお話をいただきましたので、これからとても楽しみにしています。   さて、明日土曜日は朝早くから(日本時間は夜8時半)、栄養士・管理栄養士のためのオンライン交流会を開催しますので、私はこれから寝ます!     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。  

仕事、キャリア

思わず涙。オンラインコースのクライアントから嬉しい感想をいただきました!

「一人ひとり丁寧にコーチングをしよう、 そのためにははじめは時間はかかって効率は悪くても、 コースを受ける方にとって身になるよう、 しっかり丁寧にしよう!」   ということを目標に今年7月から始めた、 栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコース。   「患者さんやクライアントさんの栄養指導を一生懸命しているのに、どうも患者さんに理解してもらえない。」 「フリーランスの栄養士・管理栄養士になりたい!と思って何年も経っている。でもなかなか踏み出すことができない。」 「人を健康にする仕事のはずなのに、なんだかすごくストレスが溜まって、自分自身、最近健康でもないし、ハッピーでもない。。。」 「結婚して子供ができてから、仕事を辞めてブランクがあるけど、やっぱり好きな仕事でもう一度輝きたい!」 「栄養士・管理栄養士の資格は自分の人生で役立った、でも本当はもっと違うことがしたい!」   そんな栄養士・管理栄養士さんのために、私がアメリカで学んだホリスティック栄養学とビジネスコースの内容を、日本人の考え方にも合うようにアレンジして作ったコースです。   今週、第一期生の管理栄養士、冨迫孔聡(とみさこみちと)さんがコースを修了されました。 冨迫さんから、コース内容についてとても嬉しい感想をくださり、 私は思わず涙。   今日はご本人に許可をいただき、このブログを書いています。 *なお、栄養士・管理栄養士の皆さんには、栄養士・管理栄養士のためのオンラインコースの大幅割引のご案内も今日のブログの下のほうに載せてますので、ぜひ、最後まで読んでいただけたらと思います。   冨迫さんは、農学部を卒業後、栄養士専門学校に進学、就職して実務経験を経てから、管理栄養士を取得された異例の管理栄養士です。   しかも数少ない、男性管理栄養士です。   公務員試験を経て、学校栄養職員(栄養教諭の前身)として宮崎の特別支援学校に赴任、3年半学校給食の運営に携わったのち、大阪の料理教室に勤務され、食品企業の品質管理室で衛生管理・商品開発担当のご経験もお持ちです。   料理がとても好きで、インスタでもほぼ毎日美味しい料理の写真(とっても分かりやすい栄養学と作り方のコラム付き!)を発信されています。   冨迫さんのFacebookとInstagramのアカウント Facebook: https://www.facebook.com/home.m.pref.myself Instagram: https://www.instagram.com/homem.pref.myself/(料理の作り方メイン)                  https://www.instagram.com/103sann/ (料理の栄養学メイン)     私のホリスティック栄養学オンラインコースでも、いつもとても自発的に学んでくださいました!   自ら学ぼうとする意欲を持ってくださること、コーチの私もとても嬉しかったです。       栄養士・管理栄養士のためのオンラインコースを受講されている方には、現在のところ、コース期間中無制限で質問や相談を受けつけていますので、どんどん質問したもん勝ち。   冨迫さんはそのサービスもとてもよく活用され、お仕事も忙しい中、どんどん質問や相談をしていただき、私もとても嬉しかったです。        冨迫さんからの感想はこちら。 内容の全体的な印象は❮知識より考え方に踏み込んでいる❯ということ。 栄養士、管理栄養士はなかなか実践の場がなく、知識はあるものの頭でかっちになりがちで、実践力・現場対応力がなかなかつかないので、深く、実践的な内容がとても刺激になる。 最初のmodule の、❮プライマリーフード❯❮セカンダリーフード❯❮生物学的個性❯というのが印象的だった。 食事がプライマリーではなくセカンダリーに位置付けられているのが印象的で、健康は食事以外のものの影響が非常に大きいことを強く印象づけられた。 module によって、美咲さん自身の体験談が入っていたり、分かりやすいと図や表が入っていたり、読むだけでなく課題を課され、それに取り組んでいくシステムなのがとてもいい。 特に後半は、自分のことを見つめ直し、本当は何をしたいのかを考えるきっかけになり、とても刺激になった。 内容が充実したテキストだけでなく、動画もついていて説明解説が目でも耳でも行えるのがとてもいい。 美咲さんの声を聞けるので、通信教育ながら近くにいる感じが、一緒に勉強し講座を受けているという満足感、親近感に繋がる。 月に1回、フォローアップでテレビ電話で話ができるのも、モチベーションになるとともにそれが楽しみになった。 テキストも書き込み専用で、自分の気になるところにチェックをいれたりメモをいれたりと、自分だけのテキストにできるのもとてもいい。 特筆すべきは、提出した課題に対して、熟読してくれたうえで細かく指摘、アドバイスをくれ、更なる課題までくれること。 ここまで親身になって寄り添い、丁寧に指導してくれる講座はない。 美咲さんの人柄が光る講座システムを構築されていて、素晴らしいの一言。 大変なご苦労があると拝察するが、どんどん人に還元していてほしい。 一回やっただけではとても頭に入りきらず、課題も奥が深いため時間がかかるものばかりだが、何回も読み返し、ものにしたいと思う。 受講料の一部を、世界の子供たちの給食支援に当てられるという慈善活動も展開されていて、その意欲にも共感し引かれる。 原田美咲講座は、受けることで自分も周りも成長できる可能性を多いに秘め、社会支援にも貢献できる、他にはなかなかない講座だと思う。 ぜひ、多くの方に受講していただき、考え方を広めて行っていただきたい。 美咲さん、素晴らしい講座を、ありがとうございます❗     自分の好きな分野で、こんなにうれしいレビューをいただけるのはこの上ない喜びです。 そして、冨迫さんとの出会いの場をいただいた、同じく管理栄養士仲間で、現在は、主婦と管理栄養士のマッチングサイト、Spoon を運営されている、阿部葵さんにもとても感謝しています! ありがとうございます! 出会いからまた新たな出会い、そしてそこから皆さんの活躍の場が広がっていく、私が学んだホリスティック栄養学校  でもよく使われた言葉、Ripple effect (波及効果)は本当にすごい効果です。    最後に、こちらのブログを読んでいただいた栄養士・管理栄養士の皆様へ、栄養士・管理栄養士のためのオンラインコース(ホリスティック栄養学コース、ビジネスコース)の大幅割引のご案内です。 お申込みの際に、”冨迫さんのレビューを読みました” の一言を添えて頂いた方には、現在ウェブサイトに掲載中の料金より、1コースにつき$100の割引をさせていただきます。 また、10月21日開催予定の、栄養士・管理栄養士さんのための超カジュアルなオンラインMeetupの参加者も募集しています。お申込みはお早めに!   これからも、皆さんにとって良いサービスを提供できますよう、私も頑張ります!   いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。 _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスのお申込はこちら。 お客様の声はこちら。 __________________________________________________________…

幸せ

最高の誕生日プレゼント

ニューヨーク時間ではあと一分で10月11日になってしまいますが、今のところ、10月10日。 と、書いていたら、10月11日になってしまいました・・・。   さて、10月10日は体育の日(昔は)、そして、目の日ですが、 実は私と娘の誕生日でもあります。     本当にありがたいことに、今日はたくさんの方から祝福していただきました。 朝早くに電話をくれた両親や友達。  両親には私のほうから一番感謝しなければいけません。   とてもお世話になっている方々からお食事をご馳走になったり、 わざわざプレゼントを自宅まで持ってきてくださった近所の方。 娘の前の学校で一緒だった友達がわざわざ来てくれて、 前のクラスメート達からの心のこもったお手紙とプレゼントをくれたり。 道ですれ違って、ハッピーバースデー!と大きな声で言ってくださった近所の方。 長く連絡を取っていなかった友達からの突然のバースデーメール。 登録しているウェブサイトのアカウントからの誕生日のお祝い自動配信メール。 Googleの検索画面の誕生日バージョンのロゴ。 そしてFacebookや個人メッセージで祝福のメッセージをくださった多くの方々。 とっても嬉しかったです! お返事は改めてさせていただきますね。 数え上げればまだまだたくさん。 こんなにも、たくさんの方が誕生日を祝福してくださるって本当に嬉しいことですね。   本当に、ありがとうございます!   一人ひとりから色んな形で祝福してもらえたこと、皆さんからのその心が、 私にとっての最高のプレゼントでした。   私の誕生日に生まれてきた娘ももう10歳。 母になって10年も経ったなんて信じられません。 娘の成長も、あっという間でしたが、私も娘がいたおかげで成長できたということも、言うまでもありません。 そして私たちを支えてくださった多くの方には感謝してもしきれないほどです。   2017年に入って、大きな変化がたくさんありましたが、 その中でも特に、多くの時間を使って没頭できたもののひとつが、 今年7月から始めた栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースの開講でした。 一人ひとり丁寧にコーチングをしよう、 そのためにははじめは時間はかかって効率は悪くても、コースを受ける方にとって身になるよう、しっかりと丁寧にすることを目標にとはじめたこのコース。 今週、第一期生の方が、コースを修了されました。   そしてとても嬉しいことに私の誕生日の今日という素晴らしいタイミングで、 とっても嬉しいポジティブフィードバックをくださいました。   今日は少し長くなりましたので、次回のブログで内容をご紹介したいと思います(受講生の方にはご了承済みです)。   今日は皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんのおかげで最高の誕生日を過ごすことができました。   この一年も、楽しく面白い一年にしていきたいと思います!   おまけですが、今日お昼にお食事をいただいたレストランが入っているビルから見た空、 私にはハート形がいっぱい見えて嬉しかったです。     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細、初回無料コンサルテーションの お申込はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。  

人間関係

傷だらけでも向き合った結果。人間不信の猫がたった一年で心を開くまで

去年の今日、2016年9月25日は、私が飼っている2匹目の猫がうちに来た日です。   私の娘がテイラーと名付けたその猫は、近所のアパートの庭に捨てられてしまっていた猫たちのうちの1匹。 そのアパートに住んでいる知人から、誰か引き取ってくれる人はいないかという話を聞いたのが、去年の8月。   すでに当時、1匹の猫を飼っていた私。 でも、直感で、引き取りたいと強い気持ちを感じました。 その日のうちにアパートの管理者に問い合わせました。   実際には10匹以上の猫が捨てられていたそうです。 アパートの管理人もちゃんと猫を大切にしてくれる人に渡したいという思いもあったようで、会う前に電話でインタビューを受けました。   私の家にはすでに猫がいることも心配され、病気を持っているかもしれないし、今私が飼っている猫とうまくいくかわからないけど、それでも大丈夫?と言われました。   不安がゼロだったわけではありません。   ただその時、猫を救いたいという強い気持ちがあり、その意志を伝えました。 そしてその後、アパートに猫を見に行きました。   虐待をされていたのか、どの猫も人間には近づこうとせず。 餌も、人間の様子を伺いながら恐る恐る食べにくる、という様子でした。 体も痩せて汚れ、健康的には見えませんでした。   あとで聞いた話ですが、実際にそのうちの何匹かは重い病気にかかっており、 安楽死をさせざるを得なかったそうです。   最後に引き取られたのがテイラー。 アパートの人たちがとても協力的で、私が引き取る前に避妊手術を済ませてくれ、抜糸が終わるまで預かってくれました。   テイラーは、家に連れて帰る移動中もずっと震えており、家についてもケージから出てこようとせず、ほぼ無気力の状態でした。     でも、私が手を出して触れようとするとすごい勢いで私を威嚇し、鋭い爪で素早く引っ掻きます。 大変なことになってしまったな、と内心思ってしまいました。       しかも、当時、テイラーは目に感染症を持っていました。 予防接種や検査なども全ては終わってなく、はじめのうちは別の猫とも部屋を別々にしなければならず、ベッドルームにテイラーを入れて、ドアを閉めておく必要がありました。   獣医さんのところにも何度連れて行ったことか。   感染症にかかっていた目に目薬をさすたびに噛みついたり引っ掻いたり。 私の手は傷だらけになりました。 でも、小さいころから猫と一緒のことが多かった私は、猫に噛まれる、引っ掻かれるのには慣れっこ。 ただ、友人から、傷がひどいね、自分で傷つけているみたいにみえるよと言われた時にはこれはまずいと思い、手を傷つけないよう、獣医が使っているような分厚いグローブを購入。   その後はグローブをはめて目薬を挿していましたが、その後に寄生虫も見つかり、薬も飲ませなければならず。 薬を餌に混ぜる、という方法も試しましたが、そうすると餌を全く食べず。。。 分厚いグローブだとなかなかを飲ませるのが大変だったりするので、引っ掻かれる、噛まれるのを覚悟でグローブを外し、格闘。   また傷だらけになりました。   目薬をさされるのが嫌だったのか、タンスの引き出しを自分で開けて中に隠れ、 私が開けると別のタンスの引き出しに隠れ、それの繰り返し。 テイラーと私で知恵試し、みたいなこともありました。   そしてさらに耳ダニも発見され、その治療にも3ヶ月ほどかかりました。 薬をつけるため、またまた私の手は傷だらけに(笑)。       でも、傷だらけになりながらも何度もテイラーと向き合っているうちに、 あれだけ凶暴だったテイラーは、少しずつ落ち着き始めました。   私がいつもご飯をあげていること、 そして、薬を飲んだり目薬を挿したりしているうちに、 体調も良くなっていったのが分かったのでしょうか。   なんと、私にもほんの少しずつですが、心を開くようになっていったんです。   感染症や耳ダニもなくなり、ベッドルームを解放して二匹が一緒に交流できるようになったのは、引き取って3ヶ月以上経ってから。   自由に動き回れるようになったテイラーは、夜、 私がパソコンの前で仕事をしていると近づいてきて、 私の足の匂いを嗅ぎ始めました(いきなりそこからかい!と思いましたけど(笑))。   朝、私が起きてバスルームに入ると、バスルームの扉を自分で開けてまで、 私を覗きに来るようになりました(ちょっと行き過ぎ!と思いましたけど(笑))。   キッチンに行くと、餌をもらえると思って、じっと私を見つめるようになりました(この辺は猫らしい)。   そして、そのうち、触っても威嚇しなくなりました。   10ヶ月以上経ってから、なんと、ベッドに上がって一緒に寝るようにもなりました。 まだまだ顔のほうまでは来てくれませんが、私の足の上で寝たりはします。     そしてやっと最近、抱っこさせてくれるようになりました!!!     もう、ここまで来ると、涙が出ますね。     少しずつ、狭いアパート内ではありますが、世界が広がっていったのでしょうね。   私の家にもともと住んでいるもう1匹の猫のマドンナとは遊びたがり、ついて回ってます。   マドンナは最初はいきなり来た若い女の子に嫉妬していたのか、テイラーに対してずっと威嚇したり、パンチしたり。     でも最近は、マドンナも威嚇することは少なくなり、一緒にソファで寝たり、遊んだりしています。   夜中に二匹で大運動会が繰り広げられるのは少し迷惑な時もあるけど、それだけ元気な証拠。 最近は私も安心してぐーぐー寝ることができます。   テイラーはマドンナに対して威嚇したことは一度もなく、やっぱり先輩後輩は分かっているのでしょうね。     一度心に傷を負った猫は一生このままなのかなとはじめ思っていたのですが、…

イベント、活動報告

「自分を知るプラクティス」の著者、白石里美さんにお会いしました!

「自分を知るプラクティス〜嫉妬と焦りにまみれた女がNYで心の平穏を得るまで」 という本を先週発売された、 著者の白石里美さんにお会いしました! 白石里美さんは、甘酒を使ったドリンクとアイスクリーム、 そして日米で特許を出願中の栄養バーなどの商品を作っておられる、 Ancientics®︎の代表で、 私と同じくホリスティック栄養学校(Institute for Integrative Nutrition) の 卒業生でもあります。   長年、ご活躍はブログやインスタでも拝見していたので、ずっとお会いしたいなと思っていた里美さん。 NYに住む女性の中でも特に憧れの方だったのでお会いできて本当に感激、 そして思っていた通り、とっても素敵な方でした。 娘さんも元気いっぱいでとっても可愛い〜! お忙しいはずなのに、ゆっくりと私と色んな話をしてくださったこと、 本当に嬉しかったです。   本は、最初の一ページからかなり衝撃。 いや、正確にいうと、 無意識に、さっと姿勢を正してしまったほど、 「ヤバい。。。このままじゃだめだ」 と反射的に考えさせるような一文目からどーんと、大きな衝撃。     他人といつも比べてばかりの自分、過去の経験から自分に自信が持てない、 でもきっと自分は何かもっとできるはず、 と思いつつも、結局何年もそう思い続けて思い通りの人生を送ることができていない、 そんな思いを持っている人にぴったりの(私もそうだったな、そして今も完全にそんな想いから抜けられているわけではありません)、自己啓発本とも、キャリアやビジネス書ともいえる本です。   人脈がある人はいいなーと思っている人、多いと思いますが、 里美さんの本に出てくるたくさんのすごい人脈(ホントに驚くほどすごい!)は、 決して里美さんがぼーっとしてて転がってきた人脈ではなく、 里美さんが自ら行動してできた人脈。   でも、勘違いしてはいけないのが、本当は誰にでもできる、たった一歩を踏み出すこと、 勇気を持つことからもできることだということが、 本を読んだ人には分かります。 そして、そのヒントももちろん本に隠されてます。     それを気づくか気づかないかで、大きく人生変わりますよね。   ステップごとに書き込み式の自分を知るプラクティスでは、本を読んで終わり、 その後少ししたらすぐに内容を忘れてしまって実行までにいかないような他の本とは違い、 しっかりアウトプットできる点は、 この本を著者の里美さんと一緒に自分オリジナルの本に作っている、 そんな感覚さえ感じてしまいました。   その辺りは、さすが、ホリスティックヘルスも学んだ里美さんの、 読者目線で考えた素晴らしい点だと思います。   娘を学校にピックアップする直前にアマゾンから届いたこの本。 待ちきれずに本を片手に、歩きながら読んでしまったくらい (危ないので真似しないでください)、 面白すぎて一気に読んでしまいました。     この本に出会えたこと、白石里美さんご本人にお会いできたこと、どちらも人生を良い方向に大きく変える出来事になること、間違いなしの予感です。   この本に書いてある30のプラクティス、即実行中です。 何度も読み直して、日々プラクティスして、習慣づけると、 きっと奇跡が起こりそう!     いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細、初回無料コンサルテーションの お申込はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。 _____________________________

イベント

栄養士・管理栄養士のための超カジュアルなオンラインMeetup!

栄養士・管理栄養士の皆さん! 栄養士・管理栄養士さんのための超カジュアルなオンラインMeetup(交流会)を、 来月開催します。   数ヶ月前からこの企画を考えていて、リクエストもいただいていたのですが、 やっと開催日を決めました! 遅くなってごめんなさい。   10月21日の土曜日、日本時間の夜8時半より1時間ほどの開催です。 因みにニューヨーク時間は朝の7時半。 私は土曜の朝活です(笑)。   はじめにお断りしておきます。 今回は、私の提供しております、 オンラインホリスティック栄養学・ビジネスコースの説明会ではなく、 超カジュアルな交流会です。   「全国の栄養士・管理栄養士と繋がりたい!」 「情報交換ができる栄養士・管理栄養士仲間が欲しい」 「栄養士・管理栄養士としての将来の夢を語りたい!」 「今は栄養士として働いていないけど、将来復帰を考えていて、  他の栄養士さんの活動の様子などを知りたい」   などなど、興味のある理由はなんでもOKです!   超カジュアルなオンライン交流会ですので、 皆さん正装は不要です。   週末の夜に開催しますので、バックグラウンドにお子さんがいても大丈夫。 旦那様や奥様が途中で登場されても大丈夫! うちは猫が途中で邪魔しに来るかもしれませんが、ご了承を・・・。 パジャマでのご参加も大丈夫。 すっぴんでも大丈夫! ネット環境さえあって、声がちゃんと聞こえる場所であれば、 ご自宅でも外でも大丈夫!   という、本当にカジュアルな交流会です。 しかし!カジュアルだけど、楽しく色んなことが学べるように、 参加ご希望の方は、お申込欄に 栄養士・管理栄養士として、 交流会で皆さんと話してみたいことやご質問を 必ずお書きくださいね。 皆さんが書いていただいたことをテーマに 進行させていきますので、 学びのある会にします! 本当に学ベる時って、楽しい時、ですもんね。     今まで私とのオンラインミーティングに参加された方でも、 そうでない方でも、 私とは面識が今までない方でも、 お知り合いの栄養士・管理栄養士さんを 誘っていただいてのご参加でも大歓迎です。   ワイワイ栄養士仲間と盛り上がりたい人、 この指止〜まれ!というノリです。     ご参加希望の方は、 下記のフォームまたは misaki@misakiharada.comまで、 栄養士・管理栄養士として、交流会で皆さんと話したいことやご質問などを添えて お申込ください。 (フォームからご応募の方は必要事項をご記入後、Submitをクリックしてください)   なお、先着順ですので、お早めに! みなさんのご参加、お待ちしています。     感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   _____________________________ 個別コーチング、オンラインコースなどの サービスに関する詳細はこちら。 __________________________________________________________ ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、 英語でホリスティック栄養学を学び、 ホリスティックヘルスコーチになれる! 栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。 日本語での詳しい学校説明は、こちら。 卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。 お問い合わせは、こちら。 _____________________________

チャレンジするためのマインドセット

今日、9月18日は2017年の中でも縁起の良い日!

  私の娘が6歳の時のある日の朝、 「Everyday is everyone’s lucky day!   毎日がみんなのラッキーデー。」   と言ってくれ、私をとても元気にさせてくれたことがあります。   サブタイトルもちゃんとあって、 「When you are sad, think about a happy life you did in the past.   Even when you are angry or whatever.   悲しい時は、過去にあった楽しい時を思い出してみて。  怒っている時とか、どんな時でもね。」   です。   それ以降、この娘の名言はバスルームに貼っていて、 毎日眺めています。   もちろんこれは、健康に生きている私たちだからこそ思えることかもしれませんし、 中にはそうは思えない人もいるかもしれません。   健康な人でも、人間そんなに簡単にラッキーだと思えない日もあるかもしれません。   私も人間なのでたまには悲しい時もあります。   失敗してすごく落ち込むこともあります。   でも、この一言で、幸いにも今までとても救われています。     娘と、私を支えてくれる周りの人には感謝の気持ちでいっぱいです。       さて、上に書いたように、娘と私にとっては基本的に毎日が縁起のいい日なのですが、 今日は日本は敬老の日、そして実は2017年の中でも「縁起の良い日」らしいです。     今日9月18日は、「天赦日」と「一粒万倍日」 という二つの吉日が重なっています。   ●天赦日(てんしゃにち) この日は、百神が天に昇り、 天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、 最上の大吉日である。 そのため、天赦日にのみ 「万(よろづ)よし」とも注記される。 ●一粒万倍日 一粒の籾(もみ)が万倍にも実る 稲穂になるという意味である。 一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、 特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに 吉であるとされる。 ※ウィキペディアより引用     何かをスタートさせるのにもとても縁起が良い日らしいです。   信じる信じないは色々あると思いますが、こういう縁起のいい日を楽しむ心って大切ですね。   もちろん、敬老の日もお忘れなく。     皆さんもこの縁起の良い日に、何か新しいことをスタートさせてみたらいかがでしょうか。           私の方は、今日、9月18日、栄養士・管理栄養士のホリスティック栄養学オンラインコースの第2回コースをスタートしました。   すでに一回目のコースをもうすぐ終了する方の成長も見られ、来週からスタートする方もいらっしゃるので今後皆さんのご活躍がとても楽しみです。   そしてさらに、新しい取り組みも始めました!     今後、私が提供しています全コース料金の5%は、 開発途上国の飢餓と先進国の肥満や 生活習慣病の解消に同時に取り組む、 日本初の社会貢献運動、「Table for Two」に寄付され、 開発途上国の子供達の給食費に充てられます。        …

タイムマネジメント

大人でもグッと響く!NYの小学校でも教わる7つの習慣(The 7 Habits®︎)

「”7つの習慣”の本を読んだことがありますか?」 大学の頃、確か友達に勧められて、「7つの習慣」という本を読みました。 ホリスティックヘルスコーチ、管理栄養士の原田美咲です。   「7つの習慣」という本は、Stephen R. Covey 博士が書いた、人生を幸せに導く成功哲学の本です。 とっても有名なので、読んだことがあるという方も多いでしょう。     実はこの”7つの習慣(The 7 Habits®️)”、ニューヨークの公立小学校でも教えられています。 全ての小学校で教えられているかどうかは分かりませんが、 娘が通っていた小学校では教えられていたそうです。   ちなみに、先週のブログにも書きましたが、今年10歳になる娘は先週、新学年始まって一日だけ、去年も通っていた小学校に通い、次の日から急遽ミドルスクールに通うことになりました。 この経緯は、前回のブログ、”希望は諦めないで!娘が一度落ちた学校に入れた!たった一つの方法” に載せていますので読んでみてくださいね。 上の写真が娘です。学校の前で撮りました。   *一応参考までに。アメリカの学校は9月から新学年。ミドルスクールは、一応中学校ですが、スタートする学年は学校によって違い、娘が行っているミドルスクールは5年生から入れます。   ということで、今年は新学期から小学校と中学校、二つの学校に通った娘。 新しい学校では初日からたくさん友達もできて、 とっても楽しい学校生活を送っています。   NY市が新しく導入した試みかどうか分かりませんが、 小学校、中学校、どちらの学校でも今年から、子供達にスケジュール帳が配布されました。   最近はGoogle カレンダーや、便利なスケジュールアプリがあるので、 紙のスケジュール帳を使う人は少なくなってきましたね。 私も今は紙のスケジュール帳は一切使っていません。 でも子供達にはやっぱりこうした、紙のスケジュール帳があると嬉しいですね。   娘の学校で配布されたスケジュール帳はよくできていてびっくり。 小学校版と中学校版では中身が違うのですが、どちらも毎日プランニングが楽しくできる内容になっていて、興味深い豆知識やコラムも載っており、なかなか工夫されていました。   小学校版はなんと、あの”7つの習慣(The 7 Habits®️)”がテーマのスケジュール帳。 月ごとに7つの習慣の内容が盛り込まれていて、小目標もあり、もちろん子供達が自分だけの目標も書き込めるようになっています。 プランを立てるということは、大人でも合う人、合わない人もちろんいますし、 この7つの習慣も、全ての人に合うというわけではありません。 ただし、子供のうちからこういう生き方のヒントを分かりやすく教えることは悪くないですね。 こちらが小学校版。            こちらが中学校版。            *Premier School™️ Specialty™️のスケジュール帳 より一部掲載   小学校では、クラスでも、”7つの習慣(The 7 Habits®️)”について学んだそうです。   概要はここにもメモしておきます。   Habit 1: Be Proactive®️ (Be in charge of your life.)              習慣1:自分が選択する。(主体的に行動する。)   Habit 2: Begin With The End In Mind®️ (Start with a plan.)     習慣2:終わりを考えてから始める。(目的を持って始める。)   Habit 3: Put First Things First®️ (Do important things first.)     習慣3:一番大切なことからする。(優先順位の高いことからする。)   Habit…

チャレンジするためのマインドセット

希望は諦めないで!娘が一度落ちた学校に入れた!たった一つの方法

ニューヨーク市の公立学校では今日、9月7日から新学期が始まりました。 今年から5年生になる娘は、去年も通っていた同じ現地校に今日からも普通に通うはずで、学校好きの娘は今日ももちろん張り切っていつも通り登校しました。   ですが、なんと! 本日、新学期の夜7時頃、前に応募して一度落ちていたミドルスクールから突然電話があり、空きが出たので明日から登校してくださいと! ええっ?!   びっくりです。     実はアメリカの学校は、学校によって、ミドルスクールが5年生からのところもあれば6年生からのところもあり、電話がかかってきた学校は5年生からのところで、公立学校ではあるのですが、抽選でしか入れないところで、けっこう倍率が高いところなのです。 その学校は特に音楽やアートに力を入れていて、娘がとっても行きたがっていた学校で、去年応募していたのですが、6月に一度、抽選から外れましたという不合格のお手紙をもらって、その時は娘は泣いてましたね。 私はダメもとで学校に問い合わせてみたところ、ウェイティングリストに載せるので手紙を書いてきてくださいと言われ、その日のうちに手紙を書き、学校に持って行きました。 空きが出た場合は10月までに連絡しますとのことだったので、半分は希望を持って待っていたら、まさか新学期一日目に電話が来るとは。 娘に知らせると、今の学校の友達と離れたくないと泣かれました。ありゃ。 まあ新学期で、今まで行ってた学校も楽しんでた娘だったのでそれもそうかも。   でも、やっぱり娘が一番行きたかった学校に入れる幸運。 娘に色々話をしたら、娘の気持ちも落ち着き、やっぱりだんだん楽しくなってきたようで今はうきうき。 悲しい時から嬉しい時への気持ちの切り替えがめちゃくちゃ早いのは母親譲りです(笑)。   一度落ちたけど、運よく入れた事実。 やったことはただ一つ。 学校に電話して入れる可能性のある方法を聞いて、その通り、実行しただけ。   もちろん、人生には諦めないといけない場面もあるかもしれないけど、 本当にやりたいことや強い希望に関しては、諦めずに方法を考えたら、他にも方法があるということ、改めて分かりました。   最初、一度落ちたのに学校に連絡してみるというのもなんだか図々しいかなとも思ったのですが、あとで調べてみると、アメリカではそういうことはけっこうあるようです。   もちろん、日本でも可能性は十分あると思います。 一度不採用になった会社でも、もう一度自分がどうしても入りたいという気持ちを伝えたら採用してくれた、という話も聞いたことありますね。   教育ママ?親バカ?   いいえ、全然(笑)。   学校でみんなが共通してさせられる、”お勉強”に関しては全く無駄とも思わないけど、あまり興味はありません。 でも、”自主的に”取り組みたいと思うことには私はただ側にいるだけだけど、応援してあげたいなと思っています。     今回は少しだけでも可能性があることをちょっと試してみただけです。 たまたま運が良かったというのもあるかもしれないけど、 思いがきちんと伝わったんだなというのは感じました。   受け入れてくれた学校の先生にも感謝します。   諦めないで良かった。   一度ダメだったことでも他の方法を考えて、可能性のあることを実行しただけ。 これがたった一つの方法です。   色んな状況に応じて、どんな方法があるかは分かりません。 それはもう、探すしかないです。 聞くしかないです。 そして実行するのみ。 案外、難しいことはあまりないはず。 でも、本当にそういうの実行する人って少ないから、実行すれば確率が上がるのはよく考えてみたら簡単なことなのかもしれませんね。   今日は個人的な話になってしまいましたが、本当にやりたいこと、希望することがあれば方法は必ずあるし、運がないとだめだよと思われるようなことでも、何もしないよりは少しでも何かした方が確率はずっと高いというのをお伝えしたかったので、ブログに書いてみました。 皆さんも、何かダメになったことでも、諦めずに方法はないか考えてみたらきっとあるはず。 今からでも遅くないです。 諦めないでぜひ方法を探してみて!     いつも皆さんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。  

草木染めチャレンジするためのマインドセット

草木染めから学んだ、視点を変えること。身近なものや人が驚きの力を発揮するかも?!

「身近にあるものや人が、驚きの力を発揮していると感じたことはありますか?」 いつも捨ててるだけの玉ねぎの皮が驚きの力を発揮できることに今日気づいた、原田美咲です。   さて、今日は近所のお友達のお宅で、草木染にチャレンジしました!   中学生の時、絞り染めにはまったことがありましたが、 その時はケミカルや絵の具で染めていたので、 今回のような毒性のない、天然の草木染は初めて。       今日使った染色用の材料は、 ・玉ねぎの皮 ・アボカドの種 ・カーネーションの花びら ・虫!!!(雌のコチニールカイガラムシ(cochineal insect))                   ・その他色々な天然の材料(色んなの使ったけど、ほとんど名前を忘れてしまいました!!) 染め方も色々あるらしく、奥が深ーいです。   全然毒性のない材料を使うので、小さい子供にも安全。   色も、意外な色が出てきて、本当に驚きでした。   染色に虫を使うことは特に驚きでしたねー。 上の写真にもある、コチニールという乾燥させた虫を潰して布に置くと、 とっても鮮やかなピンク色!   そしてなんと、いつもは捨てるだけの玉ねぎの皮も、 ゆでただけで鮮やかな黄色に。   この他にも、染色で使えるものは無数。   しかも、アボカドの種で染めるとなんと、   薄ピンク色に染まるらしいです!! 今日は最後まで見届けることができませんでしたが。 「えー、こんなものがこんな色に?!」 「え!こんなものも染色に使えるの?!」   という意外な発見をすることができて、 少し大げさに聞こえるかもしれないけど、   身近にある色んなものや人も、 意外な驚きの力を発揮できるのかも、 という視点を持つことができました。   今後、なんだか色んなものや人に対して、 明るい目で見ていけそうな気持ちになりました。   そして、ワクワクや癒しも得られるアートの世界。   小さい頃、音楽と絵を描くことが好きで、 中学の頃、服をリメイクすることが好きで、 ニューヨークに来てからもたまに一人こっそり、 絵を書いたり、作品を作ったりしてました。 こっそり、ね。   今考えると、子供の頃からアートが大好きだった私。   忙しさのあまり、最近はあまりアートにふれてませんでしたが、 今日、のんびり楽しく、アートに触れることができて、 とても心地良かったです。   今日はほんとに色んなことを学ぶことができました。   皆さんもたまにはアートに触れたり、 違った視点でものや人を見てみたら、 きっとすごい力を発揮するものや人を発見できるかもしれません。   こういう風に思える機会を与えてくださったお友達のまきさんに、心から感謝してます!   出来上がりの作品と、模様のクローズアップ。世界に一つだけ!   いつも皆さんの健康と幸せを応援しています。   感想や感じたことなどありましたら、 お気軽に、 misaki@misakiharada.com までメールください。 こんなテーマをもっと知りたいなどの ご要望も嬉しいです! 一通一通、しっかりと読ませていただきます^^ 私のプロフィールはこちら。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー おまけですが、先々週のブログでご紹介させていただきました、 Accountability Partner 無料キャンペーンについてのご案内です。 締め切り迫ってます! ブログを読んでくださった方の中からお二人(お話する時は一対一、個人情報は一切漏らしませんのでご安心ください)に、私がその方のAccountability Partnerとして定期的にお話する時間を2ヶ月間プレゼントします! 一回30分、2週間に一度(時間は応相談)、計4回分です。 無料ですが、普段のコーチングと同じように、この2ヶ月間は全力でサポートさせていただきます。 この企画にご応募される方は、2017年8月30日までに、下記の応募フォームにお名前、メールアドレス、応募の理由をご明記の上、”Submit” ボタンをクリックしてください。 健康の悩み、健康以外のその他目標や悩みなど、理由は何でもOKです。 世界中からご応募可能です。   全ての応募者の中からお二人を選び、9月初旬頃、当選者の方にご連絡しますね。…