ニューヨークの学校で和食育プロジェクト(第三回目)

3月2日金曜日、ニューヨークのクイーンズ区にあるLittle Friends School ElmhurstというデイケアのアフタースクールプログラムでWa-shokuikuプロジェクトのインストラクターとして、子供たちに食育を提供させていただきました。

Wa-shokuikuプロジェクトとは、NPO団体のTable for Two が始めた取り組みで、日本の文化や和食をアメリカの子供たちに伝えていくという、とてもユニークな食育プロジェクトです。

この学校でのプロジェクトは全部で7回。この日は3回目のセッション。

Table for Twoでは、飢餓や栄養失調で苦しむ発展途上国の子供達への給食の提供と、肥満などの生活習慣病が多い先進国の人たちへ健康的な食事を提供する活動を行なっています。

私のサービスの売り上げの一部もTable for Twoへ寄付させていただいており、寄付金は発展途上国の子供達の給食費にあてられています。

私は去年、マンハッタンのCommunity Health Academy of the Heightsという学校でもこのWa-shokuikuプロジェクトのボランティアをさせていただきました。

過去のプロジェクトの様子はこちらから。

2017年5月31日  マンハッタンのCommunity Health Academy of the Heights

2017年6月7日 マンハッタンのCommunity Health Academy of the Heights

2018年1月19日  クイーンズのLittle Friends School Elmhurst

2018年2月2日  クイーンズのLittle Friends School Elmhurst

 

第3回目のテーマは大豆。

大豆という豆が、成長段階により枝豆として食べられたり、大豆として茹でて食べられたり、豆腐や味噌、醤油などにもなるということを説明し、私たち日本人がほぼ毎日、大豆から作られる何らかの食品を口にしていることもアメリカの子供達にはとても興味深かったようです。

簡単な調理実習では、今日は豆腐の味噌汁と、稲荷寿司を作りました。

稲荷の皮を説明する時、Fried Tofu pocket (油揚げのポケット)と説明し、その豆腐のポケットの中にご飯を入れるとフットボールみたいになるよ、というと子供達は大喜び。

今日作ったのは、寿司飯を詰めて枝豆とコーンを飾ったとてもシンプルなものでしたが、先生方もパーティに使えると大絶賛してくれました。

豆腐を食べたことのある子供はいても、稲荷は日本食をよく食べるという子供でない限り知らないですし、とても新鮮なものだったようです。

昆布で出汁をとった味噌汁も子供達に好評でした。

第4回目、3月16日は「野菜」がテーマ。

またアップします。

 

 

いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。

 

感想や感じたことなどありましたら、
お気軽に、

misaki@misakiharada.com

までメールください。

こんなテーマをもっと知りたいなどの
ご要望も嬉しいです!

一通一通、しっかりと読ませていただきます。

私のプロフィールはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【たった3分!全ての運に繋がるヒント】

メルマガ登録はこちら

  • 人間関係
  • 環境
  • キャリア
  • 創造性
  • 子育て
  • 仕事の効率
  • タイムマネジメント
  • コミュニケーション
  • お金

など、ホリスティック(包括的)にあなたの日々のセルフケア、マインドセットの向上、生産性を高めるために役立つ内容をお届けします。

たった3分以内で読める内容で、あなたの運がどんどん上がります!

_____________________________

初回無料相談、個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、

栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと

ビジネスコースなどの

サービスのお申込はこちら

 

__________________________________________________________

ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、

英語でホリスティック栄養学を学び、

ホリスティックヘルスコーチになれる!

栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。

日本語での詳しい学校説明は、こちら

卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。

お問い合わせはこちら