長財布とお金がたまることは関係ない

こんにちは! 「ただの栄養管理だけでは補えきれない 、精神や幸せまで改善していく」 新時代の幸せパフォーマンス管理士、はらだ美咲です!

 

あなたの財布は長財布ですか?

長財布ならお金がたまると思いますか?

◆今日のヒントになったストーリー◆

長財布を使うと必ずなくしてしまう
原田美咲です(笑)。

長財布を持つとお金がたまると言われていますが、
そう言われても私はもう
長財布を使いたいとは思いません。

お札を曲げないように
綺麗に揃えて長財布に入れて、
お金をリスペクトすることは
とても良いことだとは思います。

風水の影響か、どういう根拠か、
長財布にたくさんキャッシュを入れて
持ち歩くとお金がたまりやすいと
いうのも聞きます。

今まで長財布を使っている時、
使いもしないのにたくさんキャッシュを入れて
持ち歩いていましたところ、
私は2度も財布ごとなくしました。。。

実は今年の2月終わり、財布を無くしたのですが、その時も長財布。

しかも現金結構入れてました(苦笑)。

単に私の不注意だと言われれれば
それまでですが、
長財布はとにかく、
重い!使いにくい!邪魔!

もうそんな迷信とか風水には
こだわることは馬鹿らしい、
やっぱり使いやすいのを使うのが私には一番。

ニューヨークの人を見ていると、
お金持ちの人も財布の形やブランドには
全くこだわっていないということに
気づきました。

なぜならニューヨーカーは
キャッシュをまず使わない(笑)。
そもそもキャッシュを持ち歩く必要はないのです。

たくさんキャッシュを入れて持ち歩くなんて、
邪魔になるだけで、全く意味がありません。

だからお金持ちの人でも、
キャッシュは全く持ち歩かないという人もいます。

ATMはどこでもあるし、
カードの方がずっと安全。

電車の定期入れのようなカード入れを
持ち歩くだけの人。
カードと20ドル札をゴムで止めて
持ち歩くだけの人。
マネークリップを使っている人。

それぞれ自分が使いやすいものを
使っています。

形に拘ると、意識が上がるから
お金がたまる、という人もいますが、
それは人それぞれ。

要は長財布だからいいというのではなく、
自分が使いやすいと思えるもので、
すっきりと自分がきちんと把握できる範囲で
お金の整理もできることが
大切じゃないかと思います。

今はもう、キャッシュだけが
お金ではなく、
お金にも色んな形があります。

単に周りがこれがいいから、
という理由で
自分が使い勝手の良いものではないものを
わざわざ選び、自分に合わないのに
無理して使うことは、
自分の管理もきちんとできていないのと
同じのような気がします。

時代の流れにも柔軟になり、
自分が使いやすいものを
しっかり把握すること、
それだけで、
自分もしっかりコントロールできて、
自分のお金のこともきっちり
把握、管理できるのではないかな
と思います。

だからと言って、
別に長財布を否定するわけではないです。
もちろん長財布が使いやすいという人は
それがいいと思います。

でも使いにくいと思う人は、
こだわる必要はありません。

◆今日のヒントのまとめ◆

財布の形とお金がたまることは関係ないです。

周りの意見に流されず、
自分が使いやすいと思う財布を使い、
お金のことを把握し、
きちんと整理整頓すれば
お金も管理できるはずです。

形ではなく、
本当に大事なのは何か、
自分のことは自分で見極められることも
大事ですね。
 

  

★ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく、新時代の幸せパフォーマンス管理士の技術を手に入れ、感謝されながら、おうちで活動しませんか。★

幸せも健康も生産性も手に入れ、好きなことを仕事にする秘密は

↓↓↓

こちらをクリック

-------------------------------------- 
質問、お困りごと、感想など、
LINEで友だち追加してお送りください^^

お友達登録特典として、
私の有料のホリスティック栄養学
オンラインコースでも実際に使っている、
健康も幸せも10倍アップする、
ホリスティック栄養学の基礎についての
動画をプレゼントしています!
友だち追加

検索の場合は、 
LINE ID:@misakiharada
(@をお忘れなく!) 
-------------------------------------- 
 
 
英語で栄養学を学び、ホリスティックヘルスコーチの資格を取得しませんか?

私が卒業した、世界最大のオンライン栄養学校、The Institute for Integrative Nutrition (IIN™️) への入学に興味がある方へ。学校の情報はこちらから。割引をご案内できますので、詳しくお話を聞きたい方は私へご連絡ください。下記のウェブサイトからカリキュラムをダウンロードも可能です。