白米は悪者?

こんにちは!原田美咲です。

玄米が体にいいというのはよく言われている話です。

確かに、白米と玄米の栄養価を比べてみると、ビタミンやミネラル、食物繊維などの含有量も玄米のほうが多く含まれています。

また、食物繊維は食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きもあるため、玄米は白米よりも食後の血糖値上昇が緩やかです。

糖質や脂質の代謝を助けるビタミンB群も、玄米のほうが白米より多く含まれています。

さて、ここまでのところ、玄米のほうが優位に立っている感じがしますね。

しかし、これだけで白米を悪者にするのはまだ早いです。

確かに玄米の良さはよく分かりました。

数字で見ると、白米より優れてます。

 

しかし、玄米は消化吸収があまりよくありません。

玄米を食べて、胃の調子が悪くなったり、お腹の調子が悪くなる人もいます。

ハイ、まさに私です。

たまに玄米を食べる分には良いのですが、食べ続けているとどうしてもお腹にガスが溜まったり、胃が痛くなったりすることが多いです。

玄米には食物繊維が白米よりも5倍近く、多く含まれています。

ダイエット中に食物繊維の多い食べ物を摂ることは、過剰な脂肪分や糖質の吸収を防ぎ、また、便秘の時にも便を外に押し出してくれる役割があるので良いのですが、食物繊維は摂りすぎると、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養分の吸収も阻害してしまう働きがあります。

食物繊維総量は、100gあたりで玄米が1.4g、白米が0.3gと、確かに玄米のほうが白米より多いですが、びっくりするほどの量ではありません。

ただし、玄米を食べてお腹の調子が悪くなる人にはあまり適した食べ物ではありません。

むしろ、それらの人は、消化の良い白米を選択し、おかずで栄養を補うほうが良いでしょう。

5年前に、私が卒業したホリスティック栄養学校(日本語での案内はこちら)のカンファレンスがLAであり、私も参加したのですが、その時に、ホリスティック学校の創設者のJoshua  Rosenthalが玄米の話をしました。

それまで、私も玄米は体に良いと思っていたのですが(もちろん、体に合う人には良い!)、彼が、玄米を食べてお腹が痛くなったり、ガスが溜まったりする人がいるから、そういう人は無理に食べなくてもよいと話しているのを聞き、それはまさに私のことだと思って安心したものでした。

本当に、すべての食べ物がみんなに合うわけではありません。

これを、Bio-Individuality™、または生物学的個性やバイオ個性ともいいます。

玄米を食べて特にお腹が痛くなったりする症状もなく、調子が良いという方はぜひ玄米をおすすめしますが、そうでない人は頑張って食べなくても、他の食材で栄養を補えばいいということです。

また、精米しない玄米は白米より農薬や化学肥料の残留率も高いため、特に玄米を選ぶ際にはできるだけ、オーガニックのもの、完全無農薬のもの(残留農薬検査が行われている、残留農薬ゼロのものが望ましい)を選ぶことをおすすめします。

 

********************************************************************

自分がやりたいことは分かっているけど、どうも踏み出せない。

食生活を改善したいけど、どこから手をつければ良いか分からない。

色々と悩みがあるのだけれど、誰にもなかなか話せない。

挑戦したいことがあるけど、それをもっと効率的にするために、サポートが欲しい。

 

こんな思いはありませんか?

 

ホリスティックヘルスコーチはあなたの個性を見つけ、あなたと一緒に目標や夢に向かって自然体で無理なくできる方法を考え、サポートしていきます。

初回無料コンサルテーションは世界中から受け付けています。

希望日時(お住まいの国、タイムゾーンも必ずご記入ください)の候補を三つご記入の上、こちらからご連絡ください。

********************************************************************

 

  

★ただの栄養管理だけでは補えきれない精神や幸せまで改善していく、新時代の幸せパフォーマンス管理士の技術を手に入れ、感謝されながら、おうちで活動しませんか。★

幸せも健康も生産性も手に入れ、好きなことを仕事にする秘密は

↓↓↓

こちらをクリック

Leave a Reply

Your email address will not be published.