便利なAmazon Fresh!家計にも健康にも役立つ?

こんにちは!原田美咲です。

今朝のCBSニュースで、Amazonの第3四半期が34%増収とのことで話題になっていました。

次から次に色んなサービスを拡大していくAmazon、次はPharnacy ビジネスにも目をつけているんではないかと騒がれています。

 

おそらくこれを読んでくださっている多くの方もAmazonを普段よく利用しているのではないでしょうか。

私も10年前からAmazonをよく利用しています。

今日はそのAmazonの中のサービス、Amazon Freshを利用した感想を書きます。

 

日本でも現在、東京都・神奈川県・千葉県の対象エリアで利用できる 、Amazon Fresh。

東京では今年の4月からサービス開始されたので、利用したことのある方も多いでしょう。

アメリカではシアトルで2007年に開始されたサービスですが、私の住むニューヨークでは2014年にサービスが開始されました。

ただ、一般的に使っている人を周りで見るようになったのはここ1、2年のことです。

 

前の職場で同僚がよくAmazon Prime Nowで食料品を職場で受け取っていて、Amazonの食料品の質や値段はなかなか良いと聞いており、無料お試し期間30日があったので今更ながら私も試してみることに。

 

 

先にお断りしておきますが、私が利用したサービスは、ニューヨークで。

日本とは少し違うところがあると思います。

 

このブログを書いているのは2017年10月27日。

私がAmazon Freshのデリバリーを受け取ったのは、10月3日、10月10日、10月16日の3回。

 

今からここに書くことは、たった3回だけ利用したあとの私個人の意見ですし、これからまた利用する中で変わっていくかもしれません。

これからのサービスもどんな風になるか、もっと期待できそうですね。

また、家族構成や、注文内容などにもよっても意見は変わってくると思います。

因みに私の家族構成は、私と10歳の娘と、猫2匹です。

一般家庭より、人間の数は少ないですね。

 

 

Amazon Freshは、家計に役立つか?

サービスはprimeメンバーのみ利用できます。

私は必要な時だけの月額primeメンバー。

Amazon Fresh 30日無料お試し期間を過ぎると、Amazon Freshのサービスは月額$14.99。

指定した時間に家まで届けてくれるので、忙しい人には悪くない金額だと思います。

日本だとたった月額500円なので、羨ましい〜!

 

商品の値段もお手頃。

商品にもよりますが、近くのスーパーの値段とあまり変わらないものもいっぱい。

オーガニックや地元産の食材もあります。

もちろん、商品を手にとって選ぶ、ということができないので、来るまでどんな感じか分からなかったのですが、今まで3回利用した中で、3回とも全く問題なし。

むしろ生鮮食品は新鮮で味もよく、大満足。

包装も、肉や魚はトレーを使用しておらず、シンプルでゴミも少ない。

  

驚いたのは、オーガニックのパイナップルが、$2.99(約340円(2017年10月27日現在のレート))!。

お一人様3回までの特売のようですが、それにしても安い。

そしてすごく甘くて美味しかったです。

 

キッチンペーパー6ロールで$1.00(約114円(2017年10月27日現在のレート))。

これも期間限定だったけど安過ぎ。

 

こうやって、特売の物をつけることで他の商品も一緒に買うという作戦なのはお見通しですが、それでも、お得感を感じさせてくれるこの戦略はさすがAmazonですね。

 

また、$50以上買うと(日本だと6000円以上)、デリバリーが無料です。

生鮮食品以外に、ペット用品もあるので、私は普通のお店で買うと重くて持って帰るのが大変な猫砂もAmazon Freshで注文しました。

私みたいに、家族が私と娘(と猫2匹)という少人数だと結構一回$50というのはちょっと毎回は多いかな、と微妙なところですが、家族が多い方や忙しくてまとめ買いをするという方には問題ないと思うし、むしろ、オーダーする曜日を決めて、月に何回まで、と計画的に買い物をすれば、スーパーで余計なものを買う、ということも防げて良いかもしれません。

 

デリバリーはなんと、私の地域では、郵便局の人が届けてくれます。

Amazon Fresh専用の保冷袋に、保冷パックと共に生鮮食品を入れてくれて、その袋は次回オーダーの時に返してまた再利用されます。

普通のAmazonのオーダーも、使い捨ての段ボールではなく、再利用できる袋か箱があったらいいなあと密かに今後期待(思っているのは私だけ?)。

 

デリバリーが来ると、まずはうちの猫がインスペクション(食料品を買ったり、デリバリーが届くと必ずチェックする係(笑))。

 

そして娘が手伝って冷蔵庫に入れます。

実は、3回利用したうちの2回は問題なく指定時間内に届いたのですが、3回目が指定した時間の最終の時間、夜9時を過ぎても来なかったのです。

こういうことはアメリカではよくあることなので、あまり気にせずにのんびりしていたら、Amazonからメールが。

”デリバリーが遅れているようなので、1時間以内に届かない場合はカスタマーサービスにご連絡を”

とのこと。

のんびり待ってたけどやっぱり来なかったので、電話してみました。

 

すぐにカスタマーサービスの係の人が対応してくれ、

”申し訳ありません。今回分はキャンセルし、全額ご返金いたします。”

とのこと。

あら残念ー。でも仕方ないか、と思って返金処理をしてもらいました。

 

しかしその後、なんと夜10時40分頃、ブザーの音。

もしや、と思ってインターホンでどなた?と聞いてみると、

”Amazon Fresh です!遅くなってごめんなさい!”

と男性の声。

 

あら、返金してもらったのにデリバリー来てしまったなと思い、ドアを開けました。

 

郵便局のお兄さん、今日は人員不足のため、一人で働いていて遅くなってしまったとのこと。

本当にごめんなさい、と言いながら、ささっと荷物を届けてくれました。

疲れているはずなのに、テキパキと荷物を運んでくれ、帰る時には、Have a good night! と声をかけてくれて、本当にありがたいなあと思いました。

 

まさか郵便局員さんがこんな遅い時間まで働いているとは思わず。

商品を開けてみると、オーダーしたパンには、”今日焼きました(Baked on 10/16/17(配達日、10月16日と同じ日)、のシールが。

 

”あー、パンが焼けてから入れてくれたのねー”

と嬉しい気持ちになりました。

 

しかし、返金してもらったのに届いた商品。

こういうの、そのままにしているとどこかで罰が当たりそうな気がするし、

きっと気になって夜も眠れないと思うので、再度Amazonに連絡。

担当者はさっき電話した人と同じ女性でした。

”さっき返金してもらったんだけど、その後に商品が届いたんです。またチャージしてもらえますか?”

そういうと、その女性はうふふと笑って、

”正直にお話していただき、ありがとうございます。でも、今回はご指定の時間をとっくに過ぎてのデリバリーでしたので、どうぞご返金額はお受け取りください。この度はご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。”

とのこと。

 

なんだか悪いなあ、とも思ったのですが、さすがAmazonです。

きちんとしたカスタマーサービスが、消費者を喜ばせて、また利用したい、という気持ちにさせてくれるんですね。

 

私も今までにAmazonを頻繁に利用していますが、問題が起こった時にもすぐに対応してくれ、いつもありがたいなと感じています。

ということで、結果的に私はたまたま、この3回分の利用だけだとものすごく家計に大助かりだったのですが、もちろん、3回目の返金分、プラス30日間のお試しは例外としても、悪くはないかと思います。

 

私の家みたいに、少人数の家だと、少し割高に感じる方もいるかもしれませんが、大家族の人には、家計に大助かり、にもなるかもしれませんね。

 

Amazon Freshは、健康に役立つか

「今週は外食や加工食品に頼らず、家で料理しよう」、と決めると、一週間の大体のメニューを事前に考えて、それに合わせて計画的なAmazon Freshでの生鮮食品の買い物は便利ですし、無駄な買い物を防げる可能性もあるので、十分に健康にも役立つのではないでしょうか。

買ったものの履歴がアカウントに残りますし、買いたいもののジャンルを選べるので、必要なもののみ(例えば野菜なら野菜、肉なら肉)のジャンルを選択することができます。

お腹が空いた時にスーパーに行くとついつい買いすぎてしまう、見たくなかったのについつい目にした無駄なものを買ってしまう(これを読んでいる方でも、自分で無駄だと思っている買い物はあるのでは)、というのも防げるかもしれません。

もちろん、Amazonでもついつい画面の中で見たくないのもクリックして見てしまう、という人もいるかもしれませんが・・・。

そういう人は、

「オンラインで買い物にかける時間は15分まで」、

「必要なもの以外のジャンルは見ない」

「加工食品やお菓子のジャンルは見ず、ホールフーズ(丸のままの食べ物、生鮮食品)のみを買う」

などと決めると、無駄なものを見ずにささっと買い物を済ませることができます。

 

また、オーガニックや地元産の新鮮なものも手に入るので、ある程度こだわりがある人にも嬉しいサービスですね。

うまく利用できれば、健康にも十分役立つでしょう。

 

Amazon Freshの利用者が増えてくると、ローカルビジネスが打撃を受ける可能性はあるかもしれませんが、介護が必要な方や自宅にいなければいけない方にとっては、事前に時間を指定でき、その時間に届けてくれるのですから(もちろん、上に書いたように、遅れて届く、ということもありましたが)、とても便利なサービスだと思います。

 

さて、今日はAmazon Freshが、家計にも健康にも役立つかどうかについて私なりの考えを書かせていただきました。

もちろん、先にも書きました通り、家族構成や内容にもよりますが、うまく利用すれば、家計にも健康にも役立たせることができそうです。

 

私は日本でAmazon Freshを利用したことはないのですが(私の実家は完全にエリア外!)、ニューヨークのAmazon Freshのサービスは、なかなか便利だと思います。

今後のAmazonの成長も、どうなるか楽しみです。

もっと環境にも優しいサービスを考えてくれることを期待しています。

 

 

 

 

いつもみなさんの健康と幸せを応援しています。

 

感想や感じたことなどありましたら、
お気軽に、

misaki@misakiharada.com

までメールください。

こんなテーマをもっと知りたいなどの
ご要望も嬉しいです!

一通一通、しっかりと読ませていただきます^^

私のプロフィールはこちら

_____________________________

個別コーチング、日本語でのホリスティック栄養学オンラインコース、

栄養士・管理栄養士のためのホリスティック栄養学オンラインコースと

ビジネスコースなどの

サービスのお申込はこちら

お客様の声はこちら

__________________________________________________________

ミランダ・カーも学んだ、世界最大の栄養学校で、

英語でホリスティック栄養学を学び、

ホリスティックヘルスコーチになれる!

栄養学初心者でも、世界中どこからでも学べます。

日本語での詳しい学校説明は、こちら

卒業生である私からの紹介制度で、大幅割引もあります。

お問い合わせは、こちら

 

 

  

★ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく、新時代の幸せパフォーマンス管理士の技術を手に入れ、感謝されながら、おうちで活動しませんか。★

幸せも健康も生産性も手に入れ、好きなことを仕事にする秘密は

↓↓↓

こちらをクリック